Innovators’Net
  1. Innovators'Net トップ
  2. 課題・解決

新テーマ協創支援ソリューション
Innovators'Net

課題・解決

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求

東京  03-6716-0461

9:00-17:30(土・日・祝除く)

新テーマ創出活動における、このような課題の解決を支援します。

Innovators'Netは、新テーマ創出活動の現場で起きている様々な困りごとや課題の声を収集し、ソリューションに反映しています。例えば、下記のような課題はございませんか?Innovators'Netをご導入いただくことで、このように解決が図れます。

アイデア収集の課題

    • メールやSNSツールでアイデアを募集しているが、自由書式のため募集したいテーマから逸れてしまったり、おさえて欲しい情報が不足したりする。
    • 1件1件手作業でエクセルにコピペする手間がたいへんだ。
    • 大量に集まったアイデアの分類・整理を効率化したい。

Innovators'Netで解決

    • テーマにあわせて記入フォームを簡単に作成し、アイデアを募集できます。観点を決めておかないと、偏りのあるアイデアになりがちです。おさえてほしい観点を記入フォームで設定することで、それを埋めて投稿が集まります。アイデア投稿者に観点を提示することで、アイデアの質も向上します。
    • 募集テーマに合わせて、想定されるキーワード(タグ)を記入フォームに設定しておくことができます。投稿者がタグを選択して投稿することで、後の分類・整理が効率的に行えます。
    • 集まったアイデアを一括でCSV出力できます。

アイデア収集

ブラッシュアップ(仮説検証プロセス)の課題

    • 何をどのように進めるかが明確でなく自分たちでゼロから考えるため、計画に時間がかかったり、観点漏れで手戻りが多くなる。
    • 仮説立案~検証を繰り返している間に期限の設定や管理があいまいになり、スケジュールの全体を把握できなくなってしまう。
    • 検証段階での指摘内容や変更すべき点が検討メンバー内で共有不足なため、非効率になっている。
    • ブラッシュアップのプロセスが経験や勘頼りで属人的になっている。テーマ化プロセスを明確化し、改善サイクルを回したい。

Innovators'Netで解決

    • ブラッシュアップのプロセスをテンプレートから選択することで、計画策定を効率化。観点漏れも防止できます。
    • プロセスを構成するアクションの順序や期限をプロセスボードで設計し、進捗を見える化できます。
    • 仮説検証段階での指摘事項や変更内容は、プロセスボードをクリックすることで即座に確認でき、プロジェクトメンバー間での情報共有が図れます。
    • 様々なテーマのアクション履歴がデータベースに蓄積されるので、成功/失敗を振り返り、ブラッシュアッププロセスの改善に活用いただけます。

プロセス課題

会議運営の課題

    • プロジェクトメンバーが事前情報や状況を理解しないまま会議を開くため、議論の質が低い。
    • 会議がやりっぱなしになっている。会議で決めたアクションの進捗フォローやアクション過程での議論がうまく回っていない。
    • 拠点や部門をまたがってメンバーが集まるので、会議の時間や回数を減らしたい。

Innovators'Netで解決

    • 会議資料を事前にInnovators'Netに登録し、事前査読を行うことで、議論の質が高まります。会議中の説明時間を削減し、いきなり議論をスタート。会議時間も短縮できます。
    • 報告だけならInnovators'Netで済ませることで、会議回数が削減したケースもあります。
    • 会議で決めたアクションを、担当者と期限を決めて管理できます。作成した資料をInnovators'Netに登録し、場所や時間に縛られずにオンラインで議論を進めることができ、会議と会議の間をスムーズにつないでプロジェクトを推進できます。

社内に埋もれている情報や人材を活用したい

    • 営業日報やサービス報告書等が部門サーバに散在。そこから新テーマのヒントを見つけ出したいが、アクセス権がなかったり管理方法がマチマチなため、うまく活用できていない。
    • 議論するテーマに適切な人材が社内にいるはずなのに、見つけることが難しい。結果的に同じ人がいつも議論しており、新鮮なアイデアが出てこない。

Innovators'Netで解決

    • 部門や拠点に設置されているサーバから、営業日報や報告書などの情報を集め、トレンドや注目ワードを抽出できます。
    • 社内人材の過去の所属や経歴、社内/社外発表暦、資格等を、新テーマにかかわるワードで検索し、プロジェクトに招聘することができます。

見える化

過去のプロジェクト情報を再利用したい

    • 過去にNGとなったアイデアでも、技術革新や市場の変化によって新テーマになる場合があるので、過去情報をチェックしたいが、現状の管理方法では難しい。
    • 過去の類似案件を検索して情報を再利用したいが、成果物/報告書と参考資料がバラバラになっており、その結論にいたった経緯もわからないので、新テーマへに応用できない。

Innovators'Netで解決

    • Innovators’Netでは、成果物/報告書と参考資料がプロジェクトの経緯や議論と紐付いて一元管理されます。背景や制約条件を理解し、バックデータ等も参照することで、過去情報の有効利用が可能になります。
 

再利用

お問い合わせ・資料請求

Innovators'Net(イノベーターズネット)に関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ