PBS Professional
  1. PSManager トップ
  2. ユーザー事例 富士重工業株式会社様

ユーザー事例

富士重工業株式会社 様

衝突解析用クラスタシステムをPBS ProfessionalとWebLauncherで構築。選定理由は、価格、機能、そして、ダイキンの構築技術と運用サポートによる早期立上げと安心運用。

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら

衝突安全性をはじめとした品質向上や不具合の削減が大きなテーマとなっている自動車開発では、CAEの役割が益々大きくなっている。富士重工業も組織改変やCAE技術者の増強、ITインフラの整備などを進め、製品開発の効率化と品質向上に邁進している。この流れを加速すべく2006年7月、衝突解析用のクラスタシステムが稼働を開始した。

お客様のプロフィールはこちら

衝突解析用クラスタシステムを増強し、衝突安全性の追求を加速

迅速な障害対応やリソースの有効活用、的確な投資判断を行うためには、仮想環境の見える化と統合管理が必須

スバル技術本部 CAE部 主事 井上 秀彦 氏

スバル技術本部
CAE部 主事
井上 秀彦 氏

井上氏:車種開発におけるCAEの役割は益々重要になり、CAE無くして開発業務は回らなくなっています。特に、最近注目されている衝突安全性において、衝突解析が開発に寄与する部分は非常に大きいものがあります。解析精度を上げるとともに、様々な方向で衝突しても乗員の安全性を確保できるように検討内容を幅広くしたり、実験で見られなかった部分をCAEでチェックすることで万全を期するといった品質向上への取り組みが、費用削減や開発期間短縮とともに重要になっているのです。このような解析処理量の大幅な増大に対応するために、解析技術者の増強やITインフラの整備を進めてきました。その一環として、この度、衝突解析用の新クラスタシステムを増強することになりました。

2006年7月、衝突解析用として、従来システムに加えて、新たにLinuxクラスタシステムを構築。そのジョブ管理ソフトにPBS Professional(以下、PBS)、ジョブ投入・監視ソフトにWebLauncherが採用された。

井上氏:新システムの構築にあたり、ジョブ運用・管理ソフト費用の低減が課題となりました。ハードウェア価格が年々低下するのに対し、ジョブ運用・管理ソフト費用が据え置きでは、今後のCPU増加の際に費用負担が重荷になります。衝突解析はもちろん振動解析や流体解析の強化も図っていく予定ですので、今回のシステム構築を機に、従来システムでの使用機能を確保し、より安価なジョブ運用・管理ソフトで構築できないか、検討を行いました。そこで、以前からシステム構築と運用サポートで実績のあったダイキン工業に新システムの構築を相談したところ、ジョブ管理ソフトとして提案されたのがPBSだったのです。

PBSは並列ツールとの親和性が高く、CAEに適している

富士重工業から示された条件は、費用を大幅に抑えつつ、従来システムのジョブ運用・管理環境を実現できること。PBSはこれらの条件を満たす上、各種並列ツールとの親和性が高く、よりCAE環境に適したソフトである。

井上氏:「PBSは当社で使用している衝突解析ソフトの並列ツールとの親和性も高く、特別な設定をしなくても並列ジョブ実行ができます。また、並列ツール側にPBS用オプションを設定しておくことで、ジョブ情報としてCPU時間も正確に取得できます。 今後、衝突解析以外でも、並列処理は増えていくと想定されますが、その意味で並列処理と相性が良いという点は魅力です。」

PBSは、ジョブ情報等をパラメータ=バリューという、扱いやすい形式で提供。表示画面のデザイン変更など、ユーザーにてカスタマイズが可能だ。

つづきはこちらよりご請求ください

詳細な運用イメージを掲載したユーザー事例パンフレットをご用意しています。

ユーザー事例パンフレットのご請求はこちら

富士重工業株式会社

設立
1953年
資本金
153,795百万円(2006年6月末日現在)
売上高
976,143百万円(2006年3月期)
従業員
14,189人(2006年6月末日現在)
事業内容
富士重工業株式会社は、ワールドワイドに認められたスバル4WD技術に代表される自動車部門をはじめ、航空宇宙カンパニー、産業機器カンパニー、エコテクノロジーカンパニーなど、総合輸送機器メーカーとして幅広いフィールドで活躍している。

取材日:2008年5月21日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。



お問い合わせ・資料請求

PBS Professionalに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0468

大阪

06-6374-9313

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ご購入後のお問い合わせ先

PBS Professional ユーザー専用サイト

PBS Professionalユーザー専用サイトログイン 

 

PBS Professional テクニカルサポート

操作やトラブル等についてのTELにてお受けいたします。

東京

03-6716-0469

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ