SteelHead
  1. SteelHead トップ
  2. ユーザー事例
  3. ユーザー事例 株式会社ティラド様

株式会社ティラド

3D CADやPDMが遅くて仕事にならない! 開発効率の阻害要因となっていたWAN経由でのCADデータ呼び出し/登録時間が劇的に改善。

ユーザー事例パンフレット

ご請求はこちら

株式会社ティラドは、開発スピードアップと提案型案件の強化を目指し、3D CADの全面展開やPDM導入を実施した。その結果、データが大容量化し、WANレスポンスが著しく低下。設計現場の不満が蓄積し、開発部門の重要課題となっていた。その解決にSteelheadが導入され、目覚しい効果を発揮。さらに、開発環境のグローバル化を進める切り札として、一層の導入拡大が検討されている。

お客様のプロフィールはこちら

導入前の課題

3D CADやPDM導入で、WANレスポンスが著しく低下。『とても仕事にならない』と現場が悲鳴

業務開発部 生産管理システムG 主任 橋本 則之 氏

業務開発部
生産管理システムG
主任 橋本 則之 氏

橋本氏:当社の国内開発拠点は、笠寺(名古屋市)・秦野(神奈川県)・滋賀の3箇所です。3D CADはCATIAを全面展開しており、PDMはENOVIAを導入。それらのサーバを笠寺に配置しています。CADの3D化とPDMの導入でデータ量が増え、ファイル出し入れの頻度も増加。秦野からPDMのファイルを開くのに3~7分かかり、『とても仕事にならない』と、改善要望が出ていました。

3D CADのデータサイズは数十MBが普通。拠点間のWAN回線が10Mbpsのままでは『とても足りない』と、橋本氏は以前から危惧していた。

橋本氏:開発部門は文句を言いながら使っていましたが、かなり不満はあったはず。なにか工夫できないかと思案していました。しかし、回線増強は月々の費用が跳ね上がってしまいますし、投資を行うには効果を数値で示す必要があります。回線増強でどれだけ速くなるかは実施してみなければわからないため、躊躇せざるを得ませんでした。そんな時に、ちょうどダイキン工業からSteelheadを提案されたのです。

笠寺を軸とした技術系システムを、秦野地区からでもストレス無く業務遂行できるようにする。その解決策が、ついに具体化することになった。

選定理由

導入実績を重視して、候補をSteelheadに絞り込む。評価テストで目覚しい効果

橋本氏:ツール選定で失敗はできませんので、実績を最も重視して選考しました。SteelheadはWAN高速化ツールの国内シェアNo.1ということで、自分でも調べたところ、主要自動車メーカーをはじめ、当社の取引先でもかなり使われていることがわかりました。そこで、候補をSteelheadに絞り、評価テストを行いました。

Steelheadの評価テストは、2013年2月21日から1ヶ月間、笠寺~秦野間で行われた。

橋本氏:Steelheadの重複排除機能により、笠寺~秦野間でWANに流れるはずだったデータの75%が削減されました。その結果、ピーク時で最大WAN回線能力の13~18倍ものスループットを実現。CADデータのようにデータサイズが大きく、保存と呼び出しを繰り返しながら作成していくようなデータに対しては特に有効であることが確認できました。

テストの結果、『これならいける、とすぐにわかりました』と語る橋本氏。『この値段で解決できるなら』と、導入に向けた準備を進める間に、開発部門の不満が爆発。2013年5月に、緊急対策が経営層から指示されるに至った。橋本氏は、Steelheadを提案。急遽、6月に導入された。

運用状況・導入効果

秦野からの図面呼び出し時間が1/5に激減。技術情報共有やWebアプリ、データバックアップ等にも効果

現在、ティラドでは、笠寺・秦野・滋賀の3拠点でSteelheadが稼動。Steelheadは各拠点の入り口直下に接続され、拠点全体でWAN高速化が利く設定になっている。

橋本氏:Steelheadは、本体をネットワークに接続し、疎通やデータ圧縮を確認するだけで、すばやく運用を開始できました。設置してしまえば手間いらず。稼動状況のログをビジュアルに確認できるのもありがたいですね。

秦野からの図面呼び出し時間が1/5に激減

では、Steelhead導入で、どれくらいWAN高速化できたのだろうか?既に運用が始まっているので、Steelheadが無い場合との比較はできない。そこで、Steelheadのキャッシュを使った重複排除機能の効果に絞ってお聞きした。

つづきはこちらよりご請求ください

詳細な運用イメージを掲載したユーザー事例パンフレットをご用意しています。

ユーザー事例パンフレットのご請求はこちら

株式会社ティラド

所在地
東京都渋谷区代々木3丁目25番3号
資本金
85億4,564万円
従業員
1,516名(単体、2013年3月31日現在)
事業内容
地球環境を配慮した「世界No.1熱交換システムメーカー」を目指して1936年創業の熱交換器専門メーカー。長年にわたって培った専門技術をいかし、自動車・建設機械・空調機器関連を3本柱に事業を展開するとともに、環境・エネルギー・電子関連分野に事業を拡大。近年、地球環境に貢献する商品づくりを加速し、EGR(排気ガス再循環)クーラーや燃料電池用熱交換器、ハイブリッド車用冷却器などの量産化も行っている。

取材日:2014年01月22日

※ 記載されている製品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

SteelHeadに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

お電話またはフォームからお気軽にお問い合わせください。

東京

03-6716-0468

大阪

06-6374-9313

名古屋

052-955-0752

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

ページの先頭へ