SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 王子エンジニアリング株式会社様

王子エンジニアリング株式会社

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

導入製品SpaceFinder  業界他製造業    機能DB  電子帳票    用途文書管理  

経営スピードの加速、事業部間での情報共有、営業スキルアップなど、営業の本格的な強化で事業の再構築を図る。その情報基盤として、さらに、原価管理、進捗管理等へも展開可能なSpaceFinderは『楽しみなツール』。

王子エンジニアリング株式会社

設立以来、王子製紙グループを主な顧客としてきた王子エンジニアリングは、新規顧客開拓へ大きく舵をきる『事業の再構築』を進めている。2010年に大規模な組織変更を実施。営業・設計・工事の兼務体制を改変し、新たに専任の営業職を全国の拠点に配置した。しかし、手探りの状態が続く『営業の本格的な強化』においては、経営スピードの向上や事業部間での営業情報の共有、営業スキルアップなど、取り組むべきテーマは山積。その課題解決を加速するための情報基盤として、SpaceFinderが活用されている。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の問題点

『営業の本格的な強化』には、経営・営業が一体となった情報のスピードアップが必要

業務本部 管理部 部長 松浦 智明 氏

業務本部 管理部
部長 松浦 智明 氏

松浦氏:当社では、8つの事業部と本社が担当地域を分担して事業を行っています。以前は顧客情報や営業状況等を事業部がそれぞれで管理しており、管理項目やフォーマット、業務フローもまちまちでした。そのため、各事業部から情報を集約するのに、1週間程度かかる場合もあり、経営会議や重要案件の状況、営業動向などの「これを知りたい」というニーズに対して、鮮度の良い情報をタイムリーに入手することができませんでした。

全国に新たに配置した専任営業職から入ってくる情報をいかに共有化し活用するか。営業体制強化と情報基盤構築の、どちらが欠けても課題解決は難しい。

松浦氏:例えば食品や製薬、省エネ関連など、製紙業界以外に打って出るにあたり、どの業界で当社の地盤を築いていくか、地域毎の状況やニーズの変化に対応して、北海道から九州までどこをどう強化するか、といった営業戦略を立てるにあたり、営業現場から得られる商談や引合いのデータが貴重な判断材料になります。

さらに、新たに専任化された営業職のスキルアップも課題。2010年4月、営業体制強化と並行して情報基盤構築の検討を開始された。すでにニーズは明確。その要件に合致するシステムとして兼松エレクトロニクスから提案されたのがSpaceFinderだった。

選定理由

営業日誌へのレスポンスや契約管理・原価管理等に展開可能な、「画期的な仕組み」

松浦氏:引合いや営業日誌の管理等は他のツールでもありますが、営業日誌の記載内容に対して上司がコメントを残せるものは他にありませんでした。複数の帳票に同じ内容は二重入力したくない、といったニーズにも電子帳票連携機能で対応できます。パッケージソフトをカスタマイズするより全然楽で、それまで見たことのない画期的な仕組みでした。

SpaceFinderは電子帳票やワークフローをユーザー自身で作成可能。運用開始後の改善や用途拡大にも柔軟に行える。

松浦氏:当初は営業領域での活用ですが、さらに契約台帳管理や原価管理、進捗管理等にまで拡張したいという構想もありました。SpaceFinderは、そのような用途にも拡張できる応用性の高さも魅力でした。

デモを見たその場で、「これはいける」と感じた松浦氏。2010年6月にSpaceFinderが導入された。

運用状況

電子帳票の連携により、顧客管理台帳・営業日誌・引合い管理を一元化

顧客情報を管理する「顧客管理台帳」、日々の営業活動を記録する「営業日誌」、引合化した案件を管理する「営業取組状況」が相互連携。川上氏が要件をまとめ、兼松エレクトロニクス(以下、KEL)が電子帳票作成を担当した。約1ヶ月間の試行運用を経て営業全員が入力を開始。現在、営業や管理部など約100名が活用している。

業務本部 管理部 川上 是好 氏

業務本部 管理部
川上 是好 氏

川上氏:「営業日誌」を書く際に、その顧客が台帳に未登録の場合は新規登録画面に自動的に切り替わります。見積もり依頼があると「営業取組状況」を起票し、受注、失注までの情報を管理しています。どちらの場合も、登録されている顧客情報が自動的に引用されるので二重入力の手間を削減しています。KELさんに電子帳票のたたき台を作ってもらい、それをブラッシュアップすることでスムーズに作業が行えました。

顧客管理台帳は、企業の事業所単位で登録。多い時で週60件程の新規顧客登録があり、登録数は既に2000件を超えている。

松浦氏:「営業日誌」は営業が日記代わりにも使えます。商談期間が長い案件では訪問回数も増えてきますが、訪問時の商談のポイントや宿題をメモに残すことで次回訪問時に活用できます。さらに、そのメモに対して、上司や部門長等がメッセージやアドバイスを残すことができます。言葉で伝えることはもちろんですが、メモで残しておくということも大事です。そういう意味で、営業教育のためのツールとしても活用しています。

松浦氏:いま引合い残や受注残がどれだけある、といったことも即座にわかるようになりました。今月の大きな引合い案件や受注案件を抽出したり、受注確度の見極めなどにも活用しています。これまでのように、知りたい情報が1週間後にわかるのとは、経営スピードが大違いです。月次の経営会議に使う資料も短時間で作成できるようになり、直近のデータをタイムリーに反映することができるようになりました。SpaceFinderを導入してから、営業予算の着地見込みの精度が遥かに向上しています。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

王子エンジニアリング株式会社

王子エンジニアリング株式会社

本社
東京都中央区銀座4-7-5 王子製紙本館
資本金
8億円(全額 王子製紙株式会社 出資)
従業員
534名(2011年3月現在)
事業内容
王子製紙グループの設備基本計画から資材調達・建設・試運転に至る一連のプロジェクトを遂行すると共に、紙パルププラント、動力・環境設備等の工場建設経験と操業経験により蓄積した技術とノウハウを持って、総合エンジニアリング会社として事業を展開。エンジニアリングから製作・工事に至るまで、多方面にわたって色々の切口からお客様のニーズに応えて、迅速な製品とサービスを提供している。

取材年月日:2012年2月22日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

他製造業業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ