<< TOP



キャ ラクター・メイキング
>> テキスチャーの設定

    キャラクター・メイキング編について
       ここで紹介するキャラク ター・メイキング編は、様々な機能を分け隔てせず、
      ”キャラクターの作成に必要だったもの” としてまとめて紹介するかたちに します。
      ですので、シェーディングからリグ、フェイシャルなど、様々な機能の話しが 登場すると思います。
       また、キャラクター自身も進歩していきますので、当初と異なってどんどん と変化していくことも予想されます。

       そんな ←このキャラクターを中心とした、”とりとめもない”事例です が、どうぞ参考にして頂ければと思います。
       このキャラクターのファンになってくれたら もっとうれしい ^_^ ; です。  


 プロローグ
      これまで紹介した通り、ツーンの色合いはテキスチャーとの混合で得られている色であるこ とを紹介しました。
     したがって、このツーンに対応するテキスチャーにも工夫があります。
    また、ツーン風のこんなキャラであったとしても、実は結構細かいテキスチャーを用意している こともお見せします。


    なに怒ってんだ?? あ、こんなキャラね・・
 用意したテキスチャー
     で、まずは結構細かいという例です。


     目ですね、瞳は写真からおこしています。それを色づけし、変形をかけて、ハイライト用の円 をのせて作成しました。

     そこまで細かくても・・・と思いつつ、ここからなら略したものも作成できますし・・。


    実物大、横に長いのは、経験上の余白です。
    スカート(柄)
     下地の凹凸用の画像の上に、デジカメで撮った素材一部を持って来て、幾つかのパターンを試 みてから色調整しました。


     512×512 の一部抜粋画像


    天使の輪(髪の毛ハイライト)
     ハイライト用に使う素材です。こういったちょっとした素材は簡単に作れるノウハウを身に付 けておくと3D映像を作る際に色々と役立ちます。
    以下手順で、あっという間の技です。
    ノイズを加える>ぼかし移動-90°>明るさコントラスト>二重にして少し移動し半分ずつの イレコにする>細める(黒塗る)>ぼかしを入れる(白ブラシ塗る)


    3Dの話ではないけれど、こんなテキスチャーの用意が必ず役立ちます。

 ツーンレンダリング用のテキスチャー
     ツーンレンダリング用のキャラクターを用意している時、必ず出て来る悩みとしては、”境界 線の出方” ではないでしょうか?
    つまり、Toon_Ink_Lens では必ずインク線を描くように設定して いますので、マテリアル間に線を描いてしまいます。
    かといって Toon_Paint_and_Host の方でインク線を描か ないようにすると、今度は描いて欲しい部分も消してしまうというジレンマに・・・。
     そこは、多分ここに紹介するテキスチャーの持ち方で解決するかもしれませんので、参考にし てみてください。

     下図のテキスチャーの一部拡大とレンダリング部分です。 共に、境界線の無い部分の例です。
    そう、つまり 1つのテキスチャーの中に肌と他の部分を用意しておいて、UV値で位置調整し てしまえば、
    マテリアルを別にしなくて済むので、境界線が描かれないのです。
     ですので、逆に眉毛など絶対に境界線を描きたい場所は、同じテキスチャーを使っていてもマ テリアルを分ければ良いだけです。



      他にも、影をテキスチャーに書いている部分として舌があります。
    アニメ的な影はレンダリングの影計算では得られないのであれば、テキスチャーに影を書けば良 いだけです。 ハイ!! あ~ん



     影は、2つ目に貼る絵をアルファーで抜いて貼り付けるという手段でも得ることができます。

     テキスチャーに影を書いてしまう事と同じで、境界線にも言えます。
    あらかじめテキスチャーに境界線を書いてしまえば良い場合もあります。例えばこまかいマーク とかに使えます。

     という訳で、テキスチャー数なんでが、全然少ないですね。



     という訳で、次回は、モデリングについて を予定しております。
      乞う、ご期待!!