ページの本文へ

PBS Professional
  1. PBS Professional トップ
  2. 特長|PBS Professional
ワークロード管理ソフトウェア PBS Professional

ワークロード管理ソフトウェア PBS Professional

特長

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求

東京  03-6716-0462

大阪  06-6374-9348

名古屋 052-955-0752

9:00-17:30(土・日・祝除く)

特長

デスクトップ サイクルハーヴェスティング

利用可能なすべてのネットワークに接続されたアイドル状態のマシン(計算リソース)を有効活用します。たとえば、昼のランチタイムや外出、急なミーティング、休暇によって空いているマシンを計算処理に役立てる機能です。キーボードとマウスの使用状況をモニタリングし、マシンがアイドル状態かどうかを判断します。アイドル状態と判断されたマシンには自動的にジョブが投入されます。

アイドル状態のデスクトップマシンを解析シミュレーションに活用

ピアスケジューリング機能

複数の計算センターでそれぞれ別々の運用をされている場合、各計算センターで稼働率が異なることが予想されます。例えば、ある計算センターAでは常に負荷が大きく、別の計算センターBでは特定の時期以外は負荷が小さい場合、計算センターBの稼働率は低く、コンピュータリソースを無駄にしていることになります。したがって、計算センターAのジョブを計算センターBが引き受け、バランス良く負荷分散ができれば、稼働率が向上して、より多くの利益を得ることが可能となります。PBS Professionalは、ピアスケジューリング機能により、この様なワークロード管理ソリューションを提供します。

ピアスケジューリング機能

フェアシェアスケジューリング

全体のコンピュータリソースを各部門およびグループ、各ユーザーに対して配分することが可能です。例えば、流体解析グループは全体の35%、衝突解析グループは全体の25%、構造解析グループは全体の15%、振動解析グループは全体の25%のように設定できます。また、衝突解析グループ内の○○さんは重要な案件を抱えているので、そのグループ内の全体リソースの50%を使用させたい、といった場合にも対応できます。

フェアシェアスケジューリング

ルーティングキュー機能

ユーザーは通常ジョブを投入する際に、そのジョブの大きさ等にあわせて適切な投入先キューにジョブを投入しなくてはなりません。これは、ユーザーに対して適切なキューを常に認識するという負担を強いるとともに、投入先キューの間違いによるトラブルの原因ともなり、管理上更なる無駄なコストが発生します。PBS Professionalは、ルーティングキューという、全ての投入されたジョブをまとめて受け付けるキューを設定する機能を有します。ユーザーはこのルーティングキューにジョブを投入するだけで、PBS Professionalがそのジョブを適切なキューへと割り振ります。

ルーティングキュー機能



お問い合わせ・資料請求

PBS Professionalに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0468

大阪

06-6374-9313

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

PBS Professional ユーザー専用サイト

PBS Professionalユーザー専用サイトログイン 

 

PBS Professional テクニカルサポート

操作やトラブル等についてのTELにてお受けいたします。

東京

03-6716-0469

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ