ページの本文へ

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部

NCMが4年連続で「the Best Policy/Risk Management Solution」賞を受賞

米国のITセキュリティ専門誌「SC Magazine」の「SC Award 2016」にて、SolarWinds NCMが4年連続で「the Best Policy/Risk Management Solution」賞を受賞しました。


SC Magazineでは、下記の様にNCMを評価しています。 “Managing, monitoring, and auditing configuration policies on network devices are the top three reasons why IT pros select and use SolarWinds Network Configuration Manager.”


NCMの受賞理由トップ3の詳細についてご紹介します。

Managing(管理)

■デバイスアクセス:今までは、各ネットワーク機器にリモートアクセスしコンフィグの管理を実施しており管理・作業工数がかかっていました。NCMでは、デバイスのパスワード等のデバイス情報も一元管理でき、コンフィグのダウンロード、アップロード、変更全てが実行可能なため、管理・作業工数の削減が可能です。スケジュールによる実行、手動での即時実行が可能です。

■ハードウェアトラブルやヒューマンエラーによりネットワーク障害が引き起こされますが、このような場合でも、稼動していたコンフィグへのリストアが瞬時に実行でき、復旧のスピードを上げることが可能です。

■ユーザーロール/アクセス権の設定機能により、権限のある方のみコンフィグ変更が可能なようにし、実施したコンフィグ操作アクションの履歴の追跡が可能です。

■コンフィグテンプレート/スクリプト機能により、多くのネットワーク機器に対してのコンフィグ変更を一括で実行することが可能です。

■ワークフロー機能により、適用前に、管理者が実施されるコンフィグ変更の内容をレビューすることが可能です。

Monitoring(監視)

■リアルタイムに近いタイミングでコンフィグ変更の検知が可能です。

■変更前と変更後のコンフィグを比較をすることにより、変更内容が適切かの判断が可能です。

Auditing(監査)

■ポリシー監査機能により、ポリシーに違反しているコンフィグの特定が可能です。

■ポリシーに違反しているコンフィグを適切な内容に変更することが可能です。


詳細は下記をご参照ください。

https://thwack.solarwinds.com/community/solarwinds-community/product-blog

「SC Award 2016」の詳細はこちらをご覧ください。

http://www.scmagazine.com/sc-awards-2016/section/5433/?publishDate=False×tamp=635852806671307920

お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ