TOP > 製品 > Autodesk Maya > 以前のバージョン

Autodesk Maya

以前のバージョン

最新バージョンの機能紹介

Autodesk Maya 2017

Maya 2017にはArnoldが搭載されました。Arnoldは最高のレンダラの1つで、レンダリングプロセスを高速化し、より優れた結果をもたらします。

Mayaのアニメーションワークフローは、これまでのいくつかのリリースでも大きな変更がいくつかありましたが、今回は、新しいタイムエディタと改良されたグラフエディタにより、Mayaでのアニメートがより高速になり、使いやすさも向上しています。

Maya 2017には、Maya 2016 Extension 2で初めて導入された新しいモーショングラフィックスツールセットも搭載されており、モーショングラフィックスデザイナーは独自のアニメーションをすばやく簡単に作成することができます。

Autodesk Maya 2016

Maya 2016には数多くの新機能やパフォーマンスの改善とともに、アーティストにとって使いやすいツールが搭載され、Maya全体の使い勝手が大きく向上しました。

新しい雰囲気の外観に加え、Maya 2016ではさらに多くのコンピュータリソースを使ってアニメーションのパフォーマンスを向上させることができます。

Autodesk Maya 2015

Autodesk Maya 2015が提供するシミュレーション、エフェクト、アニメーション、モデリング、シェーディング、レンダリングのための強力で新しいツールセットにより、今日の要求の高い制作で求められる、複雑で高品質のアセットをより簡単に作成できるようになります。

Autodesk Maya 2015のハイエンドなキャラクタおよびエフェクトツールセットに重要な新機能が加わりました。フォトリアルな液体をシミュレートおよびレンダリングするためのBifrostプロシージャルエフェクトプラットフォーム、へア、ファ一、羽毛、草、茂みなどのインスタンス化データを作成するためのXGen Arbitrary Primitive Generatorそして革新的な新しいスキニング手法である多面体ボクセルバインドです。

加えて、PixarのOpenSubdivライブラリのサポート、ポリゴンモデリングツールの機能強化、新しいUVオプションが、パフォーマンスと生産性の向上を後押しし、短時間でより多くの作業を行えるようになります。
さらに、新しいノードベースのビジュアルシェーダエディタを使用すれば、複雑なリアルタイムのシェーダをビューポートで直接作成・表示できます。

Autodesk Maya 2014

Maya 2014はグリース・ペンシル機能を搭載。

Autodesk Maya 2014は、次世代の表示テクノロジー、高速化されたモデリングワークフロー、複雑なデータに対応した新しい堅牢なシステム、魅力的な新しいクリエイティブツールセットを実現しました。

Autodesk Maya 2013

より高品質に、より素早くコンテンツを制作

Maya 2013では、最先端かつオープンなパイプラインを作成、維持する実用的なツールセットを提供します。ダイナミックシミュレーション、アニメーション、レンダリング用の新しい強力なツールセットにより、創造性を発揮しながら、スケジュールと予算に沿って生産性を向上させることが可能です。

また、新たに導入されたOpenDataイニシアティブにより、大規模なデータを使うノンリニアワークフローの導入が簡単になりました。コンテンツ制作者は作業をすばやく完了させながら、膨大かつ複雑な要求に、より簡単に対処することができます。

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら