SpaceFinder
  1. コンセプト

業務改革支援ソリューション SpaceFinder

コンセプト

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

業務プロセスの見える化と改善を支援するためのソフトウェア

SpaceFinderとは

SpaceFinderは、ナレッジを蓄積する「技術情報データベース」、文書ファイルや画像も含めたあらゆる情報が入力できる「電子帳票」、業務の進め方を定義し部門間の情報伝達を行う「ワークフロー」の3つが一体となった、業務プロセスの見える化と改善を支援するためのソフトウェアです。SpaceFinderは、業務プロセスと情報の連動・一元化を実現し、業務上の課題解決を支援します。また、PDCAサイクルを基本とした継続的な業務改善活動を支える「成長型システム」であることが大きな特長です。このために帳票、ワークフローを容易に作成・変更できるデザインツールを提供しています。

これまで、さまざまな業種(自動車・電機・機械・精密・食品・化学・サービスなど)、さまざまな部門(開発・設計・生産・品質保証・研究・営業・企画など)で、業務プロセスの見える化と改善支援のためのシステムとしてSpaceFinderをご採用いただいています。たとえば、個人に蓄積された暗黙知や日々の業務のなかに埋もれていく課題の見える化、品質情報管理によるクレーム対応の迅速化や設計へのフィードバック、開発案件管理による進捗の見える化や成果物の一元管理など、共通の情報基盤の上に幅広い用途の仕組みをお客様ご自身で構築いただけます。このようなQCDを改善する仕組み以外に、社内文書・情報の共有、電子決済のワークフロー、内部統制強化など一般業務の効率化にもご利用いただけます。

さらに、製品のご提供とあわせて、業務改善コンサルティング・システム 構築支援・導入効果分析・サポートまで、トータルにご支援しています。

エンドユーザーコンピューティングを実現

SpaceFinderが目指すのは、特別なスキルを必要とせず、WordやExcelと同じようにお客様自身が業務改革の道具としてご活用いただけるITシステムの姿です。業務改革のアイデアや閃きは、日々の仕事を通じて現場に宿るもの。現場自身が業務システムを構築できたほうが良いに決まっています。さらに、業務改革は継続的に変化するプロセス。その度にシステムの改修を外部に依頼していたのでは、変化への対応が遅れ、やがて使われなくなったり、改革の足かせとなってしまいます。SpaceFinderは部品をドラッグ&ドロップすることで電子帳票/ワークフローを簡単に作成でき、システム稼動後でも簡単に改修が可能。特別なスキルを必要とせず短期間に立ち上げられる点は、お客様から高い評価いただいています。「入社1年目の社員でも1回トレーニングを受けただけで開発でき、開発のやりやすさを実感しました」というコメントがあったり、自社で数十の業務システムを構築されているユーザー様もいらっしゃいます。「真のエンドユーザーコンピューティングを実現できる」という言葉もユーザー様からいただいています。

エンドユーザーコンピューティングを実現

企業価値を創出するための基幹システム

SpaceFinderは、研究開発から企画、設計、生産技術、品質保証、品質管理、サービス、営業技術まで、企業価値を創出するための「本業」をトータルにカバーする基幹システムとして展開いただけます。このような業務は、多くの社員が部門をまたがって携わり、数多くのドキュメントが複雑なフローで流れます。SpaceFinderは、長く複雑な業務プロセスを電子帳票/ワークフローの相互連携によって吸収し、運用性を損なうことなく一元管理することができます。
例)開発案件で発生する見積依頼や開発、試験、生産準備等を個々の帳票/ワークフローでシステム化。案件情報や管理番号、セキュリティ設定が引き継がれるので、案件として進捗や成果物を一元管理しつつ、個々の業務システムは実情にあわせて最適化

企業価値を創出するための基幹システム

品質改善を仕組み化

グローバル化の進展に伴い、日本の製造業はかつてないほどの厳しい競争環境に直面しています。一方で、高性能化、コストダウン要求/製品ライフサイクルの短縮等、市場ニーズも多様化しており、製品品質問題が後を絶たないのも事実です。しかし、品質問題の半数以上が設計要因、しかもその殆どが再発・類発であり、過去の教訓が活かせていれば防げていたものです。競争力を維持する上で、過去の品質情報を設計基準・手順にフィードバックし、最新の開発プロセスを遵守するための仕組みが改めて重要視されています。これらの課題解決のためにPLM等のITシステムの導入が進んでいますが、単なる製品データ管理のみに利用され、導入効果が期待値に届いてないという声もあります。SpaceFinderは、製品開発時のプロセス遵守と不具合情報の活用徹底を仕組み化し、「品質向上」「開発コストダウン」「納期遅延防止」を支援します。

品質改善を仕組み化する

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ