TOP > イベント・キャンペーン > 最新 海外CGコラボレーション事例セミナー

最新 海外CGコラボレーション事例セミナー

お申し込み受付は終了しました。

※ お一人様毎のお申し込みをお願い致します。
※ お申し込み後、確認のため自動的にメールが配信されます。
配信が確認できない場合は、迷惑メールフォルダをご確認の上、
ページ末尾の問い合わせ先までご連絡ください。

内容

■ 海外と共同で企画するIPブランド創出の取り組み

中国ドローンメーカーDJI社との共同製作オリジナルアニメーション「ROBOMASTERS:THE ANIMATED SERIES」、9月のCARTOON FORUMで発表予定の欧州共同製作オリジナルアニメーション企画「BALLOON MARCO」、中国の大手雨具メーカー天堂傘社との子供向けキャラクターブランディングなど、現在進行中のいくつかのプロジェクト実例を交えてダンデライオンがなぜ積極的に海外展開しているのか、今どのようにアニメ市場や企画、座組みの変化が起こっているのか、などをご紹介いたします。


RoboMasters

 
● ご講演者様
ダンデライオンアニメーションスタジオLLC 
代表 西川 和宏氏
ダンデライオンアニメーションスタジオLLC
代表 西川 和宏氏


1999年、CGアニメーターとしてキャリアをスタートし、日本で作る長編CGアニメの制作に特化する為に、東映アニメーション株式会社へ移籍。
2002年、映画『ワンピース デッドエンドの冒険』からCG監督として制作に参加。
その後も、劇場アニメーションやTVシリーズにおいて主にCGディレクターとして従事した後、新しい発想でファミリー向け「デジタルアニメ」作品の企画・制作を行うことを目的に2007年、ダンデライオンアニメーションスタジオLLCを設立。
設立10周年を迎え、アニメーションビジネスとしての発展を目指し、経営・企画を中心に活動中。

主な参加作品

  • CG監督:
  • 「ももへの手紙」「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」「ワンピース・オマツリ男爵と秘密の島」「ロボディーズ」
  • 監督:
  • 「47都道府犬R」「リトルワンダーズ」
  • CGプロデューサー:
  • 「ツキウタ。THE ANIMATION」「ハイキュー!!」「百日紅~Miss HOKUSAI~」等
 

■ ソーシャルメディア時代のアニメーションプロデュース

2005年、株式会社ファンワークス設立後、WEBアニメ「やわらか戦車」を皮切りに「がんばれ!ルルロロ」、「英国一家、日本を食べる」などNHKで放送されたTVアニメ、サンリオキャラをアニメ化した「アグレッシブ烈子」(TBS)、中国の最大手IT企業テンセントが配信する5億回の再生回数を誇る人気WEB漫画「兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-」(MX)など…。
多岐に渡るクリエイターとタッグを組んで、様々なアニメーション作品の制作&プロデュースをおこなってきた同社の作品の概要を解説しながら、プランニング、クリエイティブ、IP展開、PRなどのトータルプロデュース。
またメディアやコンテンツの状況が激変している中で、同社が考える「これからのアニメーション」の在り方。グローバル展開を見据えた同社のビジョンについて解説します。

ファンワークス様

 
● ご講演者様
株式会社ファンワークス
ファンワークス代表取締役社長 高山 晃氏


京都生まれ、同社大学卒業後、広告、TVドラマ、アニメなどの業界を経て、2005年、株式会社ファンワークス設立。数々のアニメプロデュースに関わる。また、日本地域の観光、ブランドの認知促進を目的としたクールジャパン系アニメ、国際共同制作など。新機軸のアニメ制作、キャラクター開発などを推進。

 

■ 地方のスタジオが如何にして海外へ出ていけるのか?

福岡を拠点に、オリジナル作品の企画/制作を指向し、活動するモンブラン・ピクチャーズのプロデューサーが自社オリジナル企画の国内及び海外展開での経験を基にした試行錯誤の過程を赤裸々にお話しします。

モンブランピクチャー様

 
● ご講演者様
モンブラン・ピクチャーズ株式会社
エグゼクティブ・プロデューサー
特定非営利活動法人 映像コンテンツ産業研究会 理事長
平田 武志氏


映像の企画・制作を手がけるスタジオ、モンブラン・ピクチャーズで主にビジネスサイドのプロデュースを担当。
2012年公開のオリジナル映画「放課後ミッドナイターズ」ではプロデューサーとして、制作だけでなく、資金調達から劇場配給/宣伝、2次利用展開等のビジネスサイドまで手がける。この経験を生かし、タイを始めとした、アジア地域のスタジオやディストリビュータとの連携構築や地元福岡のTV局と協業による、アニメ番組のプロデュースを行うほか、福岡で映像コンテンツのビジネスに取り組むメンバーとともに、映像コンテンツのビジネス化の支援、コンテンツの国内外への展開支援を目的とする「映像コンテンツ産業研究会」を設立し、活動中。

 

■ CGプロダクションの未来

ご講演者様全員によるパネルディスカッションです。

開催日

2017年8月3日(木)14:00-17:15(開場 13:30)ー 終了しました ー

※ 進行状況に応じて、終了時間は若干、前後することがございます。

会場

ダイキン工業株式会社 東京支社
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル10階
ダイキン工業株式会社 セミナールーム
アクセスはこちら

参加費

無料 (事前申し込み制)

協力

オートデスク株式会社

ご注意

※ 内容は変更になる場合がございますので予めご了承ください。
※ 撮影、録音はご遠慮下さい。
※ ハンズオンセミナーではございませんのでPCのご用意は不要です。

お問い合わせ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 MCグループ
電話: 03-6716-0477
E‐mail:info-dc.comtec@daikin.co.jp


お申し込み受付は終了しました。

※ お一人様毎のお申し込みをお願い致します。
※ お申し込み後、確認のため自動的にメールが配信されます。
配信が確認できない場合は、迷惑メールフォルダをご確認の上、
ページ末尾の問い合わせ先までご連絡ください。