TOP > 製品 > Autodesk Mudbox > 機能詳細

Autodesk Mudbox

機能詳細

ユーザインターフェイス

Mudbox の直感的なユーザインターフェイスにより、わずかな時間で習得し、生産的に使いこなせるようになります。

  • 現実世界で使用するツールの動作を模したツールは、3D 経験がない従来型のアーティストでも、短時間で理解し、簡単に適応可能。
  • ブラシ、スタンプ、ステンシルなどのツールを使い、リアルなテクスチャをスカルプトし、作成。
  • Layer エディタを使い、作業を整理。
  • UI エレメントを非表示にしたり、カメラ操作に標準ホットキーを使ったりすることで、作業空間を最大限に拡大。

Autodesk Mudbox

カメラ

Mudbox は、超過密メッシュを扱う時でもインタラクティブに操作可能な高速カメラ機能を提供します。

  • 単一のシーンで、正投影カメラを含む複数のリアルタイムカメラを使用
  • カメラ位置を記録
  • リファレンスイメージを使用するモデル作成:各カメラには独自のイメージプレーン
  • スマートフォーカス機能を使い、カーソルの位置とブラシサイズを基にカメラを配置
  • トラックボール式コントローラーでカメラ操作
  • Mudbox カメラでは、AutodeskR MayaR ソフトウェアのカメラ機能で使用するキーボードショートカットと同じショートカットを使用

Autodesk Mudbox

ディスプレイ

高解像度 3D モデルの繊細でリアルな詳細を維持する環境でインタラクティブに作業可能です。

  • 同じシーン内の他のオブジェクトに影響することなく、任意のオブジェクトへ複数のイメージマップを適用
  • スムーズシェーディングモードを用いて、限られたサーフェスに多くの描写を表示
  • 同時に複数のテクスチャチャンネル(バンプや反射など)をインタラクティブに閲覧
  • シーンで複数マップや複数マテリアルをインタラクティブに閲覧
  • リアルタイムな高性能ライティング(HDRI ベースのライティング)やシャドウを表示しながらのモデリング環境を実現
  • アンビエントオクルージョン、被写界深度、トーンマップなど、最新のディスプレイオプションをプレゼンテーションに使用

Autodesk Mudbox

スカルプトレイヤ

詳細なパス、デザイン方向、モーフィングターゲットのライブラリ等を保存します。

  • 単数または複数レイヤに保存した詳細をミラーリングまたはフリップ
  • 非破壊的編集:Mudbox はペイント可能なマスク機能を搭載
  • レイヤを素早く複製、統合、平板化、並べ替え可能
  • インタラクティブな万能スライダとレイヤマーカーを使用して、レイヤを正確にブレンド
  • レイヤを使い、モーフィングターゲットライブラリを保存

高性能デジタルスカルプト

クオリティの高いブラシ、ステンシル、カーブにより、ジオメトリを思い通りの 3D モデルへスカルプトできます。

Autodesk Mudbox

3D ブラシ

知的にデザインされた規定値ブラシを使用可能。独自の動作/性能を持つカスタムブラシを素早く作成

  • 選択可能なベースブラシの主なタイプ
    • スカルプトブラシ-複雑な形状も細部まで緻密に作成
    • 平坦ブラシ-素早くプレーンを作成、詳細を除去
    • ワックスブラシ-簡単に領域を充填
  • フォールオフカーブとスタンプでブラシ先端を正確に成形。シャープなフォールオフカーブによりソフトストロークプロファイルなしで、正確でシャープなストロークでジオメトリにカット。

Autodesk Mudbox

ワークフロー

  • パワフルなタンジェントスペースミラーリング機能により、非対称な態勢でも、位相的に左右対称モデルの両サイドを同時にスカルプト
  • カーブをガイドに使用してブラシストローク
  • イメージスタンプを使って素早く 3D で詳細なテクスチャを直接メッシュへブラシ
  • メッシュディスプレイスメントにより高品質の詳細を素早く加える。8 ビット、16 ビット、32 ビットイメージを使い、メッシュを置き換え。Mudbox は、複数マップを同時に使ったディスプレイスメントもサポート

テクスチャペイントと割り当て

複数の拡散、鏡面、反射、バンプテクスチャを 3D モデルの複数の高解像度マップへ素早く簡単にペイントします。

  • UV に歪みがあったり、サーフェス形状が複雑であったりする場合も、3D モデルへ直接ペイントして、必要な場所へ詳細を正確に適用。Mudbox の 3D ペイントモードでは、モデルに対するブラシ位置を現実空間で計算し、モデルに対して正接にペイント投影。3D ペイント機能は、スタンプやステンシルの使い慣れたワークフローに統合。
  • 特定の視点からリファレンスイメージを選んでモデルにペイント
  • ヒーローキャラクタを容易にペイント:Mudbox は、複数メッシュ上の複数マップへのペイントに対応
  • 使い慣れた左右対称ワークフローで、モデルの両サイドを同時にペイント
  • UV スクエアユニットタイル毎に異なるテクスチャをペイント、表示
  • 直感的なレイヤエディタを使い、複数のペイントレイヤを容易に管理。テクスチャチャンネル毎に幾つかのイメージを選択、ブレンド、整理可能。

テクスチャベイク

強力なテクスチャベイク機能を持つ Mudboxは、制作パイプラインの最も一般的な障害の一つ、法線及びディスプレイスメントマップのベイク作業を解決します。

  • 高品質の法線、ディスプレイスメントマップを任意の複数メッシュ間でベイク。詳細を 8 ビット、16 ビット、32 ビットマップにベイク可能。
  • メッシュの限られたサーフェス間で抽出することで、ポリゴン数に関する問題を解消するためにデザインされた抽出オプションを使い、スムーズな高品質マップを生成。
  • 複数の浮動小数点マップを使用してメッシュをディスプレイス。
  • Autodesk Maya と AutodeskR 3ds MaxR ソフトウェアと互換する法線マップをベイク。

ワークフロー全般

Mudbox は直感的で親しみやすいツールです。

  • 数千万の高品質ポリゴンに細分化された 3D モデルでもリアルタイムで作業
  • 一般的なカメラコントロールを用いたカメラ操作でワークスペースを最大化、操作画面を行き来する無駄なワークフローを削減
  • ホバーリングしながらの選択機能やホットキーなどのツールで、ワークフローを効率化
  • 非対称ミラーリング機能を使い、ポーズをとったモデルや非対称モデルでの作業工程を効率化
  • 複数のメッシュで構成された単一メッシュで作業:Mudbox は、シーン内で複数のメッシュをサポート
  • 8 ビット、16 ビット、32 ビットイメージをフルサポートする内蔵のイメージブラウザを使用して、リファレンスイメージを閲覧し、スタンプ、ステンシル、カメライメージプレーンにリファレンスイメージを素早く割り当て

Autodesk Maya 2009、Autodesk 3ds Max 2009 との統合

Autodesk Mudbox は、Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max の法線とディスプレイスメントマップの整合を改善して、Maya と 3ds Max との相互運用性を強化しました。また、Mudbox はデフォルトで、Autodesk Maya のカメラ操作と同じショートカットを使用します。

対応フォーマット

シーンインポート OBJ
シーンエクスポート OBJ
テクスチャインポート BMP, EXR, GIF, JPEG, PNG, TIF
ビットマップアウトプット BMP, EXR, GIF, JPEG, PNG, TIF.
レンダラーにより利用できないフォーマットがあります。
  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • ユーザー事例

    株式会社IMAGICA
    クリエイティブサービス部 様
    リアルタイムプレビューを活用し、高精度なプリビズ映像を短期間で作成。監督の制作意図を可視化・共有することで、CG制作の効率化を実現。
    • 製品に関するユーザー事例はこちら
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら