SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 株式会社ダイキンアプライドシステムズ様

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

導入製品SpaceFinder  業界他製造業    機能DB  電子帳票    用途開発案件/テーマ管理  文書管理  図面管理  

技術分野ごとに異なる設計ノウハウを全国の設備技術者が共有できる"設計サポートシステム"を構築。各設計者の得意分野以外で設計効率化と品質向上を行い、生産性向上、ロスコスト・クレームコスト削減を図る。

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

株式会社ダイキンアプライドシステムズは、設備設計の提案力を強化し事業をより拡大するために、組織を本部制からエリア制に変更。顧客に近い場所で、営業から設備設計施工、保守、運用支援までをワンフェイスで実現する「最寄化」を行った。しかし、顧客に近づくことは、社内的には分散を意味する。「最寄化」により設計者が全国に分散した結果、精密空調、冷蔵・冷凍、冷却・加熱、クリーンルーム等の技術分野で蓄積されたノウハウも分散。すべての技術分野で全国どのエリアでも、顧客満足度の高い設備設計を行うために、ノウハウの共有化と設計プロセスの標準化が課題となっていた。

お客様のプロフィールはこちら

導入の背景

顧客ニーズにより深く応えるために、設計者を全国9拠点に配置する「最寄化」を実施

企画管理部 企画グループ マネージャー 平野 芳和 氏

企画管理部
企画グループ
マネージャー
平野 芳和 氏

平野氏:株式会社ダイキンアプライドシステムズ(以下、DAPS)は、空調機器や冷凍冷蔵機器の設計製造から顧客ニーズに沿った機器のカスタマイズ、さらに設備や施設の設計施工、保守、運用支援までをトータルに提供しています。お客様からより高い満足度を得て事業を拡大していくためには、単に顧客仕様を満たすだけでは不十分。省エネや環境への配慮など、お客様が最も気にしている部分にプラスアルファの工夫が必要です。このような提案力をより強化するために、顧客に近い場所で一気通貫で何でもできる拠点を作ることになったのです。

DAPSは、2004年の新会社設立を機に事業形態を一新。それまで大阪に集中していた設備設計者を全国9つの本支店に分散配置し、各エリア内で営業から設計、施工、保守、運用支援までを一貫して行う「最寄化」を実施した。そこで問題となったのが、設計ノウハウの共有不足と設計手順のバラつきである。

設計者とともにノウハウが分散

技術部 開発グループ リーダー 鳥羽山 広輝 氏

技術部
開発グループ
リーダー
鳥羽山 広輝 氏

鳥羽山氏:設備設計には、一般空調、精密空調、冷蔵・冷凍、冷却・加熱、クリーンルームといった専門分野があり、それぞれの分野で設計基準やノウハウが異なります。そのため、設計者によって得意/不得意な分野がどうしても出てしまいます。以前は設計者が一箇所に固まっていましたので、得意分野にあわせて案件を分担したり、得意な設計者にアドバイスしてもらったり資料を参照したり、ということがスムーズに行えました。しかし、「最寄化」によって設計者が全国に分散した結果、それまでの仕事のやり方では、うまく回らなくなってしまったのです。

エリア制では、得意分野以外の案件でも、エリア内でこなさなければならない。一方で、製品開発のリードタイム短縮を受け、生産設備の設計期間短縮への要求も高まるばかり。しかし、資料が手元に無かったり、得意な設計者にアドバイスを受けようにも、拠点が離れているために、以前のようにスムーズにはいかず、設計効率が低下し、ロスコストや品質のばらつきが問題となっていた。

平野氏:時間に追われて検討や確認が不十分な見積りを出してしまい、利益が確保できなかったり、品質面でクレームになることが度々ありました。そのため、見積りや設計期間を短縮しつつ、品質を守ることが大きな課題となっていたのです。一人で全ての分野をカバーできるのが理想ですが、そうはいかないのが現実。そこで、距離の壁を越えて必要なノウハウをすべての設計者が、いつでも簡単に共有できる仕組みを構築することになりました。これにより、設計効率を向上し、設計者が物件ごとの工夫により多くの時間をかけられるようにしたのです。

DAPSは主力であるエンジニアリング事業をさらに強化し、2年後の2008年度には1.5倍にまで事業を拡張する計画だ。この計画を達成する上で、設計効率化と品質向上は不可欠。懸案となっていた「ノウハウの共有」「設計プロセスの標準化」を実現すべく、2006年秋、設計サポートシステム『DAPS-file』の構築プロジェクトが始動した。

鳥羽山氏:物件数が年々増加していることもあって技術者を増員しているのですが、新人の育成に以前のような時間はかけられなくなっています。基礎的なスキルをすばやく習得してもらい、より短期間で戦力化するためにも共有化・標準化は必要だったのです。

SpaceFinderは、製品開発プロセスにおける継続的なQCD改善を支援する、「帳票」「ワークフロー」「データベース」一体型のシステム。ダイキン工業は、国内120社、150サイト以上のシステム構築実績があり、その過程で蓄積した経験を活かして、お客様の問題解決を支援している。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

本社
東京都港区芝浦4-13-23 MS芝浦ビル
資本金
3億円
年商
331億円(平成17年度)
従業員
486人
事業内容
業務用空調機の設計・製造から、設備や施設の設計・施工、保守、運用支援までをトータルに提供。さらに医薬分野では、トータルエンジニアリングとして、建屋から生産設備、部屋、クリーンルーム、ユーティリティまでをトータルに提供している。

取材日:2007年6月1日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電子部品業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ