TOP > 製品 > Autodesk Maya > 製品概要

Autodesk Maya

製品概要

Mayaは、今日のデジタルエンターテインメントやデジタルデザインで求められる、より写実的な視覚効果を生み出すクリエイティブ機能を実現することを念頭に設計されています。2次元と3次元、シミュレーションとアニメーション、レンダリングとコンポジティング(合成)などの統合を単一のプラットフォームで実現する、包括的なCGソリューションです。

圧倒的な価値

Mayaは、Maya UnlimitedのツールセットをベースにしたエンドツーエンドのCG(コンピュータグラフィックス)ワークフローを提供します。nCloth、ヘア、ファー、流体エフェクト(Fluid)、nParticleといった、Unlimitedの先進的なシミュレーション ツールも搭載されています。

nParticleによる液体流動の計算

nParticleによる液体流動の計算

機能

Mayaには、最初のコンセプト開発から最終的なレンダリングに至るまで、プロジェクトを迅速に進めるための実績ある機能がすべて詰め込まれています。主な機能として、ポリゴンおよび NURBSモデリング、UVマッピングとテクスチャリング、アニメーションとリギング、ダイナミック シミュレーションツール、植物など自然のディテールを生成するツール、高度な合成機能、mental rayを含むレンダラが組み込まれていることなどが挙げられます。

生産性

プロジェクトの競争の激化と厳しい納期に応じるためには、より高品質な作品を短時間で仕上げなくてはなりません。Mayaは、日々のタスクを最適化するワークフロー、コラボレーションによる並列的なワークフローとアセットの再利用、そしてスクリプティングによる反復作業の自動化によって生産性を最大に高めます。

パフォーマンス

マルチ スレッド化、アルゴリズムによるチューニング、高度なメモリ管理、シーンをセグメント化するツールの組み合わせによって、Mayaは、制作プロセスのペースを落とすことなく、今日のますます複雑化するデータ セットをスムーズに処理できる設計となっています。

相互運用性

Adobe Photoshopでのテクスチャのペイント、Maya CompositeまたはAutodesk Flameでのショットの合成、キャラクタ アニメーション ソフトウェアMotionBuilder からのクリーンアップしたモーション キャプチャ データの読み込み。Maya は、こうした作業でのエラーや反復作業を最小限に抑えます。Autodesk FBX データ交換テクノロジにより、Maya以外で作成されたアセットをMayaシーン内で再利用することができます。さらに、APIはパイプラインの統合を促進します。

新たに追加されたMaya Composite のインターフェース

新たに追加されたMaya Composite のインターフェース

拡張性

Mayaは購入してそのまま使用できるソリューションですが、既存のパイプラインに統合したり、新機能を追加したいと考える企業もあるでしょう。そうしたニーズに応えるために、Mayaはカスタマイズ可能な設計になっています。独自の組み込みスクリプティング言語であるMEL(Maya Embedded Language)に加え、Mayaでは、Pythonスクリプティングや、広範囲で詳細なドキュメントの付属したC++ API(アプリケーション プログラミング インターフェース)も使用できます。

対応プラットフォーム

Windows、Mac OS X、Linux、どのオペレーティング システムをご使用のユーザーでも、Mayaをお気に入りのプラットフォーム上で実行できます。

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら