ページの本文へ

SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 東芝テリー株式会社様(2)

東芝テリー株式会社

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら事例ご希望の方はこちら

導入製品SpaceFinder  業界電機・機械    機能DB  電子帳票  ワークフロー    用途品質情報管理  クレーム管理  不具合再発防止  

品質問題の未然防止に向けて『プロセス上流品質改善』活動を推進。品証と現場が協力して、市場/工程内不具合の再発防止、変化点の予兆管理、過去トラDB化による企画・設計品質改善等の施策を次々と展開。

東芝テリー株式会社

産業用カメラメーカーである東芝テリーでは、品質保証サービス部門と関係各部門が『プロセス上流品質改善』活動を推進している。各部門で生成される様々な品質情報をSpaceFinderに集約し、上流プロセスへのフィードバックや予兆管理に活用。複雑化・煩雑化する品証業務の効率化でも効果を発揮している。まず、同社の品質保証を取り巻く環境の変化からお話をお伺いした。

お客様のプロフィールはこちら

品質保証を取り巻く環境変化

グローバル化の進展で品質リスクが増大。未然防止に向けた重点的な取り組みが求められる

品質保証サービス部 品質保証担当 グループ長 小林 真人氏

品質保証サービス部
品質保証担当
グループ長
小林 真人 氏

小林氏:近年のグローバル化の進展が、品質保証に様々な影響を与えています。一つは、品質問題が発生した場合の社会的信用や経営へのダメージが非常に大きくなっており、未然防止は理想ではなく現実的な命題となっています。また海外調達部材の増加やものづくりの海外シフトに伴い、製品品質確保のための工程確認や指導にかかる手間が大幅に増加。製品仕向け国ごとの環境/安全等の法令対応も複雑化・煩雑化しています。これからは、このような状況に対応しつつ、品質問題の未然防止を今まで以上に徹底しなければなりません。

品質問題を未然防止するためには、プロセスの上流に手を打つことが最も効果的であることから、東芝テリーでは、『プロセス上流品質改善』をテーマに部門横断的な取り組みを推進している。

小林氏:この取り組みでは、設計・調達・製造・サービスそれぞれの上流での品質活動に重点的に取り組むとともに、サービス/品証から設計へのフィードバックを強化したり、ケーススタディ(過去トラ)事例の活用を推進するなど、より上流プロセスである企画・設計での仕様や品質の作り込みを強化しています。

部門横断で進める品質改善活動は、業務への落とし込みや進捗管理が滞りがち。SpaceFinderは、このような課題解決にうってつけのソフトウェアだ。東芝テリーは2006年にSpaceFinderを導入し、修理/苦情対応のリードタイム短縮に成果を上げてきた長年のSpaceFinderユーザー。そして今、『プロセス上流品質改善』を支える情報基盤として、運用拡大が進められている。

運用状況

部門横断で進める『プロセス上流品質改善』の情報基盤として、次々と適用業務を拡張

品質保証サービス部 サービス担当 グループ長 栗尾 幸則氏

品質保証サービス部
サービス担当
グループ長
栗尾 幸則 氏

東芝テリーは今期(2015年度)、SpaceFinderをJAVA版より.NET版にバージョンアップし、操作性や機能、レスポンスを改善。さらに、設計と営業部門全員にライセンスを配布して、運用拡大を進めている。現在、7業務で電子帳票/ワークフローが運用されており、4つの業務で運用を構築中で、5業務への新たな適用を計画している。

~サービス/苦情情報の集計分析を強化し、設計にフィードバック。設計対応の進捗・期限管理にも活用~

栗尾氏:SpaceFinderに登録されたサービスや苦情情報の中で、同一製品の故障発生状況等をウォッチ。ある期間の出荷数に対して故障頻度が高くなる傾向がみられる場合は、詳細を分析して『設計検討依頼書』の発行や事業BU別のQS分科会、全社QS会議で市場情報を上流にフィードバックするといった活動を行っています。修理対応の際に、故障状態や再現性、作業区分を帳票入力することで検索性を高め、分析対象の抜け漏れを防止。また、サービス部門内の取り組みとしては、蓄積したデータを段取りミーティングや工程進捗確認に活用しています。

設計へのフィードバックの仕組みもSpaceFinderにて構築中。近くリリースが予定されている。

小林氏:製造部門やサービス部門などの後工程から設計部門への改善検討依頼は、Excelの帳票をメールに添付して送付していますが、設計からの回答が滞る場合があります。また、当社は多品種少量生産なので、「次ロットで対応」といった場合に製造間隔が空くことがあり、その間忘れないように台帳管理も必要です。これをSpaceFinderで運用することで、依頼から回答、対策実施までの進捗見える化や期限管理が可能になります。期日までに回答がない場合は、設計担当者や上長にアラートメールを自動配信することで、確実に依頼~回答プロセスを回せるようになると期待しています。また、管理台帳の作成や更新作業が不要になり、工数削減にも貢献できると考えています。

品質保証サービス部 品質保証担当 主務 向坂 芳貴氏

品質保証サービス部
品質保証担当
主務
向坂 芳貴 氏

栗尾氏:SpaceFinderのバージョンアップで追加されたタブ機能を使って、サービス依頼書/修理報告書に『Needs Wants』というページを設けました。修理品に添えられたコメントから読み取れるお客様の満足・不満足や、現場でサービスマンがお客様からお聞きしたことを入力しています。そういった『顧客の声』を蓄積し、集計分析して、商品企画にフィードバックしたいと考えています。

タブ機能は大量の情報を、ページをめくる感覚で1つの電子帳票内に表現できる。部門毎に入力項目が違う場合でも帳票のバリエーションを作る必要がなく、運用管理もシンプルになる。

~調達部品の品質改善に活用~

向坂氏:調達部品に不適合があると、CAR(コレクティブ・アクション・リクエスト)シートを起票し、不適合内容や要求事項、回答期限等を入力した上で、調達先業者に不適合通知書を発行します。回答状況や回答遅延日数を集計でき、長期間未回答の場合は個別に督促します。CARシートを出力する際、社外非開示の項目は自動的に非表示になるようにしています。

基幹システムとの連係により、発注データや取引業者の情報、品名等の帳票入力を自動化。入力ミスの防止と起票作業のスピードアップを図っている。

小林氏:海外の部材加工業者は、ものづくりのノウハウ蓄積が不十分な場合が多いので、品質を確保するためには、納品される部品の現品検査にとどまらず、製造現場で現物の加工作業に立ち会って工程確認を行ったり、繰り返し品質指導を行うなど、上流プロセスでの対応が重要です。そのため、CARシートの発行件数が多い業者に対しては、計画的な品質監査を実施しています。またCARシートに記載された情報は、是正対応が定着していることを監査や品質指導の際に確認するためにも活用しています。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

東芝テリー株式会社

東芝テリー株式会社

本社
東京都日野市旭が丘4丁目7番地1
資本金
2億6千万円
従業員
352名(2015年4月現在)
事業内容
カメラ技術をコアとした映像システムソリューションにより、社会生活や企業活動の進化にさまざまな角度から貢献。マシン&メディカルイメージング事業、セキュリティ&監視カメラシステム事業、電源・伝送事業の相乗効果で、イノベーションを加速している。
USB3 Vision CAMERA BU シリーズ

USB3 Vision CAMERA BU シリーズ

USB3 Vision CAMERA BU シリーズ

USB3.0規格を採用した一体型カメラ。

映像出力・カメラ制御にUSB3.0インターフェースを介することにより、高速で高解像度の画像処理に適し、パソコンへの接続が容易。

「映像情報Industrial」主催 第12回 映像情報AWORD 金賞受賞

2014年に映像情報Industrialで発表された新製品・新技術の中から、読者の投票によって決定。

取材年月日:2015年5月22日

   

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電機・機械業界でのユーザー事例


ユーザー事例はまだまだございます。

ユーザー事例をもっと見る

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ