ページの本文へ

SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. イベント・セミナー
  3. グローバル/サプライチェーンでの効果的な技術情報共有のあり方とは

グローバル/サプライチェーンでの効果的な技術情報共有のあり方とは

開催日:[東京] 2013年9月11日 [名古屋] 2013年9月13日

このセミナーのポイント

現在多くの製造業はグローバル化の過渡期にあると言われています。海外で設計/製造/販売といった体制を構築し、国内外で部品の共通化ができるような高度なサプライチェーンを構築するためには、海外拠点やサプライヤと円滑な情報共有を行うこが必要不可欠であり、共有する情報の種類や情報の公開範囲を考え、情報をコントロールすることが大切です。
特に東南アジア地域は企業が有する情報資産についての従業員の意識が異なるため、国内の様にモラルに頼った管理方法では情報漏洩を防げません。
本セミナーでは、様々なシチュエーションでの確実で強固な情報共有を行うためのいくつかのソリューションを用途に合わせてご紹介します。

プログラム

Session 1

「サーバ上のファイルをローカルに保存させない安全なファイル共有プラットホームLOCK STAR SGateX」

SSL-VPN接続でサーバ上のファイルにアクセスするため、社外/社内を問わず利用できます。しかも、ローカルディスクへのファイル保存や印刷の禁止が可能なため、ファイルの持ち出しを禁止しながらサーバ上のファイルを閲覧・編集して情報共有を可能にする新しいファイル共有プラットホームをご紹介します。


Session 2

「グローバル環境でセキュアに技術情報を一元管理・共有できる SpaceFinder」

グローバル化が進展する中、セキュアな情報管理環境が求められる一方、拠点間でのコミュニケーションを高めることが益々重要になります。SpaceFinderは、設計開発情報に対する公開領域制限や版管理を厳格に実施しながら、最新の情報を共有し設計開発における部門間協業を促進します。また、各工場で発生する品質情報や対策状況もリアルタイムに共有でき、不具合拡散防止や是正措置の徹底を実現します。
技術情報基盤の再構築により、設計品質向上を実践したユーザー事例をご紹介致します。



Session 3

「ネットワークを高速化し、情報の一元管理を加速する Steelhead」

情報のコントロールを行うためには、情報集約が欠かせません。しかし、遠隔拠点からサーバにアクセスをすると距離に比例してレスポンスが悪化するため業務に支障をきたします。 SteelHeadはネットワークレスポンスの悪い遠隔地でも間近にサーバがあるかのような快適なレスポンスを提供し情報のセンター集約を加速させます。

このイベントは終了しました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

セミナー内容にご興味をお持ちの場合は、弊社よりご説明させていただきます。

開催概要

開催日時

東 京 : 2013年9月11日(水) 15:00~17:30

名古屋 :2013年9月13日(金) 15:00~17:30

会場

東 京 : JR品川イーストビル 5階会議室 (港区港南2-18-1)  アクセス

名古屋 : ダイキン工業名古屋ビル 5階大会議室(名古屋市東区白壁1-17)  アクセス

セミナープログラム

Session1

: 「サーバ上のファイルをローカルに保存させない安全なファイル共有プラットホームLOCK STAR SGateX」

Session2

: 「グローバル環境で セキュアに技術情報を一元管理・共有できる SpaceFinder」


Session3

: 「ネットワークを高速化し、情報の一元管理を加速する Steelhead」

参加費 無料
お問い合わせ ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
SF営業グループ 電話:(東京) 03-6716-0464 (大阪) 06-6378-8716

このイベントは終了しました。

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ