SpaceFinder

業務改革支援ソリューション SpaceFinder

用途別のご提案
製品仕様管理

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

製品仕様管理で、このような困りごとやご要望はありませんか?

課題

  • 製品仕様情報が一元管理されていないため、様々な非効率が生じている。
    • カタログ更新の際に、最新の製品仕様を集めるのに多大な工数がかかっている。
    • 部品変更に伴う仕様変更の際に、その部品が使われている製品をすべて洗い出すのに時間がかかる。
    • 熟練技術者層の退職に伴い、従来は「皆が知っていた」ことが仕様変更で考慮されず、不具合が発生している。
    • 仕様変更履歴が一元管理されていないため、不具合発生時の対応や波及範囲の確認に時間がかかる。
    • 部品変更や法規対応等による仕様変更が頻発。製造や資材部門への仕様変更連絡が徹底できなかったり、タイムラグが発生することにより、手戻りやロスコストが発生している。
    • 新製品の企画や仕様書作成時に、過去情報を参照したいが、欲しい情報を捜すのに時間がかかりすぎる。
    • 新規開発の際に、顧客の要求仕様の変更が部門間で共有されず、見積価格への反映が抜け漏れる。

矢印

解決

  • 製品仕様を関係者全員で共有。仕様変更を確実に伝達。
    • 管理すべき仕様情報の項目や資料を明確化し、全社共通フォーマットで管理します。
    • 製品仕様に関わる情報を個人PCや部門サーバに散在させることなく一元管理。複製を配布することなく関係者全員がSpaceFinder上で参照できます。
    • 図面や梱包仕様、製造マニュアル、取説等の関連資料の最新版を確実に共有できます。
    • 過去の仕様書を精度良く検索可能。関連資料がまとまっているので再利用が効率良く行えます。
    • 製品仕様や関連資料の変更は、自動メール通知で共有化。

SpaceFinderを活用した製品仕様管理イメージ

SpaceFinderを活用した製品仕様管理イメージ

特長1 製品仕様にかかわる情報や関連資料を一元管理できます。

  • 製品仕様書を電子帳票化し、管理すべき項目や関連資料を明確化して全社に展開できます。製品種別等でのフォーマット切り替えも可能です。
  • 製品仕様書に、図面や銘版、加工指示書等の添付欄を自由に作成いただけます。資料添付を必須化することで、情報の個人持ちを防ぐことができます。
  • 資料の照査・承認ワークフローを回すことで、作業品質を確保。正式な資料だけを共有化できます。
製品仕様書

製品仕様管理シート 作成例

特長2 仕様変更を効率化。変更情報を確実に伝達・共有化。

  • 部品コード等をキーに、仕様変更が必要な製品を抜け漏れなく検索。関連資料が揃っているので、仕様変更作業も効率的に行えます。
  • 製品仕様や関連資料に変更があった場合は、関係者に自動メール通知できます。
  • 更新日をキーに製品仕様書を検索することで、次回生産時点での変更情報をすばやく検索できます。
  • 変更履歴が残るので、不具合対策等での変更経緯や影響範囲の確認が容易に行えます。

特長3 過去情報の再利用を効率化。

  • 新製品の企画や仕様書を作成する際に、製品種別や品番等をキーにして過去情報を検索し参照できます。関連資料の最新版がまとまっているので、再利用が効率的に行えます。

製品仕様管理でのユーザー事例


ユーザー事例はまだまだごさいます。

ユーザー事例をもっと見る

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京事務所
03-6716-0464
大阪事務所
06-6374-9313
名古屋事務所
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ