SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 三相電機株式会社様

三相電機株式会社

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

すべての開発案件で、顧客要求仕様や目標価格/ 予定台数/ 目標原価を漏れなく明確化し、部門間で共有。SpaceFinder 導入後、新機種の利益率が改善。要求仕様と設計仕様のズレや設計・量産準備での工程抜け漏れが無くなり、手戻りも削減。

三相電機株式会社

今回は、各部門から計9名の方に出席いただき、非常にチームワークの良い雰囲気での取材となった。しかし、SpaceFinder導入前の課題は、意外にも部門間の連携不足。お話を伺う中で、部門をまたがる業務での「次工程への情報伝達とけじめ」「スピーディな情報共有化」「情報蓄積・分析」を支援する仕組みの必要性が見えてきた。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の問題点

部門間の情報連係不足が、仕様のズレに起因する手戻り・不具合や利益率低下の要因に

品質保証部 副部長 藤原 範和 氏

品質保証部 副部長
藤原 範和 氏

個別受注品が売上の約9割を占める三相電機では、年間約500件もの開発案件が発生。近年の多品種小ロット化や多業種での顧客開拓による案件数の大幅な増化に、部門間での情報共有が追いついていなかった。

藤原氏:例えば、目標価格や予定台数、目標原価を、営業・技術・購買部門間で十分に共有できていなかったために利益率が低下したり、要求仕様が明確に伝達されなかったために手戻りが発生するというように、部門間での情報連携不足に起因する問題が顕在化していました。また、ほとんどが類似設計なのに過去データが再利用できない、案件数が多い中で進捗が見えず遅延が発生する、といった課題もありました。

統括管理部 情報システム課 課長 橋本 真二 氏

統括管理部
情報システム課
課長 橋本 真二 氏

従来は案件管理をグループウェアで実施。しかし、それは「単なる連絡書」になっていたという。

橋本氏:以前使用していたグループウェアは言語が特殊な上、将来性も懸念されました。そのため、開発案件の連絡票は作成したものの、顧客要求仕様の伝達は紙のままでしたし、案件情報と成果物を関連付けて管理したり、進捗を見える化するといった、初期構築後のシステム改善に積極的には動きにくい状況だったのです。

三相電機は、国内唯一のモータ/ポンプ一括メーカーならではの強みを活かし、顧客要求への対応スピードと提案力、そして製品品質の向上を追求。ブランド力を強化し、収益性を高めていく方針だ。2010年、その情報基盤構築に向けて検討を開始し、2011年3月にSpaceFinderが導入された。

開発案件管理・設計~生産準備業務での活用状況と効果

技術部 副部長 長野 浩忠 氏

技術部 副部長
長野 浩忠 氏

部門間連携強化により、利益率改善や開発手戻り削減、量産移行率改善など幅広い効果

まずSpaceFinderが適用されたのは、懸案となっていた開発案件管理。営業が引合いを獲得すると、『営業案件管理』・『要求仕様』を起票。営業部長の決裁を経て技術部に業務が流れる。

長野氏:今回の改善点の一つが『要求仕様』電子帳票の新設。案件スタート時に営業がお客様と詰めるべき技術仕様項目を明確化し、重要な項目の入力を必須化することで、要求仕様が曖昧なまま開発に着手することに歯止めをかけています。これにより、要求仕様の確認に手間がかかったり、その手間を省略したために手戻りや不具合になったり、見積もり精度が落ちて利益率が低下するといった問題を防止。さらに、お客様の要求仕様にプラスして、一歩踏み込んだ仕様の提案も可能になりました。

見積もり依頼時に、要求仕様が「埋まっているか、いないかは大きな差」と語る長野氏。見積もり精度は格段に向上している。また、当初は、営業がここまでやるのかという意見もあったが、この運用を定着させることで、営業のレベルアップにもつながっているという。

技術部 副部長 小畑 直人 氏

技術部 副部長
小畑 直人 氏

~新機種の利益率が改善~

『要求仕様』電子帳票には、目標価格/予定台数/目標原価等も記入。その情報共有も、従来の課題だった。

小畑氏:以前は、目標価格を書かずに見積もり依頼が来たり、1万台のロットと10台のロットを同じ価格で販売したこともありました。少品種・多ロットの時代は、それでも大きな問題にはならなかったのですが、多品種・小ロットの時代になり、小ロット品において部品価格がUP→赤字化していたものが、目標価格/予定台数/目標原価を明確化・共有化したことで、このような案件の見積精度が向上し、SpaceFinder運用開始以降、新機種の利益率が改善しました。

技術部 開発課 課長 今川 優 氏

技術部 開発課
課長 今川 優 氏

今川氏:設計の見積もりよりも大幅に高い価格で部品を仕入れるというように、購買部門との情報共有不足で利益率が低下することもありました。今は、技術部が設定した価格に沿って購買部門が交渉を行い、価格が合わない場合は理由を明らかにして技術部に返ってくるというように連携がとれるようになりました。

価格情報は『設計管理帳票(右頁③)』に引き継がれ、『要求仕様』とも連携することで、確実に情報を伝達。さらに、『設計進捗管理票(右頁④)』では、設計工程と期日、成果物を明確化し共有。各工程は承認ルートを経て完了する。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

三相電機株式会社

三相電機株式会社

本社
兵庫県姫路市青山北一丁目1番1号
資本金
871,600千円
従業員
573名(連結)
事業内容
「良い品を早く安く安全に心をこめて」「まず素直 ことは愚直に誠実に」を基本方針に、各種モータ/ポンプ、モータ応用製品/部品の開発製造を行っている。国内で唯一のモータ/ポンプ一括メーカーとして、品質・納期の両面で幅広い顧客から支持を獲得。顧客数は2000社を超えている。
WebSite
http://www.sanso-elec.co.jp/

取材年月日:2013年4月23日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電機・機械業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ