SpaceFinder
  1. SpaceFinder トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 某有名電機メーカー様

某有名電機メーカー

導入製品SpaceFinder  業界電機・機械    機能DB  電子帳票  ワークフロー    用途開発案件/テーマ管理  クレーム管理  文書管理  

DR資料や議事録をはじめとする設計情報・品質情報・試験情報を”情報ネットワーク化”。品質設計力の向上と開発の効率化で、発売遅延による利益喪失の防止、不具合・手戻りによるロスコストの削減を図る。

某有名電機メーカー

某有名電機メーカーでは、新製品の発売遅延による利益喪失や品質費/仕掛かり品費が経営課題になっていた。開発ボリュームの増大により技術者が開発に追われ、ノウハウや情報の共有化が疎かに。その結果、不具合・手戻りや業務の非効率が頻発し、開発現場をさらに圧迫するという悪循環に陥っていた。問題解決のためには、業務効率を向上しながら情報の蓄積と活用を加速する仕組みが必要。その情報基盤として導入されたのがSpaceFinderである。

導入前の問題点

情報共有化不足に起因する業務の非効率や不具合・手戻りが製品開発のあらゆる場面で発生

家電製品技術部 家電計画グループ 海外製品開発グループ リーダー 関根 加津典 氏

家電製品技術部
家電計画グループ
海外製品開発グループ
リーダー
関根 加津典 氏

関根氏:当社では、技術者が設計・開発以外の業務も多く抱え、さらにカスタマイズ案件の増加により、開発に追われる状況が続いていました。また、紙ベースでの情報管理のため、過去の類似案件や評価データ等の検索に非常に手間取ったり、設計変更理由が記録として残らず、担当者が変わると同じ失敗をしてしまうなど、開発のあらゆる場面で業務の非効率や不具合・手戻りが発生していました。

設計変更書類が埋もれて原価低減の実施が遅れたことも。また、技術者が個人商店化し、板金設計やガラスの印刷等の得意な人を探すのに時間がかかったり、設計上の注意点を記憶頼りで答えるため100%網羅した回答は難しく、開発が進んでから手戻りが発生することもあった。

関根氏:後工程になればなるほど試作台数が増えていくので、ちょっとしたミスが大きなロスにつながります。極力早い段階で問題を潰していきたいのですが、実際は開発工程のあらゆる場面でミスが起きていました。

製造管理部 技術管理課 課長 高橋 裕司 氏

製造管理部 技術管理課
課長
高橋 裕司 氏

関根氏:後工程になればなるほど試作台数が増えていくので、ちょっとしたミスが大きなロスにつながります。極力早い段階で問題を潰していきたいのですが、実際は開発工程のあらゆる場面でミスが起きていました。

ロスコストは「結構かかっていた」と語る関根氏。工程内不具合・手戻りのほとんどが再発。その多くは情報やノウハウの共有不足に起因。

高橋氏:近年、1つの代表型番に対して、販売店様のご要望を反映した派生機種が大幅に増加しています。それを少数の開発人員で分担するので、1人当たりの開発ボリュームは物凄い状況になっています。そのため、技術者は開発に追われて、情報の蓄積や共有が行き届きません。共通の情報基盤を構築し、過去の案件情報や不具合事例等を誰でも活用できるようになれば、もっと状況は違ってくると考えました。

このような状況のもと、2010年夏にシステムの検討が開始された。

システム選定

自分達で設計・変更できなければ、自分達が使いやすいシステムは実現しない

関根氏は、ツール選定にあたり幅広く情報を収集。それらを4つに分類し比較検討を行った。

関根氏:DBソフトは大容量データの管理には不向き。コンサルティングへの依頼はコストが膨大で、ちょっとした変更にも費用がかかる。ファイル管理ツールや工程管理ツールは決められたフォーマットに業務をあわせる必要があるので導入は難しいと判断しました。

なるべく技術者に抵抗感を与えることなく導入するために、従来の紙のフォーマットをそのまま電子化してスタートしたかったと語る関根氏。

関根氏:その点、SpaceFinderは操作がしやすく、インタフェースが優れているので、システムの知識がなくても電子帳票やワークフローを自分達で作成できます。これまでの経験で、情報システム部門と何百時間話したとしても、自分達が使いやすいシステムは作れないだろうと感じていました。システム変更の容易性は使いやすさに直結しますので、そこは自分達の手の内に持っておきたいと考えました。

システムコンセプト

設計情報・品質情報・試験情報をシステム化。さらに、相互連携で効果拡大を図る

検討の結果、2011年3月にSpaceFinderを導入。現在の問題点を議論し活用方法が検討された。

関根氏:システム設計でこだわったのは、技術者自身がうれしいことだけを取り入れるということです。そのため、設計部門や技術管理部部門から代表者を選出して、自分たちが便利だと感じる事、今苦労して時間がかかっている事はなんだろうと喧々諤々議論し、また、幅広い技術者にもヒアリングを行いました。

それらを分類・整理すると、設計業務、品質情報、試験情報に集約され、それぞれをシステム化することで方針が固まった。さらに、3つのシステムを相互リンクすることで、”情報ネットワーク”の強化も図ることに。

関根氏:設計情報、品質情報、試験情報を個別にシステム化した上で、SpaceFinderの帳票連携機能を使って”情報ネットワーク化”する計画です。これにより、例えば、過去の類似機種を検索すると、設計資料はもちろん、品質情報や試験データも参照できるようになります。また、現在開発中の機種の試験データを設計者がすぐに参照できる、市場クレーム情報と、その原因究明の試験データも関連して参照できるといった、設計品質の向上や開発効率化に活用できます。特に部門間を越えた情報のネットワーク強化は効果が大きいと思います。

図解付き詳細事例をお送りします。

  事例希望の方はこちら  

取材年月日:2012年4月11日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

電機・機械業界でのユーザー事例

お問い合わせ・資料請求

SpaceFinderに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京(担当:ENSグループ)

03-6716-0464

大阪(担当:NNSグループ)

06-6374-9313

名古屋(担当:CNSグループ)

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

SpaceFinderサポートデスク

ご購入後の操作説明やトラブル等についてのお問い合わせを下記にてお受けします。

※お問い合わせは、技術サポート契約中のお客様に限らせていただきます。

※技術サポート契約のお申し込みは、担当営業もしくは販売代理店までご連絡ください。

ご購入後のお問い合わせ(技術サポート契約中のお客様)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ