ページの本文へ

SpaceFinder
  1. 業務改革ソリューション
  2. ソリューション
  3. 開発案件/開発テーマ管理

業務改革ソリューション SpaceFinder

用途別のご提案
開発案件/開発テーマ管理

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

開発案件/開発テーマ管理で、このような困りごとや要望はありませんか?

課題

  • 1. 開発案件数が膨大なうえに開発の多拠点化も進展。全体の状況を把握できない。
    • 案件全体を俯瞰して開発リソースの配分や優先度の判断を行いたい。
    • 膨大な案件の中からスケジュールの遅延を見つけ出して、早期に対策を打ちたい。
    • 顧客のグローバル化に対応するために、案件情報も多国間で共有する必要がでてきた。
  • 2. 品質向上と開発期間短縮を図りたい。
    • 開発プロセスや成果物に抜け漏れが生じ、開発終盤で手戻りになってしまう。
    • 開発進捗が部門間で共有できれば、後工程を前倒しできるのだが・・・。
    • 情報が部門サーバや個人PC に散在し、過去の技術資産を活用できない。
  • 3. 部門間連携を強化したい。
    • 個々の業務が案件に紐付かずに流れるため、背景や優先度がわからない。
    • 顧客要望を細部まで落とし込まなかったり、商品企画の狙いや背景が共有されないまま開発テーマがスタートするため、後になって確認に時間がかかる。
    • 開発着手後に発生した仕様変更が関係部門間で共有化されず、手戻りの要因になっている。

矢印

解決

  • 1. 開発案件情報が自動集約され、最新の進捗状況を把握できます。
    • 開発案件が拠点や部門をまたがって⼀元管理できます。
    • 膨大な案件を、分野・地域・金額等で絞り込み、重要案件や遅延案件をピンポイントでフォローできます。
    • グローバル展開で求められるアクセス権管理や情報開示制限、該非判定等に対応できます。
  • 2. 開発プロセスを遵守し、品質向上と期間短縮を支援する仕組みを構築。
    • 開発プロセスの抜け漏れ防止、成果物の照査・承認徹底、最新の基準・チェックリストの使用、技術課題の潰しこみなど、開発段階での品質作りこみを仕組みとして構築できます。
    • 案件情報や進捗を関係部門で見える化。期限管理の強化や手戻り削減、後工程の前倒し等により期間短縮が可能です。
    • 過去の技術資産を開発の過程で検索し再利用することができます。
  • 3. 共通の情報基盤の上で、関係部門が連携できます。

SpaceFinder を活用した開発案件管理イメージ

SpaceFinderを活用した開発案件管理イメージ

お気軽にお問い合わせください

特長1 ISO/IATFに沿った開発プロセスのための情報基盤

  • ISO/IATFで定めた開発プロセスをマスターデータ化し、起票される開発案件管理シートに自動的に反映できます。開発品目や開発ランクに応じて開発プロセスを自動的に切り替えることも可能です。これにより、開発プロセスを属人化することなく、標準プロセスの徹底が図れます。
  • 開発案件管理シートを親帳票として、開発や生産技術、品質保証など、各部門用の子帳票を起票することができます。案件の基本情報(顧客、納期、金額、要求仕様 etc.)は子帳票に自動反映され、逆に、子帳票で管理している完了日や結果判定等は親帳票に自動反映されるので、多くの部門が関わる複雑な開発プロセスを統合的に管理することができます。開発途中での仕様変更や納期変更もプロジェクトメンバーで共有化でき、変更伝達漏れに起因する手戻りを防止できます。
  • 開発プロセスの各ステップで作成すべき資料を明確化し、成果物を添付していくことができます。成果物の登録状況が見える化できるので、抜け漏れ(作成漏れ・登録漏れ)防止の効果があります。開発プロセスに沿って成果物が並ぶので後から探しやすく、関連資料もすぐに取り出せるので、二次利用が効果的・効率的に行えます。
  • 成果物の回覧経路をマスター管理し、照査・承認フローを回すことができます。成果物の厳格な管理と承認履歴の保存が行えます。

開発プロセス・成果物・期限を統合管理

ISO/IATFに沿った開発プロセスのための情報基盤

特長2 開発進捗の見える化と期限遵守支援

  • 開発案件管理シートに記載された情報は自動的に集約されますので、全社でどのような開発案件がどれだけ走っているかがリアルタイムで確認できます。さらに、見たい切り口(製品分野や顧客、納期、担当部署等)で絞り込み、案件横断的に進捗状況を確認できます。
  • 未完了の作業に対して、期限の接近や超過を知らせるアラートメールを自動配信できます。配信タイミングや配信先は任意に設定が可能。期限遵守を強力にサポートします。
  • 前工程の進み具合や、そこで作成された成果物を後工程の担当者が容易に参照できますので、先取りした準備やスケジュール調整等が可能になります。

プロジェクトや各作業の進捗を一覧化。遅れの「色づけ」「アラートメール」で遅延防止

開発進捗の見える化と期限遵守支援

特長3 開発品質向上と手戻り削減

  • DRやステージゲートの厳格な実施による開発品質向上を支援します。
  • 過去の知見を結集し、フロントローディング推進を支援します。
  • デザインレビューのレビュー品質改善と指摘課題の対策漏れ防止により、開発品質向上と手戻り削減が可能になります。

デザインレビューの進捗を見える化・指摘対策を徹底

開発進捗の見える化と期限遵守支援

特長4 開発現場の業務を電子化

  • 要領・基準や文書雛形を開発案件管理シートに配置することができます。開発担当者はワンクリックで文書を参照できますので、文書を探す手間が省け、古い文書を参照したことによる手戻りも防止できます。要領・基準や文書雛形をマスター管理することで、配置した文書を一括更新することができます。
  • 前機種や以前の類似製品のDRで指摘された技術課題や不具合の検索ボタンを開発案件管理シートに配置することができます。開発担当者はワンクリックで過去情報を参照し、開発に役立てることができます。
  • ログインユーザー毎にマイタスクをワンクリックでリストアップすることができます。担当者が多数の案件を掛け持ちする場合のToDo確認に便利です。
  • DR開催案内をメールで一斉通知したり、DR資料のペーパーレス化、稟議や各種申請の電子承認等により、現場担当者の負荷軽減が図れます。

開発案件/開発テーマ管理でのユーザー事例


ユーザー事例はまだまだございます。

ユーザー事例をもっと見る

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ