SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 株式会社松浦機械製作所様

株式会社松浦機械製作所

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

導入製品SpaceFinder  業界電機・機械    機能DB  電子帳票  ワークフロー    用途開発案件/テーマ管理  クレーム管理  不具合再発防止  

ISO9000で定めた開発フローを実行すれば成果物がその通り自然に貯まっていく仕組みを構築できました。一つの画面で機種開発の一連の流れがわかり、審査承認を経た信頼性の高い情報をすぐに取り出すことができます。

株式会社松浦機械製作所

過去の成果物やノウハウ、トラブル対応履歴の蓄積なしに、一歩先を行く製品を確実に開発することはできない。製品開発の基本ともいえるこの思想を徹底して追求し実践しているのが、松浦機械製作所(以下、松浦機械)だ。開発フローを確実に回し、漏れの無いデータ管理と共有化を実現。『他社のやらないことをやる』開発方針の下、独自の新製品を次々とリリースしてきた松浦機械の開発情報インフラとしてSpaceFinderが活躍している。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の問題点

取締役 技術本部長 天谷 浩一 氏

取締役 技術本部長
天谷 浩一 氏

開発成果物が個人持ちでバラバラになっているために、過去のデータを探すための無駄な時間が頻発

天谷氏:当社は、多種類の加工を数値制御によって行う「マシニングセンタ」(以下、MC)の専業メーカーです。現在50数種の基本機種があり、それぞれに約30の標準オプションがあるので、総設計数は1500に達する計算です。毎年2~3の基本機種とそのオプションを開発し、個別受注品も年に約200件発生。これらの開発フローを確実に回し、日々作成される情報をいかに管理するかということが課題となっていました。

開発現場は、標準品の設計が終わると即座にオプション品の設計に移行。実際に良く売れるのはオプション品なのでその設計を早く仕上げなければならないからだ。そのため、完了した開発案件の成果物登録が疎かになり個人のPCや紙ファイルに散在してしまっていた。

技術本部 技術管理 マネージャー 山岡 恒治 氏

技術本部 技術管理
マネージャー 山岡 恒治 氏

天谷氏:MCの開発では、基本的な手順はそれほど違いません。ですので、デザインレビュー(以下、DR)の際に、以前はどうだったかということを常にチェックするのですが、その度に担当者がデータを探しに行って、結局わからない、後で探す、という時間の無駄が結構ありました。また、ISO9000で定めたフローに従って開発を進めず、工程を抜かしたり、飛ばしたりして、クレームになるようなことは極力抑えなければならない。さらに、今どの段階に開発が進んでいるのかを我々管理者は把握しなければならない。このような課題を解決するためには、タイムリーに開発成果物を登録し、後から簡単に探し出すことができる必要があります。これを効率的に行うには、ITシステムがなければ難しいのです。

運用状況

開発フローの遵守を徹底し、成果物の登録・審査・承認がムリなく自然に実現

このような課題を抱えた天谷氏がSpaceFinderと出会ったのは2004年秋。DBとワークフローが統合したSpaceFinderなら、開発フローに沿ったデータ蓄積が実現できるというのが選定理由。

天谷氏:こういったシステムは投資効果をいろいろ考えるより入れた方が早い。また、トップダウンで決める方が効果的だと思います。

さらに2007年には電子帳票モジュールを導入し、より業務組み込み型での運用が開始した。

技術本部 技術管理 チーフ 三沢 壮平 氏

技術本部 技術管理
チーフ 三沢 壮平 氏

三沢氏:SpaceFinderの導入により、ISOで定めた開発フローを実行すれば成果物がその通り自然に貯まっていく仕組みが構築できました。

天谷氏:技術本部は、標準品の開発設計を行う「開発研究」、個別受注品を開発する「商品設計」、製品の評価や技術本部全体の管理業務を行う「技術管理」、お客様の加工に関するアプリケーションを提供する「営業技術」で構成され、これらすべてがSpaceFinderを活用しています。

山岡氏:標準品開発では、基本機種とオプション品それぞれに電子帳票が作成されます。メインの電子帳票には開発要素や機能がリストされ、そのボタンをクリックすると成果物管理と審査承認フローを実現する詳細電子帳票が起動する仕組みです。

技術本部 技術管理 高原 光代 氏

技術本部 技術管理
高原 光代 氏

高原氏:詳細電子帳票の上部分は作成しなければならない成果物のリストで、下部分は審査承認エリアになっています。登録された成果物に対して、チームリーダー、マネージャー、本部長の順で審査承認フローが流れます。差し戻しの場合は理由コメントを参照し修正作業が行えます。差し戻しの履歴を残し、成果物の登録状況とあわせて1つの画面ですぐに見ることができるので便利です。詳細電子帳票画面で管理されているステータスや日付はメイン電子帳票画面に反映されますので、機種毎の開発進捗がメイン電子帳票画面にて即座に把握できます。

山岡氏:新機種は量産前に1000時間の連続運転を行い、すべてのパーツを分解してどこがどれだけ磨耗しているのかをチェックしているのですが、そういったデータも全てSpaceFinderに登録しています。

山岡氏:新機種は量産前に1000時間の連続運転を行い、すべてのパーツを分解してどこがどれだけ磨耗しているのかをチェックしているのですが、そういったデータも全てSpaceFinderに登録しています。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

株式会社松浦機械製作所

株式会社松浦機械製作所

本社
福井県福井市漆原町1-1
資本金
9,000万円(自己資本 160億9,700万円)(2009年4月現在)
従業員
298名(2009年4月現在)
事業内容
多種類の加工を数値制御によって行うマシニングセンタを主力に、金属光造形複合加工機やCAD/CAMシステム等を製造・販売。他社にない一歩先を行く製品開発で、航空機・宇宙業界、自動車・モータスポーツ業界、精密機器、通信、医療など、日米欧を中心とした先進メーカーから高い支持を獲得している。

取材年月日:2010年7月28日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電機・機械業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ