ページの本文へ

SpaceFinder

業務改革支援ソリューション SpaceFinder

用途別のご提案
生産準備管理

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


販売代理店へのお問い合わせ

販売代理店一覧

生産準備管理で、このような困りごとやご要望はありませんか?

課題

  • 1. 生産準備の抜け漏れや遅延を防止したい。
    • 作成すべき資料が膨大なため、ファイルサーバのフォルダ管理では抜け漏れが生じてしまう。
    • 全体の進捗が見えないため、状況を俯瞰したリソースや工程の調整ができない。
    • 担当者との進捗確認に時間をとられる。進捗報告に成果物が紐付いていないため、計画遅れが後になってわかる。
  • 2. 部門/ 拠点間の情報連携が不十分。
    • 仕様変更や前工程のスケジュール変更が共有化されず、手戻りやムダ/ムラになっている。
    • 工場移管の際に、資料まとめや経緯を共有するのに多大な労力がかかっている。
  • 3. 生産技術開発を強化したい
    • ノウハウの塊である過去案件の情報が個人持ちになっている。
    • 開発の「進め方」も貴重なナレッジだが、経緯が残っていない。

矢印

解決

  • 1. 生産準備の抜け漏れ防止や期限遵守を支援する仕組みを構築できます。
    • 作成すべき成果物、担当者、期限を電子帳票上に明確化し、成果物登録状況を⾒える化できます。
    • 期限の接近や遅延を担当者やマネージャーに自動メール通知することで、期限遵守をサポートします。
    • 過去の成果物を様々な切り口で検索可能。情報の再利用を促進し、業務効率化が図れます。
  • 2. 部門/ 拠点間の連携や情報共有が加速します。
    • 開発案件管理と生産準備管理を帳票連携させることで、仕様やスケジュールの変更の共有化が行えます。
    • 生産準備プロセスを拠点間で標準化。生産地移管やプロセス変更時の情報共有がスピーディに行えます。
  • 3. 新技術開発に過去の技術資産やノウハウを活用できます。
    • 開発テーマに類似する過去案件を、多彩な軸で検索することができます。
    • 新技術の開発ステップを電子帳票で標準化。各ステップで参照すべき要領・基準や成果物を開発過程で提示でき、個人差の平準化が図れます。

SpaceFinderを活用した生産準備管理イメージ

SpaceFinderを活用した生産準備管理イメージ

お気軽にお問い合わせください

特長1 生産準備プロセスの遅延・抜け漏れを防止

  • 生産準備プロセスを電子帳票で標準化し、各工程で作成すべき成果物と担当者、期限等を明確化。成果物は申請/ 承認フローを経て登録され、実績日を記録。進捗管理を確実に行えます。
  • 開発工程の要否は対象製品によって自動切り替えできます。
  • 成果物の雛形や要領・基準等をマスター管理し、各工程に紐付けて提示できます。
    案件に応じて、顧客仕様の雛形を表示できます。
  • 生産準備プロセスに沿って成果物が登録されるので誰でも見やすく、前後の情報も確認できます。
  • 期限の接近や遅延を自動メール配信で担当者やマネージャに通知。期限遵守をサポートします。

特長2 生産技術開発の期限遵守、スキルアップを支援

  • プロジェクトで開発すべき生産技術テーマを⼀覧化し、その進捗と成果物を紐付けて管理できます。
  • 開発担当者は、過去の類似テーマを検索し、開発の進め方や成果物を参照可能。
    開発の効率化と同時に、ノウハウの伝承・スキルの平準化が図れます。

特長3 部門/拠点間の連携や情報共有を加速

  • 仕様管理や開発管理をSpaceFinderで構築し、生産準備との情報連携が可能。仕様変更の共有不足による生産準備の手戻りを防止。前工程の進捗や成果物を共有することで、生産準備の前倒しも可能になります。
  • Webブラウザを介して、拠点をまたがって情報を共有化。生産地移管やプロセス変更の横展開等もスピーディに対応できます。

生産準備管理でのユーザー事例


ユーザー事例はまだまだございます。

ユーザー事例をもっと見る

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ