TOP > 製品 > Autodesk Maya LT > 最新バージョン

Autodesk Maya LT

最新バージョン

以前のバージョン

Maya LT 2017 新機能紹介

Autodesk® Maya LT™ 2017 は、プロフェッショナルなモバイル ゲーム開発者向けの 3D アニメーションおよびモデリングソフトウェアです。ゲーム エンジンとの優れたワークフローが可能になるよう設計されています。また、Maya LT のサブスクリプションメンバーのお客様は、3D ゲーム エンジンである Autodesk® Stingray を利用でき、アートワークからエンジンまでの強力な制作ワークフローが実現します。

Maya LT 2017 には、モデリング、アニメーション、日常的なワークフローの改善といった、モバイル ゲーム開発者にとって重要な領域への更新が含まれています。Maya LT ユーザーは、プリセットやカスタム定義の UI ワークスペースを使用して、特定のタスクを実行するのに必要なツールに、より迅速にアクセスできるようになりました。一新されたタイム エディタとグラフ エディタの改善により、アニメーションも向上しています。さらに、シェイプ エディタ ツールの更新および新しい頂点の順序補正ツールにより、異なるツールの間でもブレンドシェイプの作業が非常に簡単になりました。

ワークスペース

Maya LT 2017 では、現在の作業に基づいて Maya LT UI を簡単に設定および整理できるワークスペースが追加されました。ワークスペースとは、Maya LT 内の定義された UI およびツールのレイアウトです。ユーザーは、モデリング、スカルプティング、UV 編集、リギング、アニメーションといった日常的な作業用のワークスペース プリセットを選択できます。プリセットは、各作業に最もよく使用されるツールのスマートなレイアウトを提供するように設計されており、シンプルなドロップダウン メニューから選択できます。また、特定のワークフローに合わせた独自のカスタム UI レイアウトを作成して保存できるため、各クリエーターは簡単に自分に合った方法で作業できます。

 

ワークスペース

タイム エディタ

タイム エディタは、強力な新しいアニメーション ツールです。Maya LT でこれまで可能だったアニメーションよりも、かなり複雑なアニメーションをより簡単に作成および編集できます。直感的な分かりやすい UI でシーン オブジェクトを作業し、カーブを使用してアニメートできる、非破壊的なクリップベースのノンリニア エディタです。タイム エディタの高レベルな設計は、アニメートしたオブジェクトの作業を容易にすると同時に、必要に応じて、より詳細なキーフレーム データを簡単に表示できます。タイム エディタでは、FBX 形式を使用してモーション キャプチャ データを読み込むこともできます。

グラフ エディタの UI/UX の改善

Maya LT 2017 では、グラフ エディタに多くの更新が行われました。新しいグラフ エディタは UI が刷新されて、アニメーション カーブの可視性が改善し、タイムラインもグラフ エディタの最上部に移動されました。また、操作性が改善されたことで、グラフ エディタでの日常的なタスクの作業時間が短縮され、クリックの回数も減ります。ユーザーは、移動ツールを選択せずに移動できるキー、より簡単に調整できるタイム レンジ、事前にウェイト付けされた接線、スクラブ可能なタイム マーカー、インタラクティブなキーフレームを利用できます。

 

グラフ エディタの UI/UX の改善

シェイプ エディタの改善

Maya LT のシェイプ オーサリング ツールの新たな改善により、アニメーションの作成、微調整、修正を非常に詳細にコントロールできるようになりました。これらのツールを使用すれば、フェイシャル アニメーションのような、きわめて細かいディテールが必要とされる領域の複雑なアニメーションを作成できます。また、リグベースのデフォメーション上のブレンドシェイプ アニメーションの修正をより簡単に管理できます。シェイプ エディタの新しいツールには、ターゲットをマージ、ターゲットをクローン、組み合わせシェイプ、インビトウィーン ターゲットの表示/非表示などが含まれます。

頂点の順序の転送と変更

Maya LT 2017 では、ゲーム パイプラインでさまざまなツールを使用して作業するときに発生する頂点順序の変更を調整する、2 つの方法が追加されています。互換性のない頂点順序のあるアセットは、Vertex Reorder ツールおよび頂点の順序を転送ツールを使用して頂点の順序を修正できます。これにより、さまざまなゲーム制作ツール間でのやり取りが簡単になりました。アセットがパイプラインを移動する際にも貴重なデータが失われることがありません。

ビューポート 2.0 の改善

Maya LT のビューポート 2.0 が更新され、ユーザーの選択要求にさらに高速に反応するようになりました。ノードを大量に含むシーンおよび非表示オブジェクトを含むシーンでの選択のパフォーマンスが高速化しています。こうした改善により、選択したオブジェクトを切り替える際の時間を短縮でき、日々のワークフローで累積的に時間を節約できます。

 

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • Autodesk Maya LTのサポート