SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 堅田電機株式会社様

堅田電機株式会社

導入製品SpaceFinder  業界電子部品    機能DB  電子帳票  ワークフロー    用途開発案件/テーマ管理  DR管理  文書管理  

QMS 遵守を業務に組み込み、進捗を見える化することで、品質クレーム防止の重点施策として取り組んでいるDR 期限遵守率改善に大きな成果。膨大な案件の管理には、アラートメールを活用したプッシュ型の期限管理が特に効果的。

堅田電機株式会社

EMSにとって品質は命。特に開発の上流工程から請け負う場合は、クレーム対応コストが膨大になる上に顧客のブランドまでも傷つけてしまい、ダメージは大きい。堅田電機は、このようなリスクに対し、DR日程遵守率や設計チェックリストの運用率、設計プロセスでの不具合累計等の監視を強化することで、クレームの未然防止を図っている。今回の事例では、それらの取り組みの中から、SpaceFinderを活用したDR日程遵守率改善にフォーカスしてご紹介する。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の問題点

DRの抜け漏れや、期限が守られない状況。品質クレームがいつ起こってもおかしくないと危惧

技術部  部長 藤本 勝人 氏

技術部 部長
藤本 勝人 氏

藤本氏:当社では、年間で約300案件が発生。それらの開発工程は機種リーダーの決裁で進行していくために上位職のチェックが入りにくく、グループによってはDRが抜け漏れたり、決められた期限に行われない状況にありました。ある時点でQMSを見直してDRを増やしたのですが、「今やらなければならないのか?量産前にDRが終わればいいや」という風潮が感じられていました。

堅田電機では、これまでに大きな品質クレームは起きていない。しかし、それは「たまたま起きていなかっただけ」と藤本氏は語る。

藤本氏:起きていないから現状維持で良し、とするのではなく、危険を孕んでいるので打破しなければならないと、ずっと考えていました。しかし、このような思いは、あるポジションに立たないと身につきません。ですので、担当者がシステムに沿って仕事をすれば勝手に品質が保たれる仕組みを構築したいと考えたのです。

技術部  課長 山下 岳人 氏

技術部 課長
山下 岳人 氏

SpaceFinderは、このようなニーズにジャストフィット。日常業務に柔軟に溶け込み、手順の抜け漏れ防止や進捗の見える化を実現できる。

山下氏:当社は製造性の高い開発・設計を強みにしていますので、ハード・ソフト・メカ等の技術グループ間での密接な連携がキーになります。しかし、以前はファイルが個人管理になっていたり、他グループのデータが参照しにくい状態。さらに、あるグループの手戻りが他グループに伝わっていないために案件全体が遅れるといったこともよくありました。システム導入には、このような課題解決も期待しました。

検討の結果、2009年にSpaceFinderを導入。現在、約70名が活用している。

運用状況

開発案件の進捗見える化とアラートメールによるプッシュ型の期限管理で、DR日程遵守を推進

技術部  橋本 恭子 氏

技術部
橋本 恭子 氏

堅田電機では、『開発ステップ管理シート』・『計画・実績表』・『レビュー記録票』を連係することで、案件進捗の見える化とDR日程遵守へのナビゲートを実現。その他に、不具合対策書や各種業務指示書にも活用。それらの電子帳票作成や管理を橋本氏が一手に担っている。

橋本氏:案件を受注すると、『開発ステップ管理シート』を起票します。機種開発はソフトやハードなど複数のテーマで構成されますが、各テーマの完了・直前・当日・遅延というステータスが色分け表示され、順調に進んでいるのか、どこで遅延しているのかといった状況がひと目でわかります。

藤本氏:案件全体の進捗を俯瞰したい場合は進捗一覧画面を参照します。『量産が近いプロジェクト』、『最近起票されたプロジェクト』といった分類が設けてあり、それらの案件状況をワンクリックで参照できます。

~アラートメールの自動配信により、ピンポイントでリスクを察知、対策が行える~

さらに、年間約300件という膨大な開発案件の管理に効果を発揮するのが、アラートメール機能である。

技術部  白井 敦 氏

技術部
白井 敦 氏

藤本氏:DRの期限が過ぎている、試作納期が近づいてきた、量産が近い、といった場合には、SpaceFinderから自動的にメールが配信されます。その中からフォローが必要と思われるテーマを抽出して直接状況を確認しています。

膨大な案件すべてをSpaceFinder画面で監視するのは大変。「アラートメールで危険をピンポイントにチェックできるのはすごく助かります」と藤本氏は語る。

山下氏:『開発ステップ管理シート』からのアラートメールは機種リーダーとグループリーダーにも配信されるので、リーダー間で状況を共有できます。例えばメカ開発が遅れていて他のグループに影響がある場合には、機種リーダーが打ち合わせを開催する、というようにコミュニケーションが図れています。

~品質マニュアルを見なくてもQMSに従った仕事ができる~

技術部  谷田 真紀 氏

技術部
谷田 真紀 氏

詳細な工程管理は『計画・実績表』で実施。ハード/ソフト/メカ開発、試作、検査機設計といった機種開発を構成するテーマ毎に、『開発ステップ管理シート』から起票できる。

藤本氏:管理者からすると、いかにQMSの手順通りに業務を進めさせられるか、というのが重要なポイント。『計画・実績表』は、どういう時にどのDRを行うかというQMSのマニュアルが電子帳票にわかりやすく置き換わったイメージです。この電子帳票に沿って業務を進めることで、品質マニュアルを見なくてもQMSを遵守して仕事を行うことができます。

そして、DRの資料や指摘事項/対策を管理するのが『レビュー記録票』。ここで承認された日付が計画・実績表、開発ステップ管理シートに反映され、DR期限管理や大日程管理を実現する仕組みだ。また、1つの製品が制御基板・電源基板・表示基板などの複数機種で構成される場合は、それらを関連付けて管理。SpaceFinderの電子帳票連携機能が存分に活用されている。

ここまで、主に管理者の視点から運用状況をご紹介してきた。次に、開発担当者の声をご紹介する。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

堅田電機株式会社

本社
滋賀県大津市真野6丁目2-6
資本金
4,500万円
従業員
209名
事業内容
電気・電子機器メーカー。開発の企画から設計、検査装置設計、製造まで、どのステージからでも一貫して受託できる対応力と小回りの良さ、スピードに優れ、近年成長を続けている。設計や部品の見直しによるコスト削減など、顧客への積極的な提案力も強み。さらに、海外にも開発・製造拠点(タイ・中国)を展開し、顧客の最寄り地域での生産に対応している。

取材日:2013年8月7日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電子部品業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ