PSManager
  1. PSManager トップ
  2. 導入効果
リソース稼働監視ソフトウェア PSManager

リソース稼働監視ソフトウェア PSManager

導入効果

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求

東京  03-6716-0464

大阪  06-6374-9348

名古屋 052-955-0752

9:00-17:30(土・日・祝除く)

PSManagerの導入効果

導入効果1 ソフトウェアコスト削減

あるアプリケーションの最大同時使用本数の日別推移をグラフ表示した例

CAD、CAE、生産シミュレーション、CGなど、アプリケーション毎に最大同時使用本数を集計できます。年間/月間/日毎など集計期間を自在に切り替えて分析。年間や開発プロジェクトを通してライセンス同時使用本数が保有本数に達していない場合はライセンスが余っている可能性があります。

あるアプリケーションの最大同時使用本数の日別推移をグラフ表示した例

同時使用時間を分析し、さらなるコスト削減が可能に

ライセンスの最大同時使用が僅かな時間に限られている場合は、開発効率に影響を与えずにライセンスの削減が可能です。次の画面は横軸が同時使用本数、縦軸が使用時間です。保有本数すべてを同時に使用している時間は全体の5%以下に過ぎません。

あるアプリケーションの同時使用本数と使用時間

ライセンスサーバを統合し、使用ピークを平準化。トータル本数の削減が可能

分散配置されているライセンスサーバを統合することで、サーバ間でのライセンス使用のピークを平準化し、トータルライセンス数を削減することが可能です。PSManagerはアプリケーション毎の最大同時使用本数の推移を、同一時刻で集計しサーバ毎やその合計値でグラフ表示。この値を保有ライセンス数と突き合わせることで、削減コスト効果をシミュレーションすることが可能です。

ソフトウェア毎の最大同時ライセンス使用数の日推移
複数のライセンスサーバで稼働しているソフトウェアの合計利用本数がソフトウェア毎に色分けされた折れ線グラフで表示されています。ライセンスサーバ毎の表示も可能

CADライセンスコスト抑制事例 機械製造業 A 社様

シミュレーションライセンスコスト削減事例 自動車部品 B 社様

導入効果2 稼働中のユーザーの使用実態を把握。不適切利用を検出し、警告表示やライセンス開放も可能

放置したままのライセンスを開放し、ライセンス不足(使いたい時に使えない)の問題を軽減します。

実質的なライセンス稼働率を向上し、業務ロスタイムの削減、IT投資の適正化が図れます。

キーボード/マウスが操作されていない「操作休止時間」やCPU負荷、I/O負荷、ライセンス使用率等に閾値を設定することができます。閾値を超えた場合にはユーザーのコンピュータ画面に警告を表示し、さらに放置が続く場合は強制的にアプリケーションを中断し開放させることができます。これにより、ソフトウェアライセンスの実質的な稼働率の向上が図れ、業務におけるロスタイムの削減とIT投資の適正化を実現することができます。

  • ライセンス運用を柔軟にコントロール

    アプリケーションプロセスに対し、操作休止時間(キーボード/マウス操作が無い時間)、CPU負荷、データ入出力負荷、ライセンス利用率、優先度等を組み合わせた閾値を設定できます。これより、ライセンスの空き本数が少ない時だけ放置ライセンスを開放させる、優先順位の高いプロジェクトはより長い放置時間を許す、業務が込み合う時間帯だけ放置時間を短く設定する、といった柔軟なライセンス運用が可能になります。

  • 3通りのアクションを選択可能

    放置されているアプリケーションに対し、(1)アプリケーションプロセスを中断しライセンスを開放、(2)アプリケーションプロセスを強制終了、(3)記録、といった3通りのアクションを設定できます。
    ※アプリケーションの中断・ライセンス開放は flexlm(flexnet)、を使用している場合に限ります。

ソフトウェアの端末別の利用時間(左)と操作時間および有効利用率(右)

導入効果3 データにもとづいた投資判断とアカウンタビリティの確保

ITリソースの投資計画を過去から蓄積した稼働実績データにもとづいて作成できます。判断根拠を実データをもとに提示できますので、経営者やユーザー部門へのアカウンタビリティを確保することができます。保有しているITリソースを有効利用した上で、本当に不足しているリソースに必要なタイミングで必要な分だけ投資。ムダの無い引き締まったIT環境を構築できます。

導入効果4 開発者の業務分析

マウス、キーボードの操作ログをもとに、ユーザー毎のソフトウェア別の操作時間を集計できます。この情報をもとに、どのような業務にユーザーの工数がかかっているかを分析し、業務改善に活用することができます。

導入効果5 ITリソースの有効利用に向けた意識改革

PSManagerが生成したITリソースの稼働レポートを容易に社内でWeb公開が可能。管理者のみならずユーザー間でもタイムリーに情報を共有することで、ITリソースの有効活用に向けたユーザーによる自発的な運用改善が図れます。

導入効果6 非効率なストレージ利用の是正

お問い合わせ・資料請求

PSManagerに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0464

大阪

06-6374-9313

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ