ページの本文へ

設備CAD/スペックイン営業支援
  1. 設備CADトップ
  2. 製品一覧
  3. 設備CAD FILDER Rise 電気
  4. FILDER Rise 電気 過去のバージョン

FILDER Rise 電気 過去のバージョン

FILDER Rise 電気 過去のバージョン

電気設備CAD FILDER Rise 電気 画面

FILDER Rise 電気 過去のバージョン

FILDER Rise V1.91 新機能紹介(2016/06/16リリース)

このページはFILDER Rise 旧バージョンのご紹介ページです。

最新バージョンの機能紹介は、こちらをご覧ください。

1新機能、機能改善

  • Windows10に対応いたしました。
  • 平行線
    • 平行線のモード「線分(平行線)」で配管・ダクトに保温表示のように平行線が配置できるようになりました。
  • 開く
    • DWGファイルを読込み後、メモリ使用量を減らし、複数図面を開いた状態でもスムーズに作図ができるようになりました。
  • 個人設定
    • Windows7の画面の設定をベーシック・クラシックにした場合でも、サブモニターでFILDER Riseの画面を最大化できるようになりました。
  • BE-Bridge
    • BE-Bridgeのフレキの通過点の読込精度を向上し、滑らかに表示されるようになりました。

3障害改善項目

  • 色選択固定
    • 図形選択にて、ミニツールバーの「色」クリック後、範囲選択するとシステムエラーとなる現象を改善しました。
  • 倍率(%)
    • スイッチの倍率を複数同時に変更しようとすると、以前の倍率のスイッチが残ったまま新しい倍率のスイッチが2つ重なって配置されてしまう現象を改善しました。
  • JWW
    • 特定のJWWデータを開くと、一部図形が消える現象を改善しました。
  • 詳細は、FILDER Rise電気 リリースノートをご覧ください。
  • [対象]
    通常版/最適化ソリューション版の「FILDER Rise 電気 V1.810」以上をお持ちのお客様
  • [注意]
    本バージョンアップアップパッケージは、FILDER Rise 電気 V1.7xx 以下のバージョンをお使いの方はご利用できません。
    現在お使いのバージョンが V1.810 以上になっていることをご確認の上、ご利用ください。

FILDER Rise 電気 V1.81 新機能紹介(2014/10/06リリース)

1新機能、機能改善

  • 文字修飾
    • 文字にアンダーライン、ボックスの修飾ができるようになりました。
  • ハッチング
    • 「天伏せ・タイル」で使用可能なハッチングパターンが追加されました。
  • 複写
    • マウス操作により任意の大きさに拡大・縮小しながら複写ができるようになりました。
  • 変形
    • 図形および部品をまとめて変形できるようになりました。

2操作性向上

  • ハッチング
    • 領域(矩形)指示でハッチングを作図できるようになりました。
  • 移動/複写
    • 水平・垂直方向へ固定して移動/複写ができるようになりました。
  • 選択
    • 同じ型番の電気シンボル・機器が簡単に選択できるようになりました。
    • また、色の選択固定がミニツールバーでできるようになりました。
  • シート内図形選択
    • シート内の図形や部品等(補助線含む)を一括選択できるようになりました。
  • 画像貼付け
    • 画像データが、クリップボードで貼付けできるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 電気シンボル
    • スケールごとにシンボルサイズを割り当てることができるようになりました。
    • 電気シンボルの高さを個別または分類ごとに設定できるようになりました。
  • 円弧配線
    • 配線(渡り配線含む)作図で、円弧配線の作図・編集ができるようになりました。
  • レースウェイ/ダクト/バスダクト
    • レースウェイ、ダクト、バスダクトの作図ができるようになりました。
  • 高さ変更
    • 電気シンボルの高さ変更で、配線と同じ高さから変更すると立方向の配線ができるようになりました。逆に、配線と異なる高さから同じ高さに変更した場合、立方向及び立ての曲がり部分がなくなり、直接接続するようになりました。

4部材追加

  • 電線登録
    • 低圧エコケーブルEM-CEを追加しました。
    • メッセンジャーワイヤーを追加しました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。
  • 対象:通常版/最適化ソリューション版の「FILDER Rise 電気 V1.710」以上をお持ちのお客様
  • 注意:本バージョンアップアップパッケージは、FILDER Rise 電気 V1.6xx 以下のバージョンをお使いの方はご利用できません。
  • 現在お使いのバージョンが V1.710 以上になっていることをご確認の上、ご利用ください。

FILDER Rise 電気 V1.71 新機能紹介(2014/02/26リリース)

1新機能、機能改善

  • PDFファイルの図面取り込み
    • フォント、線種情報を取り込めるようになりました。
  • 隠線処理
    • 重なりあった配管、ダクト、電線の削除時に、隠線が自動的に復活するようになりました。
  • 平行線
    • 無限線を平行線の基準線として指示できるようになりました。
  • 環境設定
    • グリッドの設定内容が図面ファイルに保持されるようになりました。
  • 3Dビュー作成
    • 透過と透過が重なった際にも、透過したもののエッジを表示することで裏側のものが見えるようになりました。
  • 壁・梁伸縮
    • 芯も同時に伸縮されるようになりました。

2操作性向上

  • 平行線
    • 平行線をエンターキーを押すことで等間隔に連続して作成できるようになりました。
  • 画面スクロール
    • 移動(複写)コマンド実行中、Shiftキーを押しながら矢印キーを押した場合には、移動(複写)中の図形を回転せず画面をスクロールできるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 電気シンボル
    • 電気シンボルを配線上に挿入できるようになりました。
  • 拾い
    • 電線、電線配管に関し、みつもりソフトとの連携精度を向上しました。
  • 拾い・材料集計
    • 配線省略時の集計方法をL字、直線の2種類から選択できるようになりました。
  • 条数
    • 3芯の配線の1芯をアースに使う場合の条数を付けることができるようになりました。例えば、VVF1.6-3C の条数を // \のように表示できるようになりました。
  • 電気設定
    • 工事種類、追加配線、電線、配管の登録情報をインポート/エクスポートできるようになりました。

4部材追加

  • 電線登録
    • LANケーブルを追加しました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。
  • 対象:通常版/最適化ソリューション版の「FILDER Rise 電気 V1.610」以上をお持ちのお客様
  • 注意:本バージョンアップアップパッケージは、FILDER Rise 電気 V1.5xx 以下のバージョンをお使いの方はご利用できません。
  • 現在お使いのバージョンが V1.610 以上になっていることをご確認の上、ご利用ください。

FILDER Rise 電気 V1.61 新機能紹介(2013/10/01リリース)

1新機能、機能改善

  • Windows8対応
    • Windows8をサポートしました。
  • PDFファイルの図面取り込み
    • PDFファイルを画像ではなく、図形データとして取り込めるようになりました。
  • 補助線領域指定
    • 補助線を作図したい領域を指定し、領域内にのみ補助線を作図できるようになりました。
  • 寸法値修正移動・伸縮移動
    • スリーブ・インサートも寸法値修正移動ができるようになりました。またスリーブ・インサートの伸縮移動に寸法線が追従するようになりました。
  • 他CADデータとの互換性向上
    • AutoCAD2013形式の入力に対応しました。BE-BridgeV5.0、V6.0形式の入出力に対応しました。
  • 図面、写真・イラスト
    • PNG形式のファイルも貼り付けられるようになりました。
  • 消しゴム
    • 画像上のゴミをマウスでなぞることで消せるようになりました。

2操作性向上

  • 外部参照
    • マウスで参照図面の基点が指示できるようになりました。また、参照図面をあとから移動できるようになりました。
  • 面積計算
    • 頂点指示で通過点指示時、始点と同じ位置を指示した場合にも確定するようになりました。
  • コントロールポイントによる伸縮
    • ラベルやサイズ記号、傍記の引出し線をコントロールポイントで編集する際にも角度補正が効くようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 配線作図
    • 電気シンボルと異なる高さの配線を作図する際、電気シンボルの接続点を指示してもプロパティの高さが電気シンボル高さに変わらなくなり、高さを再入力することなく作図を継続できるようになりました。
    • プルボックスのような1つの電気シンボルに対し、同一線上に複数の配線を作図したい場合に、配線上を指示することで簡単に流し込んで作図できるようになりました。
    • 電気シンボルに接続時、電気シンボルの形状領域内を指示すると自動的に接続されるようになりました。

4部材追加

  • 電気シンボル登録
    • 照明器具、スイッチ、コンセントのシンボル形状を追加しました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。

FILDER Rise 電気 V1.51 新機能紹介(2012/12/12リリース)

1新機能、機能改善

  • 吹き出し文字
    • 図面の修正チェック内容や注意点などを記載する吹き出し文字を作図できるようになりました。
  • 整列機能
    • 文字等の汎用作図図形、電気シンボル等の部品を等間隔に整列させたり、 位置をそろえたりすることができるようになりました。
  • スケール指定・領域指定印刷
    • 従来の倍率指定に加え、スケール指定、領域指定での印刷ができるように なりました。
  • IFC形式のファイル読み込み
    • BIMの標準データとなるIFC形式のファイルを読み込めるようになりました。これによりIFC形式の3次元建物データを躯体部品として取り込むことができます。
  • 3Dビュー作成
    • 文字、ラベル、線分、円等の2次元部品を3Dビューワの地平面に表示するようになりました。

2操作性向上

  • コントロールポイントによる伸縮
    • コントロールポイントにて線分、ラベルの引き出し線の角度を保持したまま伸縮移動できるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 電気シンボル化
    • 汎用CADで作図された図面内の照明器具等の図形を電気シンボルとして認識し、FILDER Rise電気機能での編集や材料集計ができるようになりました。
  • 配線化
    • 汎用CADで作図された図面内の電線図形を電線として認識し、FILDER Rise電気機能での編集や材料集計ができるようになりました。
  • 配線作図強化
    • 一般作図図形やラスター上の電気シンボル上で折り返して作図する場合にも、自動整列されるようになりました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。

FILDER Rise 電気 V1.413 新機能紹介(2012/07/13リリース)

1新機能、機能改善

  • 3D表示
    • 操作性、レスポンスを大幅に改善しました。また、メモリ使用量を削減し、大容量の図面にも対応できるよう改善しました。
  • 干渉チェック
    • 干渉箇所の一覧を表示、一覧をクリックすることで図面内、および3Dビューワで干渉箇所を確認できるようになりました。

2操作性向上

  • リボンメニュー操作性向上
    • アイコンを押すことなく、マウスカーソルをリボンメニュー上に合わせるとサブメニューを自動表示するようになりました。
  • マウス操作改善(確定操作)
    • マウスの右ボタンをクリックすることで確定操作ができるようになりました。
  • マウス操作改善(拡大、縮小)
    • マウスホイールを回転させるとカーソルの下のウィンドウが拡大/縮小されるようになり、複数ウィンドウ使用中の画面拡大/縮小時にウィンドウを切り替えるためのクリック操作が不要となりました。
  • 角度補正
    • プロパティに座標軸を傾けるためのボタンを追加し、図面内の図形の角度に合わせ簡単に作図ができるようになりました。
  • 平行線
    • 平行線コマンド専用のミニツールバーを追加し、手元で操作できるようになりました。
  • ファイラー
    • エクスプローラ同様、右側の欄にもフォルダを表示、選択できるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 電気シンボルユーザ登録
    • 電気シンボルを登録できるようになりました。
  • 電気シンボル照度計算
    • 照明器具の照度計算ができるようになりました。
  • 電気シンボル一括配置
    • 線上、矩形エリア内に複数の電気シンボルを一括配置できるようになりました。
  • 渡り配線強化
    • 渡り配線の作図パターンにL字を追加しました。
  • 配線省略記号
    • 指示方法に矩形、円形、任意形状を指定できるようになりました。また、配線の省略された区間も材料集計で集計できるようになりました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。

FILDER Rise 電気 V1.411 新機能紹介(2012/06/20リリース)

1新機能、機能改善

  • 3D表示
    • 操作性、レスポンスを大幅に改善しました。また、メモリ使用量を削減し、大容量の図面にも対応できるよう改善しました。
  • 干渉チェック
    • 干渉箇所の一覧を表示、一覧をクリックすることで図面内、および3Dビューワで干渉箇所を確認できるようになりました。

2操作性向上

  • リボンメニュー操作性向上
    • アイコンを押すことなく、マウスカーソルをリボンメニュー上に合わせるとサブメニューを自動表示するようになりました。
  • マウス操作改善(確定操作)
    • マウスの右ボタンをクリックすることで確定操作ができるようになりました。
  • マウス操作改善(拡大、縮小)
    • マウスホイールを回転させるとカーソルの下のウィンドウが拡大/縮小されるようになり、複数ウィンドウ使用中の画面拡大/縮小時にウィンドウを切り替えるためのクリック操作が不要となりました。
  • 角度補正
    • プロパティに座標軸を傾けるためのボタンを追加し、図面内の図形の角度に合わせ簡単に作図ができるようになりました。
  • 平行線
    • 平行線コマンド専用のミニツールバーを追加し、手元で操作できるようになりました。
  • ファイラー
    • エクスプローラ同様、右側の欄にもフォルダを表示、選択できるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 電気シンボルユーザ登録
    • 電気シンボルを登録できるようになりました。
  • 電気シンボル照度計算
    • 照明器具の照度計算ができるようになりました。
  • 電気シンボル一括配置
    • 線上、矩形エリア内に複数の電気シンボルを一括配置できるようになりました。
  • 渡り配線強化
    • 渡り配線の作図パターンにL字を追加しました。
  • 配線省略記号
    • 指示方法に矩形、円形、任意形状を指定できるようになりました。また、配線の省略された区間も材料集計で集計できるようになりました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。

FILDER Rise 電気 V1.341 新機能紹介(2011/11/28リリース)

1新機能、機能改善

  • 角度丸め強化
    • 角度丸めにて、30度、45度の両方で補正される設定を追加しました。
  • レイヤ制御操作強化
    • レイヤの追加・削除した後でも、レイヤ編集操作をキャンセルできるようになりました。

2操作性向上

  • 表編集強化
    • 表の大きさをコントロールポイントで変更できるようになりました。また、表文字基点をプロパティにて変更できるようになりました。
  • 文字のコントロールポイント強化
    • 文字のコントロールポイントを9点に増やし、文字の位置あわせが簡単に出来るようになりました。
  • ラベル、バルーン作図編集強化
    • 矢印の「角度」「大きさ」をプロパティにて指定できるようになりました。

3電気設備機能拡張

  • 配線のコントロールポイント移動
    • 配線をコントロールポイントで、フレキシブルに移動・伸縮できるようになりました。
  • 電気シンボル編集操作性改善
    • プロパティーにて、電気シンボルの高さ変更、サイズ変更、角度変更、置換ができるようになりました。
  • 配線作図操作性改善
    • 曲がり半径、自動整列、隠線設定をプロパティから指定できるようになりました。
  • シンボル表、配線表編集強化
    • シンボル表、配線表の大きさをコントロールポイントで簡単に変更できるようになりました。
  • 詳細は、FILDER Rise 電気 リリースノートをご覧ください。

ダイキン設備CAD Facebook

  • Filder Rise

  • 関連サイト

    設備設計ひろば 新しいタブで開きます

    設備CADや見積り、技術計算等のソフトを手軽に時間レンタル!300円(税抜)/時間より

    • ソフトにより時間レンタル価格が異なります。

    最適化ライセンスサイト 新しいタブで開きます

    ライセンスシェアリング(最適化ソリューション)をご利用のお客様向けの専用サイト

ご購入前のお問合わせ

カタログのご請求、ご購入前のご相談は、こちらのフォームよりお問合せください。
お電話でのご相談はお近くの拠点へ、お気軽にご相談ください。

ご購入のご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 平日:月~金9:00-17:30(土・日・祝日休み)

ページの先頭へ