TOP > 製品 > プラグイン > BodyPaint 3D

BodyPaint 3D

BodyPaint 3D

テクスチャ・ペイントツール

製品概要

BodyPaint 3D

BodyPaint 3Dには、ハイエンドなテクスチャツールと優れたスカルプト機能があります。 3Dオブジェクトに対して、簡単にディテールに凝ったテクチャを直接ペイントできるので、苦労なくテクスチャ作成が行なえます。そして汎用的にスカルプトツールもツールも搭載されており、モデルにディテールを加えることができます。

BodyPaint 3Dは、テクスチャツールとしても、一般的な画像編集ツールの機能がきちんと搭載されています。ブラシ、選択ツール、フィルタ、消しゴムなどが、すべて含まれています。さらに、Photoshopのブラシファイルの.abrも利用できます。タブレットを完全にサポートしているので、有名2D画像編集ツールと同じように自然なペンの感触でペイントできます。もちろん、BodyPaint 3Dは、16ビットと32ビットの色深度の画像を扱うことができます。

プロジェクションペイントでは、UVマップの作成に時間を費やす必要がありません。あなたは、そのまま3Dモデルに対してペイントして、プロジェクションを適用するだけで、BodyPaint 3Dが、UVのサイズやつなぎ目に関係なく、設定済みのUVに合わせて自動的に変形します。

さらに、BodyPaint 3Dは、3ds Max、Maya、Softimageとの連携プラグインが、無料で含まれています。

機能

3Dテクスチャツールを使う理由

すぐにフィードバックされる
2Dのグラフィックソフトは、シーンにあるライトの影響や他のチャンネルとの影響を考慮できません。BodyPaint 3Dなら、RayBrush機能によりこれを実現。データのリロードや、テストレンダリングなどが必要なくなるため、作業時間を短縮できます。もちろん、鏡面反射やバンプ、透過なども考慮できます。
豊富なツール類
200種類以上のブラシやペンのプリセットが収録されています。また、スタンプツール、ぼかしツール、ツール指先ツール、囲い焼きツール、覆い焼きツール、グラデーションツールもあります。
歪みのないペイント
どんなに努力しても、100%完璧なUVは不可能です。3Dオブジェクトを2D平面に置き換えようとすると、部分的にサイズが違ったり、壊れたり、ゆがんでいたりするものです。それを2Dでテクスチャをペイントしようとすると、そうした問題を考慮しながら作業しなければなりません。そのため、望まない結果になることもあります。BodyPaint 3Dのプロジェクションペイントは、あなたが3Dオブジェクトにペイントした状態を考慮して、テクスチャとして投影します。
32-ビットの色深度とHDR編集
BodyPaint3Dは、1チャンネル32bitの画像もペイントや編集ができるので、これまで以上のテクスチャの編集や滑らかなグラデーションが作成できます。もちろん、HDRやEXRのフォーマットも編集でき、3Dシーンで自由に使うことができます。
複数のオブジェクトにペイントできる
BodyPaint 3Dは、一回のストロークで、複数のオブジェクトに対して、ペイントすることができます。プロジェクション・ペイントなら、複数のオブジェクトに対して繋ぎ目なくペイントすることができます。これは、2Dソフトでは不可能です。
複数のテクスチャへペイントできる
BodyPaint 3Dなら、一回のストロークで、複数のマテリアルにペイントすることができます。また、各チャンネルに対しても最大10チャンネルに対して、同時にペイントすることができます。カラー、拡散、透明、鏡面反射、バンプなど、テクスチャが必要なチャンネルにすべてペイントすることができます。そしてなにより、テクスチャを作成後、各チャンネルのテクスチャを再読込させる必要がありません。
3Dソフトにダイレクトにつながる
2Dソフトで、3Dのテクスチャを作る場合、マテリアルの設定、アプリケーションの切り替え、ファイルの読み込みなど非常に多くの作業が発生します。BodyPaint 3Dなら、プラグインによりモデルやテクスチャ、UVの情報をメジャーな3Dソフトから、簡単に持ってくることができます。対応ソフトも3ds max、Maya、LightWave 3Dと豊富。CINEMA 4Dには、標準装備されています。

UVツール

BodyPaint 3Dは、UV編集に関する問題を解決するソリューションを提供します。
3D上でのペイントは、UV生成の良し悪しによってより品質が左右されます。一般的な、球投影や平面マップでは、どこかしら歪みが発生してしまいます。そのため、オブジェクトごとにUVを正しく並べなければなりません。

BodyPaint 3D

BodyPaint 3D

オプチカルマップとLSCMアンラップ

BodyPaint 3Dには、モデルごとに最適なUVを作成するために、豊富なUV編集ツールがあります。3つの異なるUV自動展開のアルゴリズムやUVを重なりをなくすリラックスUV、UVの再構築を行うUVテラスなどがあります。また、ストアUVや再マップ機能を使うことで、シームレスなUVを作成できます。強力なインタラクティブマップ機能を使えば、オブジェクトの一部のポリゴンを好きな投影法で、UV設定が行えます。そして、各UVはスケールや移動、回転などを手動で行えます。

LSCMアンラップと新しい選択ツールがあれば、複雑なUVアンラップも簡単にできます。さらに、ゲーム開発向けにローポリゴンのモデルから、ハイポリゴンのモデルのUVも設定することができます。 BodyPaint 3Dが提供するUVツールなら、UVマップがモデルにあっていない時でも最適な状態できます。

RayBrushとマルチブラシの技術

BodyPaint 3D

MAXON BodyPaint 3Dの独自のRayBrushテクノロジにより、レイトレースのレンダリング結果に直接ペイントできます。RayBrushがあれば、何度もテストレンダリングを繰り返す必要がありません。ペイントはカラーだけでなく鏡面反射や透過、バンプなどにもペイントできます。複数のテクスチャに対しても、一回のストロークでペイントできます。そして、そのレンダリングエンジンには、数々の賞を受賞したMAXONの技術を使っているので、スピードとクオリティは保証付きです。

BodyPaint 3Dは、一回のストロークで、複数のマテリアルに対してペイントできます。チャンネルも最大10チャンネルまで同時にペイントでき、カラー、バンプ、拡散、鏡面反射、透過などに対応しています。お使いの3Dアプリケーションとチャンネルを一致させる必要はありません。

BodyPaint 3D

ペイントツール

皆さんがお気に入りのペイントツールは、クローン、スミア、スポンジ、ダッジと覆い焼きツールを含むすべてがBodyPaint 3Dで利用できます。標準ブラシツールには、筆圧、硬さ、サイズ、ビットマップ、歪み、回転、ジッターなど、手描き風を実現するパラメータが含まれます。各パラメータの効果は、グラフィックタブレットの筆圧、傾き、方向やフィンガーホイールなどで操作できます。BodyPaint 3Dには、自然な画材や特殊効果など200以上のプリセットが提供されます。

BodyPaint 3Dの目玉は、Adobe Photoshopのブラシの互換ファイルである.abrをサポートしていることです。BodyPaint 3Dのアーティストは、Photoshopのコミュニティに何千とある膨大なブラシの資産を、利用できます。その多くは無償です。そして、私たちも1,400以上のブラシをプリセットライブラリとして提供しています。

マルチビュー

BodyPaint 3Dなら、2Dビュー、シェーディングされた3Dビュー、レイトレースで表示された3Dビューでペイントが行えます。3Dビューで行った修正は、リアルタイムで2Dビューに適用され、その逆も行えます。複数の3Dビューを開きながらの編集することもできます。ビューの切替がすばやく行えるので、アングルを変えるたびにカメラの設定を調整が必要ありません。

BodyPaint 3D

プロジェクションペイント

プロジェクションペイントは、複雑な形状のテクスチャペイントに対して、今までにない快適さを提供します。UVのつなぎ目の問題は、もはや過去のものとなりました。個別に分離しているレイヤは、プロジェクションを適用する前に、自由にオブジェクトや画像別に配置できます。

プロジェクション・ペイントは、3Dオブジェクトの前にガラスの板を置き、それにペイント後3Dオブジェクトに投影していると思ってください。この強力な機能は、BodyPaint 3Dのほとんどのペイントツールに対応しており、ペイントストロークは投影され最終的な結果として反映されます。プロジェクションペイントは、複数のオブジェクトに対しても、一回のストロークでペイントできるので、つなぎ目は発生しません。レイヤー間で、ペイントのコピーとペーストも行ってみましょう。プロジェクションペイントモードの間でも、レイヤー間でコピーペーストは行え、異なる画像を歪みなく、合成できます。

BodyPaint 3D

3次元でのレイヤ

レイヤー機能は、他の2Dソフトと同じように操作できるので、合成などの作業は違和感なく行えるはずです。そして、レイヤーをサポートするファイルフォーマットは、MAXON BodyPaint独自のB3D形式だけでなく、PSDとTIFFでもマスクを含め読み込みと書き出しができます。それぞれのレイヤーは異なる合成方式を選択できます。 そして、BodyPaint 3Dはリアルタイムでの画像変形が行えるため、移動やスケール、回転、変形などを自由に行えます。

もちろん、レイヤマスクやアルファチャンネル、複数の合成モードもレイヤで使えます。そして、.PSDファイルを読み込んで、個々のレイヤやレイヤセットも編集できます。さらにレイヤシェーダーを使えば、フィルタやプロシージャルシェーダーを画像に適用できます。BodyPaint 3D は、2D画像編集ソフトと比較できないほど高度な合成が行えるソフトウェアです。

BodyPaint 3D

選択範囲

BodyPaint 3Dは、便利で使いやすいさまざまな選択ツールを提供しています。なげなわツールや、自動選択ツールなど一般的なツールは、すべて3Dビューでも使えます。UV選択範囲やポリゴン選択範囲を画像センタ範囲に変換もできます。もちろん、選択範囲は保存して、あとから利用できます。

スカルプティング

BodyPaint 3D に搭載された一体型スカルプティング・システムを使えば、どんなオブジェクトも有機的なサーフェイスのモデルにしたり、簡単にディテールアップができます。分割ボタンをクリックするだけで、メッシュをデジタル粘土に変えて、ディテールアップできます。直感的なスカルプトツールを使って、サーフェイスを盛り上げ、スムーズ、フラット、ナイフ、つまむで処理して、メッシュを形作ります。高度なシンメトリー・オプション、スタンプ、ステンシル、マスクを利用して、複雑なスカルプトやサーフェイス・ディテールを作ります。

BodyPaint 3D

レイヤーで構成する

スカルプト・プロジェクトは、独自のスカルプトレベルとマスクと強度設定を持ったレイヤーで構成します。どのレイヤーもクリックするだけでアクティブ化でき、適切なレベルのディテールにジャンプできます。レイヤーの順序は自由に変えられ、複数フォルダー内でも並べ替えられるので、いつでも簡単に適切なレイヤーを見つけてアクティブ化できます。スカルプトはいつでもフリーズさせ、スカルプトで使用するメモリを解放して、スカルプト・メッシュへの変形効果を見ることができます。

BodyPaint 3D

フレキシブルなツール類

フレキシブルなスカルプトツールを使ってメッシュを形作ります。それぞれに独自のサイズと筆圧オプションがあります。これはタブレット・ペンの属性に合わせてインタラクティブに調整したり、リンクできます。ストローク補正オプションを使うと、早いストロークにシステムが追従できない場合でも、滑らかなストロークが描けます。スカルプト・スタンプを正確に配置するには、特別なドラッグ設定を使用してリピートツールは、簡単に反復スタンプを作成できます。マスクとステンシルで細かいディテールを作ります。自分のスタンプとステンシルを作成して、シェアしたり提供されている多数のプリセット・ライブラリを活用したりすることもできます。

ミラーリングとマスク

強力なミラーリングツールにより、作業平面の軸に合わせて、スカルプト結果をミラーリングできます。一方だけスカルプトを行ってミラーリングしたり、左右の形状の平均化したモデルを作成することができます。部分的に作業を行いたい場合、指定したマスクの領域を隠すといったこともできます。

BodyPaint 3D

ベース・メッシュ

自分のモデルを使ってスカルプトを開始したり、スカルプトのプリセットで提供されているベース・メッシュを使うこともできます。一般的な人間、動物、恐竜の形は、多くのスカルプト・プロジェクトを始めるのに最適です。メッシュをダブルクリックして、分割を何度かクリックするだけで、スカルプトを開始できます。

メッシュ投影

複数のスカルプトオブジェクトを輪郭を保ちながら、ひとつのメッシュに投影できます。ディテールを増やしたい場所がある場合やメッシュのクリーンにしたい場合などにメッシュ投影が便利です。スカルプトの結果をそのまま、別のメッシュに分割数を指定して、メッシュを投影して新しいスカルプとメッシュを作成できます。

BodyPaint 3D

ベイク(焼成)

一体型スカルプトを使うと、スカルプトした作品を焼成しなくても、それらをフリーズしたりデフォームできます。また、シーンを最適化して、アンビエント・オクルージョン、変位およびノーマル・マップの自動作成を使ってスカルプトをよりローポリゴンのジオメトリに焼成することで、ゲーム・エンジンやその他のアプリケーションにエクスポートするための準備をします。

他のソフトとの連携

BodyPaint 3Dは、あなたの3Dモデルに対して、革新的なテクスチャ作成環境を提供します。BodyPaint 3Dなら、2Dでペイントをするようなストレスを感じさせずに、3Dでペイントが行えます。

完璧な連携

BodyPaint 3Dには、業界で主要な3D製品と連携ができます。

BodyPaint 3Dには、Autodesk 3ds max、Autodesk Softimage、Autodesk Maya用のプラグインが入っています。これらのプラグインは、ジオメトリ、UV座標、テクスチャをワンクリックで、自由に行き来できます。下記の製品パッケージをクリックすると、BodyPaint 3Dと各ホストアプリケーションが、どのようにやりとりを行うかご覧いただけます。(Mayaに関しては、SDKの問題上 BodyPaint 3Dで編集したUVをMayaのデータに反映させることはできません)

BodyPaint 3Dの連携はこれだけではありません。おそらく、皆様は、複数のレイヤを持ったPhotoshopの.psdファイルを多数お持ちではないでしょうか? また、Photoshopのブラシファイルの.abrの独自データやコレクションがありませんか? 心配はありません。BodyPaint 3Dは、それらをサポートしています。レイヤセットを含むレイヤファイルの読み込みができ、スマートレイヤーについても、読み込みと再保存をサポートしています。

  • カタログ・資料請求
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • お問い合わせ
  • メールマガジン