TOP > 製品 > MODO > 最新バージョン

MODO

最新バージョン

MODO 11.0 新機能紹介

より強化されたVR機能
MODO上で、VRの実際の表示をプレビューすることが可能になりました。MODOで作成したモデルをVR上で確認する手間が省け、大幅な作業効率の向上につながります。


リアルタイムコンテンツ制作のワークフローの強化
MODOで作成したコンテンツを、リアルタイムゲームエンジンで読み込むワークフローが強化・改善されました。MODO 10.0で初めて登場したゲーム出力ツールがMODO 11.0でより使いやすく、扱いやすくリデザインされています。


より高速化されたGL性能
インスタンスアイテム、レプリカサーフェイス、レプリカバウンディングボックスといった非常に負荷のかかる描画が高速化されました。アニメーションの各フレームにキャッシュを行い、より速い再生が可能になりました。


パフォーマンスと効率化の改良

MODO 11.0 では、多くの重要な分野にわたり高速化されました。 OpenSubdiv 3によるデフォーメーションの高速化、アニメーションキャッシュによる表示速度の向上、ローカル評価によるMeshFusionにおけるインタラクティブ性の改良、インスタンス描画の高速化も図られています。
またゲーム出力や、トランスフォームしつつのインタラクティブなエレメント複製、アイテムリストにおける新規選択メソッドなど、大規模なワークフロー拡張により、アーティストの生産性が向上します。

 

モデリングワークフローの拡張

クラス最高のモデリングソリューションとしての位置をさらに高めるため、MODO 11.0では新たにFusionアイテムのカット/コピー/ペーストのサポートといった新しい機能をいくつも提供しています。
自動リトポロジ機能にはアダプティブモードや曲率によるリトポロジの拡張、プロシージャルモデリングワークフローにおける多数の改良、ペイントとスカルプトツールのブラシプレビュー、また頻繁に使うツールへの高速なアクセスを可能とするカスタマイズ可能なツールHUDが新たに実装されました。

 

より革新的なエクスペリエンス

最新式のインストールとログインベースのライセンス形式、プロシージャルモデリング用のリグ、新しいレンダー設定プリセット、スペシャリストとしての経験がなくとも高画質、およびノイズフリーのレンダー設定が簡単に行えるデフォルト設定、既知の問題点の修正など、MODO 11.0ではより革新的なエクスペリエンスを提供します。
他にも最近使用したプロジェクトやトレーニングビデオにアクセスしやすくなるインターフェイスの改良が施されており、デバッグ処理のためセーフモードでのMODO起動も可能になっています。

 

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • ダイキンコムテックのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版