ページの本文へ

SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. 製品
  3. データベース
業務改革支援ソリューション SpaceFinder

業務改革支援ソリューション SpaceFinder

データベース

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

SpaceFinderは、業務工程で作成される様々な文書ファイルや画像、試験データ等を一元管理できます。複数ファイルをドラッグ&ドロップで登録できるなど、簡単な操作を実現。バージョン管理機能により、履歴を残しながら最新バージョンを活用できます。また、アクセス権機能によりユーザー・グループ毎に可能な操作を制限できるなど、セキュリティ機能も充実しています。

データベース:運用イメージ

グローバルの全社基盤としてお使いいただけるスケーラビリティ

  • 大規模ユーザー(10万人)・大量データ(1億ファイル)に対応。
  • 複数サーバの統合管理
  • Webベースで展開が容易
  • 3カ国語対応、時差対応

バージョン管理

  • ファイルを編集後にバージョンアップ保存することで、自動で履歴を残すことができます。
  • データリスト上では常に最新のファイルが表示されます。複数バージョンのファイルが散在することによる、「どれが最新なのかわからない」という状況を回避でき、旧バージョンでの上書きによる先祖返りも防止できます。
  • 誰がいつファイルを更新したかの履歴が残るので、過去バージョンを取り出したい場合でも、目的のバージョンを容易に判別できます。
  • 過去バージョンは参照およびダウンロードが可能です。
  • 編集中のファイル名や編集者が一覧で確認でき、編集中のファイルの保存し忘れを防ぐことができます。一時保存や再編集も可能です。

セキュリティ管理

  • データに対して実行できる操作(アクセス権)を、ユーザー・グループ毎に設定することができます。アクセス権は、リスト参照、データ参照、データ登録、データ編集等のアクション毎に設定できます。アクセス権は、上位のブランチやフォルダのアクセス権を自動的に継承可能。(継承する/しないの設定が可能)
  • フォルダでのダウンロードを禁止できます。
  • 1ユーザーあたりの日・週単位でのダウンロード数制限が可能。制限数を超えたユーザーは、制限解除が行われるまで、データの参照やダウンロードができません。
  • ファイルを表示専用ビューア(MS Officeビューア)で表示するように設定することで、ファイルのコピーや印刷を禁止できます。この設定は、ブランチまたはフォルダ単位で行えます。※ご利用するためには、クライアント、サーバにOffice2007以上のボリュームライセンスが必要となります。
  • 操作履歴、データアクセスログの管理ができます。

検索機能

  • 全文検索もしくはプロパティ検索機能を使い、目的のデータを見つけることができます。
  • プロパティ検索では、ファイル名、作成者、データ種別、作成日など、ファイルに関するプロパティ情報を掛け合わせて検索できます。
  • 編集中のデータのみを検索可能。長期にわたり編集中になっているファイルを探すときに便利です。
  • 検索条件を保存し、速やかに検索実行できます。

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ