ページの本文へ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部

分子ソフト&インフォマティクス 用語解説

構造活性相関  [こうぞうかっせいそうかん]

化学物質の構造と生物学的(薬学的あるいは毒性学的)な活性との間になりたつ量的関係のこと。これにより構造的に類似した化合物の「薬効」について予測することを目的とする。QSAR(=Quantitative Structure-Activity(またはAffinity) Relationshipの略)と呼ばれることもある。

関連製品

DS TOPKAT: 実験や動物モデルによって化合物の性能を評価可能

QSAR: 化学材料探索のためのワークフローソリューション

ページの先頭へ