TOP > サポート > サブスクリプションと永久ライセンス+保守プランとの違い

サポート

サブスクリプションと永久ライセンス+保守プランとの違い

Autodesk M&E製品(Maya、3ds Max、Suiteなど)について、永久ライセンス+保守プランとサブスクリプション(期間限定ライセンス)の違いを説明いたします。

機能/特典 永久ライセンス+保守プラン
※新規販売終了
サブスクリプション
(期間限定ライセンス)
ライセンス使用期間 ライセンス自体は期限なく使用可能
保守プランは単年/複数年契約
  • 1ヶ月プラン
  • 3ヶ月プラン
  • 1年プラン
  • 2年プラン
  • 3年プラン
ライセンス形態 シングルユーザーまたはマルチユーザーライセンス シングルユーザーまたはマルチユーザーライセンス
更新 保守プランは1.2.3年いずれかの年単位での更新。
ライセンス自体は更新なしでも使用可能
  • 1ヶ月プラン-解約されるまで毎月自動更新
  • 3ヶ月プラン-3ヶ月ごとに更新手続きが必要
  • 1~3年プラン-期間ごとに更新手続きが必要
最新版と機能強化
(サービスパックなど)へのアクセス
常に最新のソフトウェアリリースおよび製品の拡張機能にアクセスすることができます。 常に最新のソフトウェアリリースおよび製品の拡張機能にアクセスすることができます。
過去バージョンへの
ライセンス使用権
原則3バージョン前まで 過去バージョンの使用(使用可能なバージョンは製品によって異なります)
サブスクリプションメンバーが使用可能な旧リリース(オートデスク社サイトへ)
自宅使用権
(ホームユース)
製品に応じてホームユースを付与。保守プランの契約条件を参照。
保守プラン契約条件
指名ユーザーが使う限り 使用場所に原則制限なし
海外使用権 契約期間中であれば購入した国以外の場所でも使用可能 日本で購入し、登録住所が日本の場合、指名ユーザーが使う限り契約期間中を通じて、使用場所に原則制限なし
クラウドサービス特典 利用するスイートの種類とバージョンに基づきアクセス可能 利用するスイートの種類とバージョンに基づきアクセス可能
クラウド クレジット 1指名ユーザーあたり100個人クラウドクレジットをサブスクリプション契約開始時に発行 1指名ユーザーあたり100個人クラウドクレジットをサブスクリプション契約開始時に発行
お客様がAutodesk 360 クラウドストレージサービスに保存したデータ 契約満了後30日以内に5GBを超えるデータについては削除してください。(但しオートデスク側で自動削除は行いません) 契約満了後30日以内に5GBを超えるデータについては削除してください。(但しオートデスク側で自動削除は行いません)
クラウド ストレージ
ポリシー
1 シートにつき25 GB 1 シートにつき25 GB
サブスクリプション導入手順と仕組み(オートデスク社ブログサイトへ)
サブスクリプションよくある質問(オートデスク社サイトへ)
サブスクリプション導入時の3つのポイント(オートデスク社サイトへ)
  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes