SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 セントラル硝子株式会社 松阪工場様

セントラル硝子株式会社 松阪工場

導入製品SpaceFinder  業界自動車    機能DB  電子帳票  ワークフロー    用途生産準備管理  不具合再発防止  文書管理  

ISO/TS16949に準拠した開発の進捗状況が容易に見えることで、抜け漏れ防止と情報共有化の様々なアクションが定着。SpaceFinderの運用開始以降、帳票作成の期限遵守が進むとともに、設計開発に起因した品質的な問題も発生していません。

セントラル硝子株式会社

自動車部品メーカーは、ISO/TS16949並びに自動車メーカーの要求事項を満たしたものづくりが求められる。自動車用ガラスの設計開発から製造を行っているセントラル硝子もその要求に従い、早くから組織を横断したチーム(以下、横断チーム)を編成して、開発運営を行ってきた。しかし、進捗遅れや帳票作成の抜け漏れが解消せず、担当者間の情報共有不足による不具合や作業時間のロスが発生していた。2009年10月、これらの問題を解決すべく、開発運営の体系化と情報の集約・共有化に着手。その情報インフラとして導入されたのがSpaceFinderである。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の問題点

進捗状況がタイムリーに把握しづらく、抜け漏れと情報共有不足により不具合や作業ロスが発生

自動車用ガラスの開発では、1~2年の開発期間の中で、開発フェーズ毎に数十種、全体では数百種の帳票が作成される。それらすべてを、期限を守って抜け漏れなく作成し、開発を進めることが求められる。

松阪工場 硝子加工部 加工技術グループ長 末冨 丞治 氏

松阪工場
硝子加工部
加工技術グループ長
末冨 丞治 氏

末冨氏:開発進捗については、車種毎に台帳を作り、大日程の進捗は事務所の壁に紙で貼り出し、詳細な進捗は月次でチェックしていました。しかし、このやり方では進捗の遅れをタイムリーに認識できず、上位職が状況に応じて業務を振り分けるといった対応が十分にできませんでした。

松阪工場 硝子加工部 加工技術グループ 副技師 奥田 克治 氏

松阪工場 硝子加工部
加工技術グループ
副技師 奥田 克治 氏

奥田氏:作成した帳票やデータはファイルサーバーで管理していましたが、分類の仕方が横断チームそれぞれのリーダー任せで統一されていなかったため、作成すべき帳票が漏れなく登録されているかを把握することは困難でした。また、過去の帳票検索に時間がかり、十分に活用することができませんでした。

さらに、製品仕様の変更情報が関係部署へ行き届かず、作業ロスなどの不具合が発生していた。

末冨氏:設計開発に起因する不具合の現象は様々ですが、根本原因に遡ると、情報の共有不足によるものばかりでした。そういった不具合を抑えることで、納期を調整して再生産でカバーしたり、最新の内容で帳票が作成されていなかったために作り直したりといった作業時間のロスをなくし、本来やるべき仕事に時間を使えるようにしたかったのです。

2009年4月、このような状況を打破するために、横断チームのリーダーを専属化し、開発運営の体系化、情報の集約・共有化を図ることになった。

末冨氏:このような改善を進めるにあたって、それまで関連部署をまたがって紙書類で流れていた多種多様な電子帳票類の作成/承認状況を一元管理・見える化できるシステムが必要だと感じました。ちょうどその様な時にSpaceFinderを紹介されたのです。

選定・立ち上げ

松阪工場 硝子加工部 加工技術グループ 技師 藤井 健司 氏

松阪工場 硝子加工部
加工技術グループ
技師 藤井 健司 氏

運用しながら改善できる柔軟性が、短期立ち上げと運用定着に貢献

末冨氏:自社で一からシステムを開発することも検討しましたが、開発に先立って我々の業務を理解してもらう必要があり、その部分でリードタイムがかかってしまいます。また、変更を加えようとすると一から作り直しになる場合がありますが、我々も試行錯誤するので、最初からシステムの仕様を決め込むには難しいものがあります。その点、SpaceFinderはものづくりを理解して開発されており、当社に使いやすく設定変更できるので、運用をしながらより理想に近い姿にもっていけるというところが、コスト面と合わせて大きな魅力でした。

松阪工場 硝子加工部 加工技術グループ 渡部 薫 氏

松阪工場 硝子加工部
加工技術グループ
渡部 薫 氏

渡部氏:顧客から帳票の追加等を要望される事もありますが、その際に、システムの変更に何ヶ月も待つようでは使い物になりません。また、運用を開始してからも、この機能はこう動かした方がいいんじゃないか、といったところが出てきましたし、ユーザーからも変更要望が出されました。その対応でダイキン工業のサポートに相談を何回か繰り返しましたが、すぐ対応してもらえ、タイムロスなく運用が行えました。

セントラル硝子松阪工場では、2009年10月にSpaceFinderを導入。そのわずか3ヵ月後には加工技術グループ内で運用を開始し、2010年3月に松阪工場内に運用を拡大。ユーザーからの要望をタイムリーに反映し、運用を定着することができた。

藤井氏:現在、工場長、硝子加工部、品質管理部がSpaceFinderを活用しており、営業部門と管理部へも本年10月より運用を開始する予定です。新規開発にはすべてSpaceFinderが適用されています。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

セントラル硝子株式会社

本社
東京都千代田区神田錦町3-7-1 興和一橋ビル
松阪工場
三重県松阪市大口町1521-2
資本金
18,168百万円
従業員
連結:4,189人 単体:1,798人(2010年3月末)
事業内容
ソーダ製品の生産販売からガラス事業に進出、そしてファインケミカル事業へと展開。ガラス事業では、建築用、自動車用、電子産業用分野等に裾野を拡げ、化成品事業では、既存の化学品、肥料、ガラス繊維分野の他、近年では独自のフッ素技術をベースにファインケミカル分野に注力。医農薬原薬・中間体、電子材料、精密ガス等にも展開し、大きな成果を上げている。

取材年月日:2010年8月30日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ