SteelHead
WAN高速化システム SteelHead

WAN高速化システム SteelHead

機能

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・
資料請求

東京  03-6716-0468

大阪  06-6374-9313

名古屋 052-955-0752

9:00-17:30(土・日・祝除く)

SteelHead 機能

高度なキャッシュ機能により重複データの送信を削除。WAN通信量を劇的に削減

データセンタ側とブランチオフィス側のSteelHeadでデータをキャッシュし、差分データのみを送信するため、実際にWANを経由するデータ量が減り短時間で転送することが可能になります。
SteelHeadは、一般的な「ファイル/プロトコル毎でのキャッシュ」とは異なり、バイト単位でキャッシュを行うことで、集約率と重複データのヒット率が格段に向上。すべてのアプリケーション・拠点でキャッシュを共有するため、高速化の効果が得られやすく、キャッシュ領域を有効に利用できます。また、ファイルの一部が修正された場合、変更部分のみキャッシュし直すので、ドキュメントの更新頻度が多い場合でも高速化効果が得られます。

  • データはすべて送信側アプリケーションとは独立してキャッシュされるので、他のアプリケーションからでも利用可能です。
    たとえば、PowerPointファイルからなるデータをメールで送信する場合、データは Steelheadに保存されます。
    その後ファイルサーバから類似のファイルが要求された場合には、このデータが利用されます。
  • データストリームライニングにはリバーベッド独自の QoS(Quality of Service)技術も含まれており、帯域幅と遅延に優先順位を付けることでリアルタイムなトラフィックを最適化します。
  • あらゆる TCPトラフィックについて WANトラフィック量を最小化し、消費される帯域幅を 60% ~ 95%も大幅に低減します。

SteelHeadを通過することで、以前送信したことのないデータだけが WANに流れます。
この例では、CIFSデータ7454.4MBのうち1344.1MBだけが WANに流れ、約81%が削減されています。

TCPウィンドウサイズを仮想的に拡張し、スループットを向上

Windowサイズを拡大し、1つのパケットで転送できるデータ量を増加。遅延の大きい地域でもスループットを上げることができます。

代理応答でアプリケーションのレスポンスタイムを短縮

例えば、CIFSによるファイル共有で、10MB程のファイルをNW経由でドラッグアンドドロップすると約150~180回程度のやり取りを行います。やり取りの多いプロトコルで、回線遅延が大きい環境では、アプリケーションレスポンスが大幅に悪化してしまう要因になってしまいます。SteelHeadは、応答時間の65-98%を代理応答にて省略。レスポンス時間を短縮します。

お問い合わせ・資料請求

SteelHeadに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0468

大阪

06-6374-9313

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ