ダイキン設備CAD FILDER Rise|最新バージョン

拠点MAP
東京
大阪
名古屋
福岡
ダイキン設備CAD FILDER Rise

TOP >> 製品情報 >> FILDER Rise >> 最新バージョン

建築設備CADFILDER Rise 最新バージョン

FILDER Rise V1.91 新機能紹介(2016/06/16リリース)

以前のバージョンの機能紹介は、こちらをご覧ください。

1新機能、機能改善

Windows10に対応いたしました。
平行線
平行線のモード「線分(平行線)」で配管・ダクトに保温表示のように平行線が配置できるようになりました。
開く
DWGファイルを読込み後、メモリ使用量を減らし、複数図面を開いた状態でもスムーズに作図ができるようになりました。
勾配指定
勾配付加時、経路の途中で高さ違いの段差がある場合、末端側の継手高さを固定し、段差部位にて高さ調整をすることにより、接続が保持されるようになりました。
単複変換
[単複変換]コマンドで単線に変更する時、配管・ダクトとも自動的に系統記号が付加されるようになりました。
器具
「閉止板」等を器具同様に器具名付加、材料集計できるようになりました。
ダクト損失計算
ダクト損失計算の処理を見直し、分岐が含まれる場合でも抵抗結果が出力されるようになりました。
移動
ドン付け+S字枝部分のS字枝部分のみを選択し、主管に平行に伸縮移動しても、ドン付けのみが移動できるようになりました。
個人設定
Windows7の画面の設定をベーシック・クラシックにした場合でも、サブモニターでFILDER Riseの画面を最大化できるようになりました。
BE-Bridge
BE-Bridgeのフレキの通過点の読込精度を向上し、滑らかに表示されるようになりました。

2障害改善項目

衛生配管
塩ビ小口径マス配管で、45度で枝管を作図すると、立面表示したときに逆さに表示される現象を改善しました。
色選択固定
図形選択にて、ミニツールバーの「色」クリック後、範囲選択するとシステムエラーとなる現象を改善しました。
倍率(%)
スイッチの倍率を複数同時に変更しようとすると、以前の倍率のスイッチが残ったまま新しい倍率のスイッチが2つ重なって配置されてしまう現象を改善しました。
JWW
特定のJWWデータを開くと、一部図形が消える現象を改善しました。

  • ※詳細は、FILDER Riseリリースノートをご覧ください。
  • [対象]
    通常版/最適化ソリューション版の「FILDER Rise V1.810」以上をお持ちのお客様
  • [注意]
    本バージョンアップアップパッケージは、FILDER Rise V1.7xx 以下のバージョンをお使いの方はご利用できません。
    現在お使いのバージョンが V1.810 以上になっていることをご確認の上、ご利用ください。

最新バージョンダウンロード





製品情報

電子システム事業部 営業部

  • 東  京 03-6716-0475 MAP
  • 大  阪 06-6374-9315 MAP
  • 名古屋 052-955-0752 MAP
  • 福  岡 092-475-1620 MAP

平日:月~金9:00-17:30(土・日・祝日休み)