SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 ダイキンMRエンジニアリング株式会社様

ダイキンMRエンジニアリング株式会社

導入製品SpaceFinder  業界他製造業    機能DB  電子帳票    用途開発案件/テーマ管理  文書管理  図面管理  

図面管理とプロジェクト管理の一体化で流用設計を促進。さらに、標準図面へのナビゲーションで設計効率化と不具合削減、若手の戦力強化を図る。究極的には、新人でも設計可能なプロジェクトができる可能性も。

ダイキンMRエンジニアリング株式会社

ダイキンMRエンジニアリング(以下、ダイキンMR)では、図面管理の強化による業務効率向上への取組みが進んでいる。そのIT基盤として導入されたのがSpaceFinder。狙いは、流用設計の推進と標準図の整備による圧倒的な設計業務量の削減、そして、不具合削減、若手技術者の戦力強化による競争力向上だ。さらに、プロジェクト進捗の見える化や過去図面データの活用など、部門/拠点を超えた効果も現れている。

お客様のプロフィールはこちら

導入目的

図面データの活用で、設計業務の効率化と若手技術者の戦力強化、不具合防止/ロスコスト削減を図る

技術部 技術課 マネージャー 進藤 秀司 氏

技術部 技術課
マネージャー
進藤 秀司 氏

進藤氏:コスト競争が厳しい中で、技術者一人ひとりがより多くの案件をこなし、なおかつ、いかに不具合を抑えるか。その施策として、図面管理の強化に取組むことになりました。当社の仕事で大多数を占める「商船」は、船の形は様々でも人が居住する区画は似ており、空調システムは基本的に同じパターンで設計が可能。しかし、従来のファイルサーバによるフォルダ管理では、担当者以外からは非常にわかりにくく、図面データを十分に活用できなかったのです。

業務効率化に加え、若手技術者の戦力強化と不具合防止/ロスコスト削減も重要な課題だった。

技術部 技術課 課長 渡部 敬介 氏

技術部 技術課
課長 渡部 敬介 氏

渡部氏:1つのプロジェクトは数名の技術者がチームを組んで担当。技術者間でレベルのばらつきがあり、若手技術者に任せられる仕事のセクションが限られていました。また、アウトプットが安定しなかったり、間違った図面を参照したりといったことが不具合発生の原因にもなっていました。

ダイキンMRは、技術者の技量が高かったこともあり、個人のスキルに頼った仕事の仕方を行ってきた。しかし、社内外の状況変化を受け、設計の標準化に舵を切る。その環境整備として、図面管理システムを導入することが決定。2012年3月までの稼動開始を目指すことになった。

選定理由

市場の変化に対応するためには、固定されていなく融通のきくシステムが必要

進藤氏:絶えず市場の変化にあわせて業務も変えていく必要があるので、システムも柔軟でなければ困ります。当初は一品物のシステムを検討しましたが、初期コストが嵩む上に、変更にも相当な手間と費用がかかることがネックとなりました。その点、システムが固定化されてないSpaceFinderはいろいろな方向に融通がきき、自社でシステムを変更することも可能。これは大きなメリットでした。

舶用機器営業部 業務G マネージャー 椎原 英美 氏

舶用機器営業部
業務G マネージャー
椎原 英美 氏

システム構築期限が半年後に迫った2011年9月にSpaceFinderの検討を開始し、無事に期限を守ることができた。「多分、他のシステムでは、我々はもっと苦労していた。半年間での立ち上げは無理だったと思います」と進藤氏は語る。

椎原氏:SpaceFinderは製造業での導入実績が豊富で、多くの現場ノウハウが反映されているということも評価しました。また、グループウェアと比較しても、電子帳票設計ツールとワークフロー機能がビルトインされていることが大きなアドバンテージでした。

進藤氏はSpaceFinderを見て、電子帳票ベースの図面管理を発想。従来のフォルダ管理にはない斬新なアイディアが数多く盛り込まれることになった。

運用状況・導入効果

図面データのプロジェクト管理で流用設計を推進。さらに、標準図の適用で大幅に業務効率を向上

技術部 リーダー 岩本 崇 氏

技術部 リーダー
岩本 崇 氏

図面データをプロジェクト単位で案件情報と紐付け管理。その起点が『引合・受注工程管理票』である。

渡部氏:引合いが営業から入ると、技術責任者が引合・受注工程管理票を起票し、案件情報を登録。担当者が積算を実施し、仮実行予算を提出、提出日を記入します。それをもとに営業が見積りを作成して客先に提出する流れです。これらがワークフローに沿って進行します。

受注が決定すると、技術責任者が引合・受注工程管理票から『Project Control Sheet(以下、PCS)』を起票。PCSは、プロジェクトで作成されるすべての図面データを管理する、図面管理の中核となる電子帳票だ。プロジェクト情報や納期、担当者等の情報は引合・受注工程管理票から自動転記され、逆に、PCSに登録された図面提出日は引合・受注工程管理票に反映されるというように、電子帳票間の相互連携が随所に活用されている。

~類似案件のプロジェクトデータをまるごとコピー。流用設計の推進で設計業務を大幅に効率化~

進藤氏:技術責任者は、PCSを起票する際に注文仕様を確認し、過去の類似案件を検索。流用設計が可能な場合はそのPCSをコピーします。プロ ジェクトの最終の図面データもすべて紐付いてコピーされますので、必要な修正を加えるだけで設計業務を大幅に効率化することができます。

流用設計をさらに推進するための仕掛けが、船をまたがって共通で使う図面をライブラリ化した『標準図』。この仕組みは、今回新たに導入された。標準図がそのまま適用できれば、図面作成は不要になる。

渡部氏:以前は、過去のどの図面を参照するかは担当者が判断していたため、自分が以前に作成した範囲での参照にとどまった上、間違えた図面を流用してしまい、同じ失敗を繰り返す原因になっていました。今は、個々の図面を管理する『構成図』帳票と標準図マスターDBが連携。標準図が登録されている場合はその図面に●印が表示され、適切な標準図を添付するだけで作業が完了します。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

ダイキンMRエンジニアリング株式会社

本社
大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー11階
資本金
1億8千万円(ダイキン工業株式会社全額出資)
従業員
100名(平成24年3月現在)
事業内容
舶用空調・冷凍装置の製造・販売に加え、空調・冷凍システムの設計・施工までを請負うエンジニアリング会社。顧客と一緒になって船舶に求められる空調・冷凍装置のコンセプトを作り上げ、真のニーズを実現する商品を開発。同時に、舶用機器での「信頼性」は最も重要との認識の下に、品質ナンバーワンを追求している。「環境に優しい省エネ商品」「トータルコストダウンを実現する省工事商品」「心地よい空間を提供する快適空調商品」などを次々と開発していくとともに、顧客に安心していただけるよう、「グローバルでのアフターサービス」ネットワーク作りを目指している。
WebSite
http://www.daikin.co.jp/group/dmre/

取材年月日:2012年7月11日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

他製造業業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ