TOP > 製品 > Autodesk Maya > Autodesk Maya 2014

Autodesk Maya

高速化されたモデリングワークフロー

Maya 2014には、定評あるdRasterのNEXツールセットをベースとして拡張および統合されたモデリング機能が含まれており、より迅速なモデリングワークフローを実現します。

新しいモデリングツールキットパネルは、新しい選択、変換、メッシュ編集ツールすべてに一箇所でアクセスでき、効率的に作業が進められます。

「ポーズ付きのメッシュを扱うことができるトポロジベースのシンメトリ化 ツール、リトポロジワークフローを容易にする クアッド描画ツール」「フェースの分割/カットツールとエッジ ループの挿入ツール」を組み合わせて単一の操作にした マルチカットツールを含むモデリングツールキットで、より手早く作業し、高品質の結果を得ることができます。

さらに、ワークフローの効率性、精度、スピードが全体的に向上したことで、Maya 2014ではより快適にポリゴンモデリングを作成できます。新しいモデリングツールキット パネルに加え、新しいポリゴン削減アルゴリズムは、オブジェクトの基本形状に影響を与えることなく不要な頂点を削除して、メッシュの複雑さをより迅速かつ効率的に低減します。

高速化されたモデリングワークフロー

新たなポリゴン削減ツールアルゴリズムにより、モデル形状を極限まで維持可能に

次世代のビューポート表示とシェーディング

Microsoft DirectX 11のパワーを利用して、Maya DX11シェーダ による高品質なアセットおよび画像を短時間で作成、編集することができます。

次世代のビューポート表示とハードウェアレンダリング テクノロジーを利用するDX11シェーダによって、リアルタイム性に優れ集中管理が可能な使いやすいシェーダエフェクト(クラックのないテッセレーション、ベクター ディスプレイスメント マップ、半透明、反射、影)が実現できます。

DX11シェーダは、HLSL (High Level Shading Language)とDirectX 11をネイティブにMayaで使用する新しいAPIで構築されています。DX11シェーダはMicrosoft Windows 64 ビットオペレーティング システムでのみ使用できます。

よりスマートなデータに対応したシーンアセンブリツール

Maya 2014 では、大規模で複雑な世界を簡単に作り出せます。Open Data プラットフォーム、Alembic オープン ソース 交換フォーマット、ファイルリファレンスの各テクノロジーをベースに構築されたシーン アセンブリツールには、Maya の制作用アセットを単独の要素として表すメカニズムがあり、個々の要素の表示をコントロールできます。

たとえば、詳細レベルに変化を付けるなどした複数のリプレゼンテーションを簡単に入れ替えて、作業内容に合わせて最適な表示品質とパフォーマンスのバランスを選択することが可能です。

編集内容の適用、アニメーション、リファレンスをシーン アセンブリ階層内のあらゆるレベルで行えるほか、強化された編集システムによってアセンブリを追跡することもできるため、制作部門間でのコラボレーションワークフローもスムーズです。強力な API を利用してツールセットをカスタマイズすれば、完全に独自仕様のソリューションが完成します。

よりスマートなデータに対応したシーンアセンブリツール

シーンアセンブリツール:大規模かつ複雑な世界を簡単に作成

グリースペンシル

現在利用できるツールの中で最も自然なツール、グリース ペンシルを使用すると、3Dシーン内で直接アニメーションを手早くブロッキングしたりマークアップしたりできます。

ビューポートに直接描いて、キーフレームのポーズを設定したり、インビトウィーンのトランジションをクロスフェードで表示したりできます。

ストロークはイメージ プレーン シーケンスとして自動的に保存されるので、それらのストロークを参考にしながら 3Dアニメーションを作成することが可能です。また、グリースペンシル を使用すれば、3D アプリケーションに関する知識を持たない監督やその他の関係者でも、アニメータ向けに動作をマークアップしたり、メモの形で入力を記録したりすることができます。

強化されたパーティクルフローシステム

サーフェスおよびボリュームに対するペイントエフェクトの新しいアトリビュート

ペイント エフェクトのストロークがどのようにサーフェスやボリュームに反応するか、あるいはストローク同士で反応し合うかをコントロールできるようになりました。

サーフェス スナップを使用すると、ベースにあるサーフェス上の最も近いポイントからチューブを成長させることができます。サーフェスに引き付けを使用すると、チューブがサーフェスの周囲を囲うようにしたり、巻きつけたりすることができます。

サーフェス衝突を使用すると、チューブがサーフェス内に入り込まないようにできます。あるいは、衝突の作成 機能を使用すると、ペイント エフェクトのストロークがサーフェスによって押されているように見せることができます。各種占有機能は、セルフ コリジョンを回避したり、チューブをサーフェス上やボリューム内へと成長させたりすることができるSpace Colonizationアルゴリズムをベースにしています。

これらのアトリビュートを使用すると、従来の方法では非常に困難で時間がかかるような幅広い自然のエフェクトを、すばやく簡単に作成できます。たとえば、血管網、電気の火花、流れる水、からみついたつる植物、鉢に植えられた植物の成長、芝生についた足跡などです。

サーフェスおよびボリュームに対するペイントエフェクトの新しいアトリビュート

Space Colonizationアルゴリズムにより、枝同士の干渉の回避をしつつチューブの成長をサポート

Viewport 2.0 の強化

高性能のViewport 2.0では、さらに多くのネイティブのMaya シェーディング ノード(2D テクスチャ ノードのバルジ、クロス、山、ノイズ、ランプ、3D テクスチャ ノードの雪、ユーティリティノードのダブル リニアの追加、クランプ、条件、コントラスト、複数のダブル リニア、プラス マイナス平均、サンプラ情報、範囲設定、ベクトル積)がサポートされました。

また、改良されたテクスチャ フィルタリングのサポートにより、はるかに高い品質でテクスチャが表示されます。

さらに、mental rayビューポートのUIがViewport 2.0に組み込まれ、IBL (イメージベースド ライティング)スフィアおよびフォトン マップのビジュアライゼーションを表示することもできます。

拡張されたTraxのクリップマッチ

Maya 2014 の拡張されたクリップ マッチでは、IK や コンストレイント、FK スケルトンを含んだ複雑なリグを動かすクリップがサポートされました。さらに、複数のオフセット オブジェクトを定義することができます。クリップの回転および移動のピボットをインタラクティブに修正できるので、より効果的にクリップをブレンドできます。ワークフローもまた、効率化および簡素化されました。

ノードエディタの機能強化

グリッド表示、グリッド スナップ、カスタム グリッド、背景色、強化されたホットキーと名前表示など、ノードエディタが大幅に機能強化されたことでユーザエクスペリエンスと生産性が向上しました。

ノードエディタの機能強化

ファイルパスエディタ

Maya 2014 の新しい ファイルパスエディタ を使用すると、明瞭かつ使いやすい UIで、壊れたファイルパスをすばやく診断、修正できます。エディタには、テクスチャ、イメージ プレーン、リファレンス、オーディオファイルなどの外部ファイルを使用するノードがリストされます。ファイル パスが壊れているときは、ファイルを再度指定し直すか、ディレクトリ構造内でファイルを再帰的に検索できます。ディレクトリ構造が異なる可能性のあるユーザにファイルを渡す際には、存在しないファイルへのパスを設定することも可能です。

ファイルパスエディタ

ワークフローへの注力

Maya 2014 ではワークフロー中に発生する不具合リストの中で、お客様の声から優先度が高いとされたものを取り除きました。

主な改良点は、エッジ ループを挿入またはオフセットする際のサーフェス曲率の順守、隣接するエッジの統合が可能になったブリッジツール、アトリビュート スプレッドシートでのアトリビュートのフィルタリングです。

さらにお客様は、mayafeedback.autodesk.com のフィードバック用の公開フォーラム Small Annoying Things で、ワークフロー改善の提案ができます。

URI のサポート

Maya 2014では新たに URIがサポートされたことで、Web サイトのURL、データベースエントリ、クラウドストレージ、GUID (Globally Unique Identifier)、その他の独自のストレージスキームなど、標準のファイルパスにないファイルにもアクセスできるようになりました。

新しいシーンアセンブリツールと組み合わせて使用すれば、強力かつ新しい方法でローカルにないデータを扱うことができます。URIのサポートはAPIとして実装されているので、開発者は必要なURIスキームをMayaに伝えることができます。

ジョイントのセンタリングと対称化

新しい投影の中心にスナップ モードを使用すると、ジョイントを自動的にモデルの中心に配置できます。この機能は、スケルトン ジョイントやジョイントチェーンを作成するときに特に便利ですが、どのタイプのオブジェクトを作成したり操作する場合にも使用できます。また、ジョイントツール設定の新しいオプションでは、対称的なジョイントやジョイントチェーンを自動的に作成できます。

PySide のサポート

PySide Python Qtバインディングのサポートにより、Python プログラミング言語を使ってグラフィカルユーザインタフェースコンポーネントを作成したい開発者はもう1つの選択肢ができました。

インラインヘルプの強化

ユーザ インタフェースで新機能をハイライトする新しいオプションを使用すると、より簡単に新機能を使いこなせます。また、作業状況に応じたヘルプを簡単に参照できるように、Maya のビュー パネルでは多くのツール、モデル、操作に関するインビューメッセージが表示されるようになりました。

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら