ページの本文へ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部

分子ソフト&インフォマティクス 用語解説

擬ポテンシャル法  [ぎぽてんしゃるほう]

第一原理計算において、原子核から或る半径よりも外側では波動関数が全電子計算の結果と一致することを指針とし、原子核近傍の内核電子を価電子に対する単なるポテンシャル関数に置き換える手法。平面波基底を用いて第一原理計算を行う場合、擬ポテンシャルを使うことで計算コストを抑制することができる。

関連製品

CASTEP: 密度汎関数理論(DFT)に基づいたab initio(第一原理)量子力学プログラム

ページの先頭へ