SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 三菱重工業株式会社様

三菱重工業株式会社

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

導入製品SpaceFinder  業界電機・機械    機能DB    用途文書管理  

3拠点にまたがる開発プロジェクトのあらゆるデータを体系化して一元管理。必要な情報が即座に得られ、メンバー間のコミュニケーションも加速。

三菱重工業株式会社

三菱重工業株式会社では、3拠点にまたがって開発を進める『プラズマCVD装置開発プロジェクト』におけるナレッジマネジメントツールとして、SpaceFinderを2002年10月に導入。各種情報を関連付けて一元管理し、情報の有効活用とメンバー間のコラボレーション促進を実現している。その運用状況、導入効果等を、先進技術研究センターの佐竹 宏次 氏と茂中 俊明氏にお伺いした。

お客様のプロフィールはこちら

導入の経緯について

技術本部 先進技術研究センター 先進機械システムグループ 主席研究員 佐竹 宏次 氏

技術本部
先進技術研究センター
先進機械システムグループ
主席研究員
佐竹 宏次 氏

佐竹氏:SpaceFinderは、『プラズマCVD装置開発プロジェクト』用に、2002年10月に導入しました。ナレッジマネジメントツールの導入は、これが初めてです。このプロジェクトには、先進技術研究センター(以下、先進研)のほか、高砂研究所と神戸造船所の技術者が携わります。プロジェクトメンバーが3拠点にまたがるのは初めてなので、効率的に開発を進めるためにはSpaceFinderのようなツールが必要ではないかという意見が、2002年4月のスタート時からありました。

技術本部 先進技術研究センター 応用物理グループ
主任 理学博士 茂中 俊明 氏

技術本部
先進技術研究センター
応用物理グループ
主任 理学博士
茂中 俊明 氏

茂中氏:ナレッジマネジメントシステムについては、3年ほど前に自社開発したことがありますが、定着するには至りませんでした。一般的には、各種データはWindowsのフォルダに分類して管理し、全社標準となっているグループウェアのメール機能を使ってやりとりしていますが、このプロジェクトに関しては、すべて、SpaceFinderで行っています。

SpaceFinderは、ドラッグ&ドロップのシンプルな操作で、研究開発にかかわるあらゆる情報を簡単に出し入れできる。データベース構造は各セクションの業務フローにあわせて自由に設定できるので、業務の流れに沿って自然に情報を蓄積・活用できる。

活用状況について

佐竹氏:現在、先進研、高砂研、神戸あわせて約40人が活用しています。セクションを大きく先進研(実験チーム)、先進研(解析チーム)、高砂、神戸に分け、さらに各プロジェクトメンバーのデータベースを作成してあります。メンバーには各自のデータベースにデータを登録してもらい、共通で使うデータについては、リンクやリファレンスを設定して、体系的なデータベース構造に組み入れています。実験の条件や時系列での詳細な実験結果など、プロジェクトのすべてのデータがSpaceFinderに登録され、それらが全て関連付けて整理されています。それぞれにコメントを付けられますので、暗黙知を形式化し、ナレッジの管理に活用できるのでは、という狙いもあります。

SpaceFinderは、あるCADモデルとその解析結果など、データ単位で相互の親子・孫関係付けることで、情報を構造化することができる。また、リンク、リファレンス機能により、一つのデータを複製を作ることなく異なるデータベース構造に組み込むことで、部門をまたがって情報を有効活用できる。

佐竹氏:SpaceFinderを導入した大きな目的の一つに、日報の改善がありました。先進研の実証実験グループが日々の成果をまとめて、プロジェクト全体に日報として配信しています。その成果に対し、解析グループ、設計グループなど、全員がフォローしながら意見交換をすることで、プロジェクトの日々の運営が行われています。以前はグループウェアのメールで日報を配信していましたが、写真や各種データが添付されるのでデータ量が大きくなり、快適に参照することができませんでした。また、全ての情報が一元管理されていませんでしたから、結果に至る経緯を見ようとすると、別のPCに入っているデータを見なければならないというように、非常に手間がかかりました。SpaceFinderのメール機能では、実データを添付するのではなく、参照してほしいデータの所在をリファレンスとして設定します。受信者は、リファレンスをクリックするだけで必要な情報はすべて入手できます。情報の取得のしやすさ、共有の度合いは、以前とは比べものにならないくらい高まっています。これにより、3拠点にまたがって効率よく開発を行っています。

2007年2月、SpaceFinderの導入とともにシステム設計がスタートし、2007年8月に開発支援システムが稼働を開始した。このシステムはASSYSTと命名。その機能開発や保守運用を、香山氏が一手に担っている。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

三菱重工業株式会社

設立
昭和25年1月11日
本社
東京都港区港南二丁目16番5号
従業員
36,559人(平成14年4月1日現在)
売上高
23,886億円(平成13年4月1日-平成14年3月31日)
事業内容
三菱の創業者、岩崎彌太郎氏による造船事業に始まり、現在では、航空宇宙、原子力、原動機、冷熱、鉄鋼建設、工作機械、紙・印刷機械など、幅広い先端分野で事業を展開する、重工業分野のリーディングカンパニー。

取材日:2003年5月6日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電機・機械業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ