ページの本文へ

SpaceFinder
  1. 業務改革ソリューション
  2. ソリューション
  3. デザインレビュー管理(DR)

業務改革ソリューション SpaceFinder

用途別のご提案
デザインレビュー管理(DR)

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

デザインレビュー(DR)の品質向上と期限遵守、課題対策徹底を支援します。

デザインレビューを改善・改革し、確実にQCD向上につなげるための業務環境を構築できます。DR進捗の見える化と期限遵守、レビュー品質の向上(指摘漏れ防止)、類似課題の事前つぶし込み、課題対策の徹底、チェックシートへの反映等によるDR強化サイクルを実現できます。

SpaceFinderを活用したデザインレビュー運用イメージ

開発案件管理、DR管理、課題管理を帳票/ワークフローで電子化。それらを相互に連携し、DRプロセスと成果物を一元管理できます。DR実施日や議事録、判定結果、指摘課題対策等の詳細情報を容易に把握でき、さらに、膨大な案件を俯瞰した進捗確認や情報再利用も可能です。

SpaceFinderを活用したDR 管理イメージ

お気軽にお問い合わせください

特長1 デザインレビュー(DR)の標準化と抜け漏れ防止、期限遵守

  • 実施すべきDR種別や各DRで作成すべき資料、担当部署、参加部署、議事録回覧ルート等をマスターDBで一元管理し、帳票に自動反映することで、DRプロセスの標準化が図れます。製品種別や開発ランク等を設定すると、開発案件管理シート上に実施すべきDR名称が自動的にリスト化され、担当者や期限を設定することができます。さらに、開発案件管理シートからDR管理シートを起票でき、出席予定者への通知やDR資料の登録、議事録や技術課題の登録、判定・承認等が行えます。
  • DRの省略や日程変更に申請・承認フローを適用することで、厳格なスケジュール管理が行えます。プロジェクト別、担当者別等で日程変更回数を集計でき、今後のスケジュール策定に活用できます。
  • DR議事録をワークフローで回覧し、承認が完了すると、各DR管理シートから開発案件管理シートに実施日や判定結果が自動集約されます。DR進捗を見える化し、抜け漏れや遅延の防止にご活用いただけます。

DR管理

特長2 レビュー品質の向上

  • DR資料を登録する際に、上長による確認フローを回すことで、担当者による資料品質のバラつきを抑えることができます。
  • 類似製品の過去指摘事項や対策内容を容易に検索。過去の指摘事項を考慮した開発を行うことで、指摘の再発を防止できます。
  • DR資料の一元管理・共有が容易になることで、DR資料の事前登録と参加者による事前査読をルール化することができます。DR会議では、資料の読み合わせを省略し、いきなり議論を開始。参加者は議論すべき内容を整理した上でDRに望むことができ、指摘漏れを削減。品質改善・コスト削減といった前向きな議論を充実させることができます。
  • DR管理シート上で資料の登録状況を見える化。期限までに未登録の場合は督促メールを自動配信します。
  • DR参加者への開催通知メールには、DR資料が登録されているDR管理シートへのリンクを自動的に差し込みできます。DR参加者は記載されたリンクをクリックすることで簡単に資料を閲覧できます。資料閲覧をログ管理し、未閲覧者に事前査読を促すこともできます。
  • 事前査読で気がついた技術課題は、DR開催前でもDR管理シートに記載できます。担当者は事前に対策を検討し、DRの場で対策内容について議論することができます。このように、課題抽出を前倒しすることで、DRの場を課題抽出で終わらせず、設計改善に向けた議論の場として活性化することができます。

特長3 デザインレビュー(DR)運営の効率化

  • レビューの過程で、裏付けデータや過去資料を参照したい、ということはよくあります。SpaceFinderは開発成果物やデータの一元管理が可能。高度な検索機能により、必要な情報を即座に検索することができます。
  • DR資料は電子データで共有し、議事録も電子データで回覧するなど、デザインレビューをペーパーレス化できます。資料のコピーや配布作業も不要になり、直前に修正が入ったために大慌てでコピーし直すといったこともなくなります。DR資料は紙や電子メールでばら撒くことなく、SpaceFinderでセキュリティを保って共有化。会議では資料をプロジェクタ投影して議論を行えます。
  • 開催案内は、参加予定者に一斉メール通知が可能です。代理者への変更や専門職・知見者の追加申請もSpaceFinder上で行えます。開催通知メールには案件名やDR名称、目的、開催日時、場所等が自動で書き込まれます。さらに、DR資料の格納場所へのリンクも記載されるので、参加予定者は容易に資料を参照できます。

特長4 課題対策の徹底(残件ゼロ化)

  • DR指摘事項毎に担当を割り当て、期限を定めて管理できます。担当者は対策内容を記入し資料を添付。上長や関係者の承認をワークフロー化することで、厳格な管理が行えます。
  • 指摘件数と残件数は自動カウントされ、進捗が見える化されます。また、課題対策の期限の接近や超過に対して、アラートメールを担当者や上長に自動配信することで、期限遵守をサポートします。アラートメール配信のタイミングや配信先は、自由に設定できます。
  • 指摘内容によっては後工程に検討や対策を持ち越す場合がありますが、開発プロセスを通して未解決課題を管理することができ、対策の抜け漏れを防止することができます。

DRと技術課題の対策進捗管理

特長5 情報の再利用

  • 担当者や製品/部品種別、DR種別、課題の現象や特定のキーワードなど、多彩な切り口で過去のDR資料や指摘された課題、その対策内容を検索できます。過去の類似製品で指摘された内容を参照し、新機種開発の際に、あらかじめ考慮した開発を行うなど、技術課題の再発防止や技術者のスキルアップにご活用いただけます。
  • DR指摘事項の内容を集計分析し、設計基準やチェックシートに反映できます。課題と対策内容、参考資料を紐付けて管理でき、情報の再利用が効率的に行えます。

デザインレビュー(DR)資料再利用

デザインレビュー(DR)管理でのユーザー事例


ユーザー事例はまだまだございます。

ユーザー事例をもっと見る

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ