設備CAD/スペックイン営業支援

【業界唯一】
空調機メーカーのダイキンが開発し、20年以上の販売実績を持つ設備CAD

ダイキン設備CADは、業界唯一、空調機器メーカーとして培ったノウハウと最先端の技術を活かして開発された、販売から20年以上の実績のあるCADです。
お客様の現場の声に耳を澄まし寄り添い、声を取り入れ、共に進化し続けます。

空調のダイキン

1951年に日本で初めてエアコンを開発して以来、長年培ってきた空調の技術によって、お客様の様々な生活シーンをいっそう快適にする空調機・システム、ソリューションサービスを、世界中で提供し続けています。私たちは、家庭はもちろん、オフィスや店舗などの身近な生活空間から、工場やドーム球場、空港などの大型施設の大空間、病院や飲食店の厨房といった特殊な空間に至るまで、幅広い対応技術と商品の品揃えをもつことで、全世界のあらゆる風土に合った、あらゆる空調ニーズに応えています。

ダイキン工業空調機イメージ

ダイキンのITソリューション

まだ黎明期だった3次元コンピュータグラフィックス技術を使って気流の動きや分子構造を可視化するソフトウェア・ハードウェアを自社開発し、エアコンの開発に活用していました。それらを販売開始したのがIT事業の始まりです。

設備CADの開発

最新設備CAD「FILDER Cube」
~BIM対応・大容量図面もラクラク操作~

ダイキン工業は空調機総合メーカーとして長年設備業界とともに歩んできました。そこで蓄積したノウハウや技術を活かしCAD開発に取組み、設備専用3次元CAD「FILDER Cube」をリリースしました。
図面上に配置した室内機から適切な口径を自動計算する「冷媒管自動計算機能」など、ダイキンならではの機能をもつ最新設備CADです。
お客さまの業務効率化、生産性向上に貢献します。

製品一覧

ダイキン設備CAD FILDER Cube 画面

ダイキンの取り組み

BIMを活かしたシミュレーションとの連携
~事前検証による品質向上と効率化~

3D建築モデルを使ってFILDER Cube経由でシミュレーションシステムへシームレスに連携し、気流解析を行う

新規物件の設計時の提案検討はもちろん、室内機レイアウト変更による改善提案や空調補機の併設による改善提案、さらには換気装置の増設によるIAQ(Indoor Air Quality)改善提案等々、さまざまなリニュアル提案にも応用できます。

室外機配置検討シミュレーションにBIMを応用した室外機ショートサーキット予測ステムの研究

ショートサーキット

3Dビルディングインフォメーションモデル(BIM)対応

建設業界で普及が進むBIMに対応し、複数階の建物全体の設備図を3次元で確認・編集することが可能です。鋼材や吊り金具、ボルトなどの部材も3次元で表現され、平面図だけでは難しかった各階の配管同士の干渉箇所も3次元で確認しながら変更することができます。また、3次元の設備図上で編集した内容は、平面図にも即座に反映されます。平面図においても、設備部品の形状や向きなどの細部までリアリティを追求し、図面の見誤りを防止します。精度の高い設備図を作成することで、施工時の手戻りを防ぎ、工数の削減につながります。

設備専用3次元CAD「FILDER Cube」をベースに、徹底して施工会社の立場に立ったメリットを追求しているのが大きな特徴です。

  • 1
    早い段階で施工図、製作図のすり合わせによる手戻り削減
  • 2
    上記他による工期の短縮化とコストダウン
  • 3
    3次元化(見える化)による施工関係者の理解の深化
  • 4
    見積り・材料発注等の関連業務の負荷軽減
  • 5
    シミュレーションを幅広く活かした事前検証による品質向上と効率化

私たちは徹底して施工者の立場に立ったBIMへのアプローチを続けていきたいと考えています。

ダイキン設備CAD BIM対応 3Dイメージ
FILDER Cube によるBIM運用イメージ

設備専用CADの黎明期から今日まで
最先端の製品をご提供しています。

  1. 1988年

    業界初の32ビットグラフィック・ワークステーションを採用した建築設備CADシステム「AUTO-HAS」をリリース

  2. 1995年

    Windowsに対応した建築設備CAD「AUTO-HAS/WIn」をリリース

  3. 1999年

    機能性に優れた業界初のオブジェクト指向採用建築設備CAD「FILDER」をリリース

    オブジェクト指向採用建築設備CAD「FILDER」
  4. 2002年9月

    設備業務統合化システム「FILDER/CALS 新しいタブで開きます」リリース

    設備業務統合化システム「FILDER/CALS」
  5. 2004年9月

    シンプルな操作性と高機能性を両立した建築設備CAD「FILDER_PLUS 新しいタブで開きます」リリース

    シンプルな操作性と高機能性を両立した建築設備CAD「FILDER_PLUS」
  6. 2010年1月

    使い易さ、作業効率、投資対効果を徹底追求 建築設備CAD「FILDER Rise 新しいタブで開きます
    電気設備CAD「FILDER Rise 電気 新しいタブで開きます」をリリース

    使い易さ、作業効率、投資対効果を徹底追求 建築設備CAD「FILDER Rise」
  7. 2015年1月

    BIMに対応し、建物全体の設備図を3次元で確認・編集できる次世代設備CAD「FILDER Cube 新しいタブで開きます」、電気設備CAD「FILDER Cube 電気 新しいタブで開きます」リリース

    BIMに対応し、建物全体の設備図を3次元で確認・編集できる次世代設備CAD「FILDER Cube」
  8. 2015年9月

    設備CADと連動し物件データの一元管理ができる設備部材業者向け営業支援ツール「FILDER PROPP_uni 新しいタブで開きます」をリリース

    設備CADと連動し物件データの一元管理ができる設備部材業者向け営業支援ツール「FILDER PROPP_uni」

ご購入前のお問合わせ

カタログのご請求、ご購入前のご相談は、こちらのフォームよりお問合せください。
お電話でのご相談はお近くの拠点へ、お気軽にご相談ください。

ご購入のご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 平日:月~金9:00-17:30(土・日・祝日休み)

設備CAD/スペックイン営業支援

製品情報

建築設備CAD

  • FILDER Cube
  • FILDER Cube 電気
  • FILDER Rise
  • FILDER Rise 電気

営業支援ツール

  • FILDER PROPP_uni

ライセンス

  • ライセンスシェアリング

ビューア

  • FILDER Cube ビューア
  • FILDER Rise ビューア

関連サイト

ページの先頭へ