ページの本文へ

SolarWinds
  1. SolarWindsトップ
  2. Webレスポンス時間監視 SolarWinds WPM
IT運用管理 SolarWinds

IT運用管理ソフトウェア SolarWinds

Webレスポンス時間監視ソフトウェア
Web Performance
Monitor

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求

東京  03-6716-0462

大阪  06-6374-9348

名古屋 052-955-0752

9:00-17:30(土・日・祝除く)

  • 記録したWeb操作(トランザクション)を設定した監視ポイントで定期的に実行。
  • 端末に近い監視ポイントからのWebトランザクション時間を計測、しきい値を超えた場合にアラート。
  • 監視ポイントを拠点ごとに設けることで、複数拠点の監視結果をまとめて表示。状況を比較して切りわけに活用できます。
  • 障害発生の把握と原因切り分け両方に活用可能。

Performance Analysis (PerfStackTM)

「ネットワークが遅い」と問合せが入ると。。。

「ネットワークが遅い」と問合せが入ると

機能一覧に戻る

Performance Analysis (PerfStackTM)

  • SolarWindsの複数モジュールから必要な情報/異なる単位のデータを1つのグラフに多重表示。
  • ネットワークやアプリ等のレスポンス問題が起こると様々なデータを確認する必要が出てきます。
    回線使用率、アプリケーションレスポンス時間、サーバのCPU負荷・メモリ使用量、ディスクIOPSなど。
  • PerfStackダッシュボードにより簡単に異なるデータ間の関係を比較・分析することができます。

Performance Analysis

機能一覧に戻る

PerfStackTM ダッシュボード作成画面

ダッシュボード作成画面

機能一覧に戻る

Office365のWeb画面の体感速度・ログイン正常性確認

  • Web操作毎の画面ロード時間を表示
  • PCに表示されているWeb画面をスクリーンショットで確認
  • 画面遷移毎のロード時間詳細を確認

ログイン正常性確認

機能一覧に戻る

Office365画面遷移毎のロード時間詳細を確認

ロード時間詳細確認

機能一覧に戻る

Webアプリケーション監視の課題

  • 「遅い」とか「おかしい」とかを管理者が気づく前にユーザから指摘されてしまう。
  • 離れた拠点のユーザからWebアプリケーションのレスポンスが遅くなったと報告されても、情報システム部門側での確認時点ではレスポンス低下は見られないので原因究明に時間を要する。
  • Webアプリケーションをリリースして他拠点ユーザに使ってもらうまで実際のレスポンスが分からず、リリース後にレスポンスが問題になる。
  • Webアプリケーションサーバ側の監視項目(応答時間やメモリ使用量、CPU負荷、アプリケーション固有項目など)では、ユーザ目線でのレスポンス障害が分からない。

機能一覧に戻る

システム概念図

システム概念図

機能一覧に戻る

設定

監視するWeb操作を記録

監視するWeb操作を記録

機能一覧に戻る

監視ポイントの指定

監視ポイントの指定

機能一覧に戻る

Playerのリモートインストール

監視ポイントの指定

機能一覧に戻る

監視画面

監視画面①

監視画面②

監視画面③

監視画面④

監視画面⑤

機能一覧に戻る

変化するIT部門 - 縦割り分散から協業集中へ

縦割り分散から協業集中へ

機能一覧に戻る

アプリケーション環境集約分析ツール「AppStack」

概要

AppStack①

機能一覧に戻る

AppStackダッシュボード:アプリの階層構造を可視化、統合的に管理

  • Web Performance Monitor:イントラやWebアプリケーションのユーザーエクスペリエンス(体感速度)を測定
  • Server & Application Monitor:アプリケーション、サーバー、ホスト、仮想化クラスタ、仮想データセンター、ボリューム(直接接続)を監視
  • Virtualization Manager:データストア、仮想サーバーの詳細なパフォーマンス値、スプロール、バルーンニング、スナップショット、構成などを監視、ロールバック分析
  • Storage Resource Monitor:LUN、NASボリューム、プール、vServer(NetAppの場合)、ストレージアレイ

AppStackダッシュボード

機能一覧に戻る

サーバをクリック、障害原因箇所を表示。障害原因箇所をクリック、影響を与えているサーバ等を表示

AppStack③

機能一覧に戻る

AppStack画面から問題のある仮想マシンを特定

  • 別プロダクトとの連携画面からの仮想マシンの特定が可能

問題のある仮想マシンを特定

機能一覧に戻る

単一の管理画面を提供するOrionプラットフォーム

  • 共通サービスを提供するコアセット
  • 全ての製品に対し、同一の利用感を提供
  • 可視性と関連性マッピングを提供する各製品の収集・管理データを相互に関連付け

Orionプラットフォーム

機能一覧に戻る

カバレッジ

カバレッジ

機能一覧に戻る

お問い合わせ・資料請求

SolarWindsに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0462

大阪

06-6374-9348

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ