ページの本文へ

分子ソフト&インフォマティクス
分子&インフォマティクス

分子モデリング・
シミュレーションソフトウェア
Materials Studio

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


Materials Studio 紹介ビデオ公開中

Gaussian MS User Interface

Gaussianの多様なab initio法(Hartree-Fock、密度汎関数理論、ならびにMP2、CCSD、G3のような高度な電子相関法など)にアクセスできる、直感的に理解容易なグラフィックユーザーインタフェース

このインタフェースを使用すると、Gaussian の計算条件設定や結果の可視化表示が簡単にできる上に、Gaussian のab initioプログラムと、Materials Studioのモデリングシミュレーション環境内のプログラム(力場プログラム・半経験的プログラム・統計的プログラム)との間で分子構造およびプロパティデータ(原子電荷やヘッセ行列を含む)に関して互換性を持たせることが可能になりました。このような機能を使ってユーザーはモデリングワークフローを合理化し拡張することができます。

特長

使いやすいインタフェースによるワークフフローの効率化

Gaussian Interfaceは、結晶構造、結晶化プロセス、ポリマー特性、触媒作用、構造活性相関など、化学薬品や物質を研究するためのモデリングおよびシミュレーションツールセットであるMaterials Studioソフトウェア環境の一部となっています。Materials Studioのツールはすべて、Windowsの標準操作に則った、直感的に使いやすいインタフェースを経由してアクセスすることができます。したがって、初めて操作するユーザーでも自信を持ってプログラムを使用することができます。たとえば、Materials Studioのコア製品であるMaterials Visualizerが提供するさまざまなモデル構築および視覚化ツールによって、研究対象のモデル系を迅速に構築し、高度な量子化学計算を簡単に実行することができます。構造体の構築または解読後は、使いやすいダイアログから、理論レベル、基底関数、収束オプションを設定することができます。

解析能力の向上と高品質なグラフィック

Materials Studioの柔軟なクライアント/サーバーアーキテクチャーでは、ネットワーク上のどのサーバー上でも計算が実行できます。計算結果は使用しているPCに自動的に転送され、このPC上で表示したり解析したりすることができます。分子構造、分子軌道、静電ポテンシャル、または電荷密度の高品質なグラフィックを簡単に作成することができます。Gaussian Interfaceによって生成された構造、グラフ、その他のデータは、即座に他のPCアプリケーションに受け渡すことができ、結果を同僚と共有したり、スプレッドシートやその他のソフトを使用して分析したりすることができます。ファイルの手渡し、デカルト座標の編集、コマンドラインからの実行という時代は終わったのです。

QMを超えるモデリングプロジェクト

Gaussian InterfaceはMaterials Studio環境に完全に統合されたコンポーネントであることから、Gaussianプログラムとその他のMaterials Studioモジュール間でデータを交換することができます。これにより、単一のユーザーインターフェイスを使用して、力場、半経験的、ab initio、統計のメソッドが組み込まれた、洗練されたモデリングプロジェクトを実行することが可能になります。たとえば、Gaussianで原子電荷を計算し、Materials Studio COMPASSなどの力場に割り当て、Materials Studio Polymorph Predictorで有機結晶の構造を探索することができます。

GAUSSIAN INTERFACEで使用可能なGAUSSIANの機能

計算タスク
  • エネルギー一点計算
  • 構造最適化
メソッド
  • DFT(including SVWN,x-Alpha,BLYP,B3LYP,B3PW91,PBEPBE,• BB95,BP86)
  • MP2,MP4,CID,CISD,QCISD,QCISD(T),CCD,CCSD,CCSD(T),BD,BD(T),G1,G2,G3,CBS-4M,CBS-QB3
基底関数
  • Split valence:STO-3G,3-21G,4-31G,6-21G,6-31G,6-311G
  • Huzinaga-Dunning: D95 D95V •
  • Correlation consistent:cc-pVDZ,cc-pVTZ,cc-pVQZ,cc-pV5Z,cc-pV6Z
  • diffuseおよび分極関数
ジョブ制御オプション
  • サーバーマシンの指定
  • Materials Visualizerからの、リモートサーバー上のジョブの停止
  • 入力ファイルの自動アップロードおよび出力ファイルの自動ダウンロード
プロパティ
  • 電子密度
  • 静電
  • 振動数
  • NMR分子磁化率およびスピン-スピン結合
  • ポピュレーション解析

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京(担当:SCグループ)
03-6716-0460

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 分子シミュレーション News」分子シミュレーションソフトの最新情報やユーザー様が作成された論文をご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ