TOP > イベント・キャンペーン > アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017

ダイキンは、今年も、アニメーション制作に係わる制作者が必要とするデジタル制作技術に関する情報獲得の機会を提供することを目的とした「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017」に出展します。

会場
■ 東京会場(本会場)
・光が丘区民ホール
東京都練馬区光が丘2丁目9番6号 光が丘区民センター内
光が丘区民ホール(東京都練馬区光が丘2丁目9番6号 光が丘区民センター内 )
アクセス
■ サテライト会場
・(北海道) 専門学校 札幌マンガ・アニメ学院
札幌市中央区大通西9丁目3-12
専門学校札幌デザイナー学院 1号館2F 視聴覚教室(201教室)
アクセス
・(福島) 国際アート&デザイン専門学校
福島県郡山市方八町2-4-1 4階
アクセス
・(新潟) 日本アニメ・マンガ専門学校
新潟県新潟市中央区古町通5番町602-1 7階 デジタルラボB・C
アクセス
・(京都) 京都精華大学
京都市左京区岩倉木野町137 マンガ学部 アニメーション学科
アクセス
・(福岡) 専門学校 九州ビジュアルアーツ
福岡市博多区博多駅前3-8-24 C館2階教室
アクセス
セッション内容
● メインセッション(多目的ホール)
・講演内容
事例紹介:株式会社 デイヴィッドプロダクション
「デジタルツールによるコンテ制作の効果と課題」
津田尚克(ディレクター)、笠間寿高(ラインプロデューサー)
※Storyboard Proの事例になります。
・セッション日時
2017年2月11日(土)13:10-14:10
● セミナー(集会室1)
既存のトラディショナルな手法から最新のテクノロジーまで幅広く対応し、全てのアニメーション制作工程をカバーするToonBoomの最新ワークフローを紹介します。海外の制作においてはスタンダードであるこのツールが、どのように日本の制作ワークフローにマッチするかご理解いただけます。また日本に向けた最新機能やツールを紹介し、日本市場に向けた取り組みを紹介します。
・セッション日時
2017年2月11日(土)14:30-15:20
展示内容

Harmony、Storyboard Proを液晶タブレットでお試しいただけます。
株式会社オー・エム・エム様作成のHarmonyの最新チュートリアルも展示しています。

Harmony
Storyboard Pro

開催日

2017年2月11日(土)12:00-19:30 (11:45 受付開始) ー 終了しました ー

※ 進行状況に応じて、終了時間は若干、前後することがございます。

参加費

入場無料

対象
● 東京会場(本会場):商業アニメーション制作の従事者、制作会社等
※JAniCA会員/非会員を問わずお申し込みいただけます。
※お申し込みは実制作に関わる方に限定させていただきます。
● サテライト会場:商業アニメーション制作の従事者、制作会社、教育機関関係者
※JAniCA会員/非会員を問わずお申し込みいただけます。
※学生の方は、各学校の担当教員へご連絡ください。
主催

文化庁
一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)
ACTF事務局

主催社サイト

http://www.janica.jp/course/digital/actf2017.html

定員

東京会場(本会場):約300名
サテライト会場:各会場の状況により異なります

お申込み

下記より事前申込が必要です。ー 終了しました ー
アニメーター等[鉛筆描き・デジタル作画・監督・演出・絵コンテ等](ACTFフォームへ)
業界関係者[上記以外、プロデューサー、制作、撮影等] (ACTFフォームへ)
サテライト会場での観覧:業界関係者、商業アニメーター、教育機関関係者(ACTFフォームへ)

お問い合わせ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 MCグループ
電話: 03-6716-0477
E‐mail:info-dc.comtec@daikin.co.jp