<< TOP



キャ ラクター・メイキング
>> ToonShaderの設定1

    キャラクター・メイキング編について
       ここで紹介するキャラク ター・メイキング編は、様々な機能を分け隔てせず、
      ”キャラクターの作成に必要だったもの” としてまとめて紹介するかたちに します。
      ですので、シェーディングからリグ、フェイシャルなど、様々な機能の話しが 登場すると思います。
       また、キャラクター自身も進歩していきますので、当初と異なってどんどん と変化していくことも予想されます。

       そんな ←このキャラクターを中心とした、”とりとめもない”事例です が、どうぞ参考にして頂ければと思います。
       このキャラクターのファンになってくれたら もっとうれしい ^_^ ; です。  


 プロローグ
     今回は、ツーンレンダリングの考察です。
    XSIのツーンシェーダーは マイケル・アリアスさんが後にアニメの映画監督もされるように なったその人を中心とした
    スペシャル・プロジェクトが開発したレンダリング用のシェーダー設定であり、
    XSIV2.0のパワークリエイターズガイドでは、「NPR=Non-PhotorealisticRendering」 と書かれています。
    直訳すれば ”写真のように現実的でないレンダリング”ですかね。 2002年初旬の頃で す。
     この NPR を解説した文献はたくさん見つけることが出来ます。(例;Non-Photorealistic, Painterly and 'Toon Rendering http://www.red3d.com/cwr/npr/ )

    非現実的なレンダリング”なので、別に”ツーン”だけでな く、線画(INK)や油絵的な表現、それと共に 反射や映り込みやコースティクスも処理しています。
    映像表現の幅を広げるという意味ではアイディア満載です。英語が読めなくても、絵なら見て解 りますね。
     何か映像表現で悩んでいたら、 [ Non Photorealistic  Rendering ] という言葉で検索かけると、たくさんのページが候補にあがってきます。
 XSIのツーン設定
     XSIのツーンレンダリングを設定するには、2つ設定が必要です。
    1つはポリゴンのマテリアルに設定、もう1つはカメラのシェーダー設定です。
     ポリゴンの方は RenderTreeを使ってマテリアルを接続していって色の設定をする 訳ですが、Constant を使うのではなく、
    Toon_Paint か Toon_Paint_and_Host  ノードを接続して設定を行います。
    Toon_Host として、輪郭線設定関連だけのノードもありますが。



     2つ目が、カメラに設定するレンズシェーダーであり、Toon_Ink_Lens  を使います。
    カメラから見てポリゴン形状の輪郭部分や境を抽出し、そこに色線を描くようにするものです。



     つまり、ツーンの設定には、マテリアルとレンズの2つのシェーダーを組み合わせ使うことを意味し、
    両方共無数の組み合わせと内部の設定が可能であることから、奥の深~い話になってしまいま す。
     表題にもあるように、ここではメインキャラクターである 笑美さんを作った時の設定を紹介 する という範囲で話を進めたいと思います。


    製作途中の試し絵;リージョンレンダリング

 影にもぼかしを入れる
     最初に用意されている Toon_Paint_and_Host でもハイ ライトの部分には少しぼかしを入れることができます。
    以下設定値を参考にしていただければ、境目を[度合い]で簡単にぼけが設定できますね。



     ですが、影ははっきりと入ってしまい、設定を探しても、実はどうにもならないようですよ。
     今回は、この影になる部分にも下の図のようにボケを入れたいと思います。

    影部分にもボケを設定した

     さー、これをどう可能にしたかは、実はIncidenceノードを使ってライトからの角度 をWeight値として得て
    色を混合設定しているMix_8Color に接続しています。 ツーンのハイライトはその まま使っています。


    ↑ 拡大画面 あります
     ライトには、別段なにも複雑なことは設定していませ ん。



     さて、もう少し色情報を追加する手段を得ています。
    まずは、テキスチャーの色を反映させるには、Color2につなげます。



    XSIの表示画面で、ポリゴンのアルファーの頂点色を表示するには、
    ABCDのどのビュー画面でも、カメラアイコンから>プロパティー> CamaraDisplay タブ 内の 頂点カラー> [アルファーの表示] にします。
     


     そして、ポリゴンの頂点色で、アルファー値を付けて、その部分がテキスチャーが反映するよ うにします。



     こうすることで、質感がありそうで、でもツーン風で もあるというような色合いが得られました。



    他には キャラクターのちょっとした肌の色具合と影、スカートの柄とツーン色とのブレンドと いうところも同じ設定から工夫しています。





     次回、カメラに設定するレンズシェーダー、Toon_Ink_Lens を 予定しております。
      乞う、ご期待!!