TOP > 製品 > Autodesk Maya LT > 以前のバージョン

Autodesk Maya LT

以前のバージョン

最新バージョンの機能紹介

Maya LT 2016 新機能紹介

Stingrayゲームエンジンによる強力なワークフロー

Maya LTに対する有効な保守プランまたはサブスクリプションがあればStingray 3Dゲームエンジンを無料でご使用いただけます。
Stingray 3Dゲームエンジンは、インディーズゲーム制作会社や小規模なスタジオにとって理想的なゲーム制作コンボを提供します。
Maya LTとStingray間の連携性により、Stingrayで使用する3Dセットの作成が簡単になります。
アートからエンジンへのワークフローを使って新作ゲームの作成を簡略化できます。

※ Maya LTとStingrayの相互運用性を有効にするには、プラグインをインストールする必要があります。


・Maya LTから[Stingray に送信]で書き出すことにより、アセットをStingrayのプロジェクトフォルダに直接書き出すことができます。

・Maya LTとStingray間のカメラの同期化により、Stingrayエディタのコンテキストでシーン全体を見渡すことができるため、変更の適用とその評価をすばやく実行できます。

・Maya LTとStingray間のライブリンクにより、Maya LTで変更を加えながら、同時にStingrayエディタのコンテキストでモデル、アニメーション、マテリアルを確認することができます。

・Maya LTのShader FXで作成した物理ベースのマテリアルをStingrayに転送できるため、マテリアルを再作成する必要がなくなります。

・Maya LTでStingrayのトーンマップを有効にすると、Maya LTとStingrayの両方で表示するアセットの見た目がより近づきます。

・NVIDIA PhysX plug-in for Maya LTをインストールすることにより、Stingrayを使用してラグドール、クロス、およびその他の物理ベースのシミュレーションを行うこともできます。


Maya LTに対する有効な保守プランまたはサブスクリプションがあればStingray 3Dゲームエンジンを無料でご使用いただけます。

Stingray UI

統合されたスカルプティング ツールと UV 編集ツール

・ブラシ ベースのスカルプティング ツールを新たに搭載し、他のツールを使用しなくても、モデル上でさらに高いレベルのスカルプティングが可能に。


ブラシ ベースのスカルプティング ツール


・新しい UV ブラシ(インタラクティブなUVエッジのカット/縫合ツール、自動プロジェクション、固定/統合/分割/展開のためのブラシ)を搭載し、直感的かつ感性を生かした作業が可能に。


新しい UV ブラシ(インタラクティブなUVエッジのカット/縫合ツール、自動プロジェクション、固定/統合/分割/展開のためのブラシ)

最先端のアニメーション機能とゲーム エクスポーター機能

・スプライン IK とクラスタ変形の機能を新規に搭載し、非ヒューマノイドのキャラクターのアニメーションを簡単に作ることが可能に。
・ゲーム エクスポーター機能を強化し、複数のアニメーション クリップの管理とエクスポートがシンプルに。これにより、ゲームエンジン上で同時に使用する複数のアニメーションを簡単にエクスポートすることが可能に。


最先端のアニメーション機能とゲーム エクスポーター機能

物理ベースシェーダーマテリアルの搭載

・Maya LT内で高品質なマテリアルを作れます。


物理ベースシェーダーマテリアルの搭載

「Creative Market」の 3D コンテンツを利用可能

・69万人のクリエイターやデザイナーが利用するオンラインのコンテンツ マーケットプレイス「Creative Market」(昨年オートデスク社が買収)について、Maya LTユーザは3月27日からCreative Market 内にあるゲーム制作者向け専用サイトから、3Dコンテンツを購入可能に。また、Maya LT内のアプリからも直接サイトにアクセス可能。

Creative Market(英語サイト)(オートデスク社サイトへ)


「Creative Market」の 3D コンテンツを利用可能

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • Autodesk Maya LTのサポート