ページの本文へ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部

分子ソフト&インフォマティクス 用語解説

メソスケール  [めそすけーる]

"気象現象をその大きさにより分類したとき、2?2,000 km のサイズをメソ(meso)スケールと呼ぶ。このサイズの気象現象を扱うのがメソ気象学である。"

関連製品

Mesocite: 粗視化分子動力学と散逸粒子動力学 (DPD) を使用してメソスケール構造をシミュレーション

MesoDyn: 複雑な流体をメソスケールで動力学的にシミュレーション

MesoProp: 多成分系やナノ構造材料系のバルク特性を予測

Mesotek: 複雑流体系研究のための場ベースのシミュレーション法

ページの先頭へ