TOP > 製品 > Autodesk MotionBuilder > Autodesk MotionBuilder 2013

Autodesk MotionBuilder

MotionBuilder 2013 新機能紹介

MotionBuilder 2013では、3Dキャラクタアニメーションおよびその他の制作データを効率よく取得、収集、微調整できます。ライブ モーション キャプチャ データをディスクに直接記録するオプション、Broadcast WAVE ファイルのサポート、SDI ( シリアル デジタル インタフェース)ビデオの出力機能により、MotionBuilder2013では、バーチャルプロダクション用の新しいノンリニア編集プラットフォームが実現します。

Story 内でライブ データをディスクに記録

新しいオプションにより、モーションキャプチャまたは特定のライブ入力データをメモリではなくディスクに直接記録できます。データのリプリゼンテーションはStoryタイムラインに追加され、必要に応じて編集用にロードできます。このオプションにより、RAMに収まるデータ量ではなく、ハードディスク容量にのみ制限されることになり、高速なシーケンスでのテイクも次々と効率よく記録できます。

Story 内でライブ データをディスクに記録

ヘッズアップ表示

新しい柔軟なHUD機能セットを活用して、リアルタイムメタデータをビューアにレンダリングできます。HUD要素には静的または動的データが含まれます。テキストフィールド、ビットマップ、アスペクト比マスクはすべてサポートされています。

ヘッズアップ表示

フローティング ビューア

新しいフローティングビューアにより、適切なコンテキストに重要なシーン情報をアーティストとディレクタがそれぞれ表示することができます。これにより、特定のカメラ ビューをメインのビューポートとは別のモニタで表示できます。

フローティング ビューア

Broadcast WAVE ファイルのサポート

プロフェッショナル放送音声用WAVEファイルが新しくサポートされ、組み込みのタイムコードデータがより正確に解析されるようになりました。

Broadcast WAVE ファイルのサポート

Story クリップのグループ化

Story タイムラインの新しい[Summary Clip] オプションを使用して、複数のクリップを同時編集できます。[Summary Clip]を使用すれば、複数のトラックのフォルダ内のすべてのクリップを、ワンステップで移動、スケール、カットできます。

Fカーブエディタの強化

ビデオ出力

MotionBuilder 2013に、SDI放送ビデオ信号を出力する新機能が導入されました。リアルタイムのビデオ出力をレンダリングファイルを待たずにオフライン編集用にキャプチャするなど、ゲンロック基準信号が必要な場合に便利な機能です。

Z デプスの選択

オブジェクト(特に半透明のもの)をより簡単に選択できるようになりました。半透明のオブジェクトを順番に選択したり、透明度のしきい値を変更して選択対象を設定したり、Zバッファのデプス情報に基づいて選択オブジェクトを順次選択できるようになりました。

Z デプスの選択

オーディオのリタイム

オーディオクリップをStoryタイムラインでリタイムできるようになったため、オーディオのタイミングとアニメーションのタイミングをより簡単に合わせられます。

オーディオのリタイム

パフォーマンスの向上

MotionBuilder 2013の的を絞ったパフォーマンスの改善により、全体的な生産性が向上し、クリエイティブな流れを維持できます。

パフォーマンスの向上

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • ユーザー事例

    株式会社IMAGICA
    クリエイティブサービス部 様
    リアルタイムプレビューを活用し、高精度なプリビズ映像を短期間で作成。監督の制作意図を可視化・共有することで、CG制作の効率化を実現。
    • 製品に関するユーザー事例はこちら
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら