リソース稼働監視ソフトウェア PSManager FAQ

検索結果詳細

種別 QA
No 3136
タイトル・質問 LicenseAnalyzerのSimpleFlexNetとFlexNetの違いについて

licpollの設定ファイル(Linux:licpoll.conf、Windows:licpoll.xml)内に
サンプルとして、flex-sample、simple-flex-sampleの2つがありますが、
何が違うのでしょうか
回答 設定項目はどちらも同じです。しかし、以下の違いがあります。

1.ライセンスファイルの扱い
【SimpleFlexNet】
 ライセンスファイルの上部に記述されたライセンスサーバの
 "ホスト名"と"ポート番号"のみを参照します。
【FlexNet】
 ライセンスファイルを全て読み込み、lmstat コマンドの実行結果と
 ライセンスファイルの内容を照合してデータを作成します。

2.収集できる情報
【SimpleFlexNet】
 省略
【FlexNet】
 SimpleFlexNetの情報に加えて、PackageFeature version の情報を取得します。

3.注意点
【SimpleFlexNet】
 省略
【FlexNet】
 例えば、ライセンスの追加等で、ライセンスファイルが更新された場合、
 SimpleFlexNetは、ライセンスサーバのホスト名とポート番号のみ参照するので、
 これらに変更がなければ、そのまま使用できます。
 しかし、FlexNetは、ライセンスファイルの内容とlmstatの結果を比較するため、
 ライセンスファイルが更新された場合、
 licpollが参照しているファイルを同様に更新しなければなりません。
 もし、内容が異なると収集が正常にできなくなります。


上記の通り、ライセンスファイルのメンテナンスを忘れた場合でも、
SimpleFlexNetの方は、トラブルが発生しません。
その理由から、SimpleFlexNetのご利用をお勧めしております。
PackageとFeature version が情報として必要な場合は、FlexNetをご使用ください。
ただし、ライセンスファイルのメンテナンスを決して忘れないようにしてください。

最後に、SimpleFlexNet⇒FlexNetへの変更、または、FlexNet⇒SimpleFlexNetへの変更
においての注意事項を記述します。
設定内容はどちらも同じですが、ディレクトリ名(フォルダ名)からプロダクト名を
取得する設定の場合
default-product-namesの設定が、SimpleFlexNet、FlexNetで、それぞれ別です。
必ず、こちらの部分も設定をお願いします。
 SimpleFlex=%dir%(SimpleFlexNetの利用の場合)
 Flex=%dir%(FlexNet利用の場合)
また、SimpleFlexNet、FlexNetの両方を有効にすることはできますが、
同じプロダクト名にて、SimpleFlexNet、FlexNetの両方を有効にすることは
できません。必ず、何れかのActiveパラメータをtrueに、もう一方をflaseにするか
プロダクト名を異なるように設定ください。

以上


キーワード:3136 シンプル フレックス

トップに戻る