ページの本文へ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部

分子ソフト&インフォマティクス 用語解説

RMSD  [あーるえむえすでぃー]

Root Mean Square Deviationの略語。平均二乗偏差。タンパク質構造の非類似性や誤りの指標として使われる。RMSDは対応する2点の距離それぞれを二乗し、その相加平均の平方根として定義されます(標準偏差(SD)は各値と 平均との差の二乗を相加平均し平方根をとったもの)。

関連製品

DS Analysis: MDトラジェクトリを解析

ページの先頭へ