ページの本文へ

分子ソフト&インフォマティクス
分子&インフォマティクス

分子モデリング・
シミュレーションソフトウェア
Discovery Studio

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!

  • 東京03-6716-0460

9:00-17:30(土・日・祝除く)

DS TOPKAT

毒性予測

構造活性相関 (SAR)はコピュータに基づく統計的手法であり、試薬の分子構造のみに基づいた化学分析を可能にします。SARは識別された関連性の種類の定量化を可能にする定量的構造活性相関(QSAR)のひとつの要素です。QSARに基づく商用ソフトは多数存在しますが、DS TOPKATほどの広さ・深さ・検証ツールを備えるものは存在しません。

DS TOPKAT は、Amgen、Pfizer、US CDC、US NJH、それにHealth and Welfare Canadaといった大学や民間企業および政府機関に毒性試験のために利用されてきました。QSARに基づくシステムは、試薬の分子構造から迅速かつ正確に化学毒性を算出します。

SARに基づく数ある手法の中でも独特なDSTOPKATには、一貫した手順で行われた実験データに基づいて作成され、さらに交差検定された強力なモデルが採用されています。精度と妥当性を追求して、モデルは様々な診断を受けています。また、DS TOPKATだけが、特許取得済みのOptimum Prediction Space (OPS)法を採用しており、開発中の化合物が予測空間内にあることをチェックすることが可能です。また、フラグメントライブラリーから簡単に分子や検索条件を構築できるツールがDS TOPKAT内には装備されています。

実験や動物モデルによって化合物の性能を評価できます。化学物質の毒性の影響や、化学物質の環境に対する影響の評価を、分子構造だけを基にして算出し評価します。TOPKAT では交差検定された、強力な定量的構造毒性相関(QSTR)モデルを使用して、さまざまな毒性の基準を評価し、特許取得済みのOptimal Predictive Space法(化合物が予測空間内にあることをチェックすることが可能)という検証方法を活用して結果の解釈に役立てます。

DS TOPKATは、物的/化学的な環境特性・環境毒性・体内毒性・変異原性および長期毒性/発達毒性といった試験に利用することができます。

DS TOPKATの適用例
  • 齧歯類の発癌性試験
  • Ames 変異原生
  • ラット経口 LD50
  • ラット慢性 LOAEL
  • 潜在的発達毒性
  • 皮膚感作性
  • 魚類 LC50
  • ミジンコ EC50
  • ラット最大投与量
  • 好気性生分解性
  • 眼刺激性
  • Log P
  • 眼刺激性
  • ウサギ皮膚刺激性
  • ラット吸入毒性 LC50

DS TOPKAT に関連する用語

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京(担当:SCグループ)
03-6716-0460

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 分子シミュレーション News」分子シミュレーションソフトの最新情報やユーザー様が作成された論文をご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ