リソース稼働監視ソフトウェア PSManager FAQ

検索結果詳細

種別 QA
No 3128
タイトル・質問 Flexlmのデバッグファイルを用いた集計方法を教えてください(Windows版)

licpoll形式にて、ライセンス集計を行っていますが、
flexlmについては、デバッグログを元に集計したいです。設定および確認について
教えてください。
LicenseAnalyzerクライアントのOSは、Windowsです。
回答 PSManagerは、flexlmのデバッグログを用いたライセンス集計も可能です。
利用条件は、LicenseAnalyzerクライアントが、flexlmのデバッグログファイルを
読めることです。
また、licpollと併用することも可能です。
さらに、flexlmのデバッグログの補正として、licpollを使用することも可能です。
※flexlmのデバッグログの補正とは、ライセンス解放した時間の補正です。
 稀にライセンス解放した時間がデバッグログに記録されないことが生じます。
 その場合、長時間使用として集計されてしまいます。
 そこで、1時間に1回、licpollの結果を用いて、ライセンス解放時刻がデバッグログ内
 に記述されていないが、すでにライセンスは解放されているのであれば、
 終了と見なして処理します。
※最近のflexlmでは、抜けが生じることがあまりございません。補正(licpollの利用)
 がなくても問題なしと判断され、補正なしでご使用されるケースもございます。
 最終的にはお客様判断になります。

なお、以下のFAQサイトにて、Linux版LicenseAnalyzerクライアントでの設定を説明
しておりますので、必要な場合はご参照ください。

FAQ 3065 flexlmのデバッグファイルを用いた集計方法を教えてください。
http://www.comtec.daikin.co.jp/page.jsp?id=23886&PSManagerwikiid=1921


◆インストールフォルダについて
 ここでは、ご説明を簡素化するため、インストールフォルダを
 C:\Program Files (x86)\OpeniT としております。この部分は、お客様環境によって
 異なる場合がございますので、その場合は、読み直して進めてください。
 また、フォルダ名が長くなる場合は、C:\Program Files (x86)を記述せずに、
 OpeniTより下のフォルダ名を記述しています。

【ファイルの確認】
以下の実行コマンドが存在することをご確認ください。
 C:\Program Files (x86)\OpeniT\Client\bin\openit_flexlogcollector.exe
 C:\Program Files (x86)\OpeniT\Client\bin\openit_flexpoller.exe

【ジョブ設定の確認】
flexlogcollectorおよびflexpollerが動作するには、
OpeniT\Client\Configuration\Components\jobs.xml内のFlexLogCollectorと
FlexPollerの設定部の
 <Name>active</Name> のフラグが、true である必要があります。
もし、falseの場合は、true に修正ください。

【設定ファイルの修正】
OpeniT\Client\Configuration\Components\flexlogcollector2.xml
を修正します。
下記の"sources"タグの部分見つけ、****の部分に必要な設定を記述します。
※OpeniT\Client\Configuration\Components\flexpoller.xml の設定もほぼ同じです。
 <Name>status-command</Name> で、使用するlmutil.exeをフルパスで
 記載する部分が追加されるのみですので、省略します。

  <Name>sources</Name>
  <Description>Input data.</Description>
  <SubObjects>
    *****
  </SubObjects>

記述例.
  <Name>sources</Name>
  <Description>Input data.</Description>
  <SubObjects>
  </SubObjects>
        <Object>
            <Name>ToolA</Name>
            <Description>Name of this object 以下略</Description>
            <SubObjects>
                <Object>
                    <Name>active</Name>
                    <Description>Is this source active?</Description>
                    <Value type="Bool">true</Value>
                </Object>
                <Object>
                    <Name>product-name</Name>
                    <Description>Name of product 以下略</Description>
                    <Value type="String">ToolA</Value>
                </Object>
                <Object>
                    <Name>debug-file</Name>
                    <Description>Full path to the以下略</Description>
                    <Value type="FileName">C:\ToolA\license.log</Value>
                </Object>
                <Object>
                    <Name>timestamp-correction</Name>
                    <Description>FLEXlm 9.5 does not log 以下略</Description>
                    <Value type="Bool">false</Value>
                </Object>
                <Object>
                    <Name>skip-ignored</Name>
                    <Description>If true, then lines 以下略</Description>
                    <Value type="Bool">false</Value>
                </Object>
                <Object>
                    <Name>required-only</Name>
                    <Description>If true, then only the 以下略</Description>
                    <Value type="Bool">false</Value>
                </Object>
            </SubObjects>
        </Object>
  </SubObjects>

①ソース名:任意です。flexlogcollector2.xml内でユニークであれば結構です。

②activeフラグ:必ず、"true"にします。

③プロダクト名:レポート内でProduct Nameとして使用されます。ソース名と同じに
 することをお勧めします。

④デバッグログファイル:絶対パスにてflexlmのデバッグログを指定します。

もし、複数のプロダクトを処理したい場合は、ソース名の<Object>~</Object>
を以下のように繰り返すように設定します。
  <Object>
    <Name>ToolA</Name>
    <Description>Name of this object 以下略</Description>
    <SubObjects>
       中略
    </SubObjects>
  </Object>
  <Object>
    <Name>ToolB</Name>
    <Description>Name of this object 以下略</Description>
    <SubObjects>
       中略
    </SubObjects>
  </Object>
  <Object>
    <Name>ToolC</Name>
    <Description>Name of this object 以下略</Description>
    <SubObjects>
       中略
    </SubObjects>
  </Object>

その他の部分の特に変更頂く必要はございません。
Windows版においては、xmlファイルの設定を有効にするには、openit_clientサービスを
再起動する必要があります。
設定終了時に必ず実施ください。



キーワード:3128 denied ライセンス不足
トップに戻る